白髪用カラートリートメントとは しっかり染める使い方や特徴

髪の毛が明るい女性の写真

「最近顔回りに白髪が…」
「人に言われてから意識するようになってきた…」

などなど白髪を気にし始めた時、気軽に自分でも染めることが出来て髪も傷まない。そんなヘアカラーがあるなら便利ですよね。

そんな希望に応えるべく作られたのがカラートリートメント

カラートリートメントには白髪をカバーするための白髪用と、カラフルな色を楽しむことができるオシャレ用がありますが、
今回はその中でも白髪用のカラートリートメントについて紹介させていただきます。

 

白髪用ヘアカラートリートメントはデメリットが少ないが特徴。

・傷まない
・トリートメントとして使える
・白髪に色が付く

などなど良いことずくしです。

しかしあくまでトリートメント。カラートリートメントは一般的なヘアカラー剤とは違い、白髪に使ってもなかなか色が入りにくい。という特徴もあります。

そこで今回は白髪用カラートリートメントをできるだけ”しっかりと染める方法も特徴と合わせて紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

カラートリートメントを使う

草木の写真

カラートリートメントとは

カラートリートメントというのは、化粧品登録された染毛料のこと。

泡カラーを初めとするアルカリカラーとも、ヘアマニキュアとも違う方法で髪を染めることができる
染料の入ったトリートメント剤のことです。

 

カラートリートメントは化粧品登録された『染毛料』であって『染毛剤』ではありません。

 

いわゆる”カラー剤”と呼ばれるのは「アルカリカラー」と言います。

アルカリカラーは髪の毛のキューティクルを薬の力で開いて色素を入れるもの。そのため髪の毛を傷めたり負担を与えたりするというデメリットがあります。
人によっては刺激になってしまう方もいます。

もう一つ有名なものでは「ヘアマニキュア」というカラー剤。

ヘアマニキュアは髪の毛が傷むことはありませんが、頭皮が染まってしまうので使うのが難しい…

 

カラートリートメントはそれらのデメリットである、「傷む」「地肌に色が付く」というのをなくしたものなのです。

とてもメリットの多いカラートリートメント。しかし一方で、色が薄く染まりにくい。そして色が落ちるのが早い。という欠点があります。

 

なぜ白髪用カラートリートメントは色が入りにくいのか

アルカリカラーはキューティクルを開いて髪の毛を傷めて発色成分を髪の毛に入れます。

マニキュアは濃い色素成分をしっかりと髪の毛に吸着させることで髪の毛にしっかりと色が付きます。

 

しかしカラートリートメントはあくまでトリートメント。

ヘアカラーのしっかりとした発色のために使われる成分が入っていないので、髪の毛を傷めたりすることがない代わりに、
発色も弱いのです。

イメージとしては、髪の毛の表面に色素が少し付く程度。だと考えてください。

 

そしてもう一つ。

白髪が目立つ部分というのは白髪染めカラーされる前。つまり傷んでいません。

ブリーチなどがされていて極端に傷んでいる髪の毛ならキューティクルが開いています。

キューティクルが開いていればカラートリートメントでも色が入ることがありますが、傷んでいない髪の毛なら色素をはじいてしまうのです。

 

カラートリートメントの使い方

薬草の写真

一般的なヘアカラーは染めれば染めるほど髪や頭皮が傷んでしまうので、使う頻度に気を付けなければいけません。

しかしカラートリートメントは何回使っても髪の毛が傷むことはないので、使用回数に制限は特にありません。
毎日でも使えます。

 

カラートリートメントはほとんどがトリートメントでできているので髪の毛の補修力がとても高いです。
使い終わった後にコンデショナーやトリートメントを付ける必要もないので、シャンプーの後にカラートリートメントを使って終わり。なので手間が少ないのです。

 

カラートリートメントメーカーの説明では、
使い始めのうちは頻度を多めに使い、目的の色に近くなってきたら1週間、2週間と使用頻度を少なくする方法が推奨されています。

