質問Q&A パーマ編 パーマに関する様々な疑問にお答えします

パーマされている髪の毛の長い女性の写真

このページでは髪のパーマに関するちょっとした細かい疑問、質問にお答えさせていただきます。

他の項目はコチラ

【カット編】

【カラー編】

【スタイリング・生活編】

【縮毛矯正編】

パーマに関して1ページ丸々使って説明するほどの事じゃないけど、知っておいた方が便利。

こんな内容の質問に一つ一つ答えさせていただきます。

目次から気になる項目を見つけて見て頂けると分かりやすいと思います。

 

ちなみに縮毛矯正もパーマの部類にはなりますが、別ページにて説明させていただきます。

デジタルパーマ、水パーマ、エアウェーブなどもコチラのページです。

スポンサーリンク

Q&A パーマ編

Q1:カラーやパーマをして数日はシャンプーしない方がいいの?

A:当日しなければ問題ありません。

昔の薬の場合、絶対に2日はシャンプーをしてはいけない。という目安があったのですが最近では薬剤研究も進み改良されているので、当日シャンプーしてもさほど問題ない程度までになりました。ただ一応念のため初日はしない方が無難です。

聞いた話ですが、中には「1週間洗わないで」などと言ってくる美容師もいるようですが、そんなに開ける必要はありません。

 

Q2:洗い流さないトリートメントでパーマが落ちる?

A:落ちません

逆に洗い流さないトリートメントによってパーマの持ちが極端に良くなるということもありませんが、乾かしあがりのスタイルにまとまりが出るので付けた方が良いです。

パーマが落ちて島様な成分は入っていません。

 

Q3:エクステの髪の毛にパーマはかけれますか?

A:かけられません。やめた方がいいです

人毛エクステの毛は色を統一させるために一旦ブリーチをします。なのでパーマをかけてしまうとエクステの毛がボロボロになってしまう可能性があるのでおススメできません。

ナイロンの場合は溶ける可能性があります。

 

Q4:ブリーチ毛にパーマはかけられますか?

A:ブリーチの程度によります

ブリーチが軽くしかされておらず、元々の髪の毛が丈夫であればパーマが可能な場合もありますが、髪の毛が弱い、もしくは複数回ブリーチされている場合は難しいです。基本的にはブリーチ毛にパーマはおススメできません。

 

Q5:毎日コテで巻くよりもパーマの方が傷みは少ない?

A:コテの温度を下げればダメージは少ないです。

理想は160℃以下。200℃などの高温で毎日巻く場合はパーマの方がダメージは少ないです。ただし、かけるパーマの種類にもよります。

 

Q6:縮毛強制の後にパーマはかけられる?

A:デジタルパーマなら可能です。

縮毛矯正の髪の毛の施術履歴が髪の毛にある場合、デジタルパーマならかけられますが、通常のパーマではかからないケースがほとんどです。

普通のパーマでかけると傷んでしまって終わり。という可能性があります。

 

聞きたいことがある場合

もし、何か聞きたいことがございましたら答えらる範囲で回答させていただきますので、コメント欄にご記入ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です