色が薄いので、髪の毛に色が付き始めるまでは繰り返し使った方が良いようですね。

 

カラートリートメントは一回では染まらない

アルカリカラー(ファッションカラーや白髪染め)やマニキュアは一回のカラーで髪の毛がしっかりと染まります。
「染まった」という感覚が一回で十分分かるぐらい。

しかしカラートリートメントは一回使っただけでは「染まった」という感覚を味わうことができません。

髪の毛の表面に色素を付けるだけ。というのはマニキュアと変わりませんが、色が染料が薄いので1回使っただけではなかなか実感できません。

色を定着させるために継続して使います。

1日目、2日目…と続けていくことで髪表面に付着する色素の量が多くなり、髪に色がついていくのです。

 

カラートリートメントのメリットとデメリット

カラートリートメントのメリット

エッセンシャルオイルの写真

カラートリートメントの代表的なメリットを紹介させていただきますね。

髪の毛が傷まない

髪の毛がダメージをしない。これがカラートリートメント最大のメリットではないでしょうか。

アレルギーを除けば毛髪のダメージや刺激になる成分は入っていないので、何度使っても髪の毛の状態が悪くなるということはありません。

トリートメントなので使えば使うほど髪の毛の状態が良くなっていきます。

 

マニキュアカラーも同じように髪の毛を傷める成分入っていませんが、使い方が難しいので毎日使うのには向いていませんね。

 

トリートメントであること

カラートリートメントはほとんどがトリートメントでできています。

コンデショナーやリンスは表面のコーティングだけですが、トリートメントはコンディショナーよりダメージ補修力が高いです。

それにカラーやパーマで傷んでしまった髪の毛というのはPhがアルカリ性に傾きます。

アルカリ性のまま放って置いてしまうととてもダメージを受けやすい状態に…
パーマも持ちも悪く色落も早くなるので良いことはありません。

しかしトリートメントを付けてあげることで髪の毛を弱酸性に傾け、傷みにくい髪の毛を作ることが出来るのです。

 

そしてトリートメントには静電気防止効果もあります。

冬場の乾燥して広がる髪の毛を抑えたり、
ギシギシになってしまったて手触りが悪くなってしまった髪の毛の手触りを良くすることができるのです。

 

ジアミンアレルギー アルカリアレルギーの人でも使える

カラー剤のアレルギーには大きく分けて2種類あります。

・ジアミンアレルギー
染毛剤中のジアミンに対して反応するアレルギー。頭皮が赤くなったり皮膚が腫れたりする。呼吸器系に異常を起こし重症化しやすい。

・アルカリアレルギー
染毛剤のアルカリ剤に対するアレルギー。皮膚にピリピリした反応が起きる。
ジアミンアレルギーよりは重症化しにくいが注意が必要。

 

これら二つがカラー剤の代表的なアレルギーなのですが、
普通カラートリートメントはこの『ジアミン』『アルカリ剤』両方とも使いません。
※ジアミンは使われている製品もあるので確認しましょう

ファッションカラーや白髪染めを始めとするアルカリカラーでアレルギーを起こしてしまう人も使うことができます。

スポンサーリンク

カラートリートメントのデメリット

簡単には白髪が染まらない

白髪の女性の写真

カラートリートメントは傷まない、毎日使えるなどのメリットの多いものですが、
白髪染めヘアカラーの代用品として考えるのであれば物足りなさを感じます。

色素が入っているとはいえ、髪の毛に入り込まず表面に付く程度なので染まりが薄いのです。

 

白髪の毛は「白」ですが、カラートリートメントでその毛が茶色になったり黒になったりすることはありません。

何度繰り返しても「周りの毛と同じ程度まで染まる」ということはありません。

うっすら白髪がぼやける程度。黒地に真っ白よりは目立たなくなる…このようなイメージで使いましょう。

やや灰色がかった様な色になるものが多いです。

 

髪の毛を明るくすることはできない

黒髪の女性の写真

髪の毛を明るくするには、毛の中にあるメラニン色素を壊す必要があります。

しかしカラートリートメントは髪の毛の色素を壊す力はありません。

たとえライトブラウンやブラウンなどの明るめのカラートリートメントを使っても、使う前の髪の毛より明るく染まるということがないのです。

 

もしも今の髪色よりも明るくしたい、という希望があるのであれば、色素を壊す必要があるのでアルカリのヘアカラーを使いましょう。

 

後々のカラーの発色が緑色になることも

緑色のボウルの写真

あまり知られていないのですが、
「カラートリートメントをしたあとに後にアルカリカラーをしたら緑色になった。」
ということが実際に何度も起きています。

オレンジ色やピンク、ブラウンなど暖色を使ったとしても濁った緑のような色に発色するのです。

 

実はこの緑色に発色する問題は美容師の中でも少し話題になりました。
「いつも通り同じヘアカラー剤で染めたはずなのに違う色になる」と。

ちょうどそのころ利尻昆布というカラートリートメントが流行してた時。

「昆布や海藻の力で緑になるのではないか」などの噂が出ましたが、利尻昆布を初めとするカラートリートメントに髪の毛を緑にする力があるほど海藻の成分は入っていません。

 

その後の研究でカラートリートメント後のカラーで髪色が緑色になってしまう原因は、
カラートリートメント中に配合されている、『硝酸銀』もしくは『硫酸銀』が原因だということが判明。

硝酸銀や硫酸銀がアルカリ性のヘアカラーの中の酸化剤と反応して緑色の発色をするのです。

 

「それならそんなもの入れなければいい!」という訳には行きません。

カラートリートメントは感光性タイプのヘアカラーと言われ、光を当てることで黒く見せたり色が出ているようにみせる染料。

感光性タイプを作るためには硝酸銀か硫酸銀が必要なのです。

今後開発が進み入っていないものも出来るかもしれませんが現時点で販売されているもののほとんどに入っています。

 

美容室もそうですが、市販品のファッションカラーや白髪染めも同様に酸化剤は配合されているので注意が必要です。

一度緑になってしまうと、シャンプーを繰り返して徐々に落ちるのを待つか、脱染や補色である赤色で目立たなくするなどの専門知識が必要になるので美容師に相談しましょう。

 

市販や美容室で白髪染め等を定期的に利用するのであれば、カラートリートメントは正直おススメできません。

人間の頭に緑色は皮膚の色とのバランスが悪いので不自然で違和感のあるものになります。

 

パーマがかかりにくい

ヘナやマニキュアカラーも同じなのですが、カラートリートメントは髪の毛をコーティングする力が強いです。

そのためパーマの薬が髪の毛の中に入るのを邪魔してしまいパーマがかかりにくくなります。

 

もし美容室でパーマをかけるのであれば
「〇日前ぐらいにカラートリートメントをしました」と美容師に伝えていただくと失敗しにくいかと思います。

パーマがかかりにくいということは、その分強い薬を使わないといけません。

程度を間違えてしまうとかかりすぎたり必要以上のダメージつながってしまうのです。

 

カラートリートメントをしっかり染める方法

ではカラートリートメントをできるだけしっかり色を入れる方法を紹介します。

ヘアカラー剤のように濃い発色は難しいですが、使う上で効率よく無駄のないように色が入る方法を紹介しますね。

乾いた髪の毛に使う

ドライヤーで乾かす女性の画像

 

髪の毛を乾かし状態で使う方法は各カラートリートメント販売の会社が推奨しています。

中には「どちらでもいい」というメーカーもありますが、トリートメントならシャンプーの後、濡れた髪に使うのが一般的ですが、トリートメントは水気があると薄くなります。

色素を髪表面に出来るだけ多く残すためにも乾いた髪の毛に使う方が効果が高いです。

 

もちろん濡れている髪の毛だからと言って使えないわけではありません。

カラートリートメントが硬すぎると乾いた髪の毛に使うと引っ張られて痛いです。

そんな時は一度濡らした髪の毛をタオルで拭き、水気がある状態で使うと伸びが良くなります。

 

髪を手で絞って水滴が垂れるぐらいだと水分が多すぎますね。

シャンプー後に使う場合も一度軽くタオルで水気を取ってから使うと濃く付きやすいですよ。

その場合薄くなることも考えて量を多めに使ってあげましょう。

 

ラップで包んで放置

サランラップの写真

カラートリートメントを髪の毛に付けた後はラップで髪全体を包んでおくと染まりが良くなります。

ただ乗せるだけではなくて完全に包むようにします。

包むときのポイントは隙間が空かないようにすることと、頭皮にピッタリ付き過ぎないようにすることです。

ラップで包むことで頭皮の熱がラップ内に充満し、温かさを利用して染まりをよくすることができるのです。

 

ラップの隙間が空いてしまうと熱が逃げてしまい意味がありません。

そして頭皮にピタッとつけるよりはほんの少し中に空間を作るように包むと熱が籠りやすいですよ。

 

もし部屋でカラートリートメントを染めるのであればドライヤーを頭皮が熱くならない程度に当ててあげるとさらに染まりがよくなります。

カラートリートメントの置く時間は多くの場合5分~10分。長くて10~20分が推奨されていますが、
短すぎるとほとんど色素が定着しないのである程度の時間は放置しましょう。

置き過ぎてしまってもトリートメントなので特に問題ありません。

 

シャンプーをするかしないかは要確認

カラートリートメントが終わった後、シャンプーをして洗い流した方がいいのかシャンプーは使わずにお湯で流すだけが良いのかは使用するカラートリートメントを確認しておきましょう。

製品によってバラバラです。

色素がかなり薄いカラートリートメントだと当日にシャンプーしてしまうと色素が完全に流れてしまい、全く意味が無くなってしまうということもあります。

その場合、お湯でしっかり流して終わりです。

 

色素が濃いカラートリートメントであれば一度シャンプーしないと衣服などについてしまい余計な場所が汚れてしまうので軽めに洗って終了です。

使い方の説明書に必ず書いてあるので確認してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。カラートリートメントの特徴、そして効果的な使い方についてまとめさせていただきました。

あくまでトリートメントなので、髪をダメージさせたくない方やアレルギーが気になる方にはおススメです。

繰り返しますが、カラートリートメントはしっかりとした白髪染めとして考えて使うとかなり物足りなさを感じると思います。

 

「黒」と「白」だと色のコントラストが大きすぎて白髪が目立ってしまいます。
白ではなく「グレー」のように色が入れば黒との差が少なくなるので目立ちにくくなりますよね。

「染める」というよりも「全体をなじませる」と考えてください。

黒髪に白髪のイメージ図

このように黒地に白は目立ちますが

黒髪に灰色の髪のイメージ図

このように黒地に灰色だと目立ちにくくなります。

一回のカラートリートメントで髪の毛に残る色素はわずかです。
繰り返し使うことで少しずつ色が濃くなっていきます。

しかしそれでも完全に染まりきることはありません。

 

正直、カラートリートメントのCMは過大広告ではないか?と思うこともしばしば。
白髪染めと同じように染まるという期待はしない方が良いと思います。

 

それと先にも少し触れましたが、定期的にカラーを美容室や市販で行う予定があるのであれば、予想外の発色が起こる可能性が高いので正直おススメできません。

 

「ヘアカラーはしない。しばらくの間カラートリートメントだけで白髪をカバーします。」というのであればおススメです。

≪関連記事≫

白髪に関する内容をまとめてます。合わせて参考にしてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)