質問Q&A 縮毛矯正編 縮毛矯正に関する様々な疑問にお答えします

ストレートヘアの女性の写真

このページでは縮毛矯正に関するちょっとした細かい疑問、質問にお答えさせていただきます。

他の項目はコチラ

【カット編】

【カラー編】

【パーマ編】

【スタイリング・生活編】

縮毛矯正に関して1ページ丸々使って説明するほどの事じゃないけど、知っておいた方が便利。

こんな内容の質問に一つ一つ答えさせていただきます。

目次から気になる項目を見つけて見て頂けると分かりやすいと思います。

ちなみにパーマも縮毛矯正の部類にはなりますが、別ページにて説明させていただきます。

 

Q&A 縮毛矯正編

Q1:髪のボリュームを落とすには縮毛矯正がいい?

A:確かに縮毛矯正は髪全体のボリュームがダウンしますが、カラーで明るくならない、地毛と縮毛矯正後の髪の質感が違う、普通のパーマがかけられないなどのデメリットがあるので、クセに悩んでいない場合はストレートパーマの方がいいです。

 

Q2:縮毛矯正後は髪のカラーはできるの?

A:できます。ただし矯正をかけた部分は明るくなりにくいので注意が必要です。

縮毛をかけてある髪の毛を自分でカラーするとほぼ間違いなくムラになります。地毛の部分は明るくなりやすいので多くの方が根元だけ明るくなってしまうのです。

 

Q3:縮毛矯正をすると髪にツヤが出るの?

A:つやが出たように見えます。

縮毛矯正は髪の毛の方向性やキューティクルを強制的に真っすぐにする効果のある技術です。イメージでいうなら無理やり前ならえさせているような。

なので一見ツヤが出たような感じになりますが、強い薬を使っているので髪の状態が良くなるわけではありません。

 

Q4:縮毛矯正をする時に毛先は内巻きにできる?

A:極端に内巻きにはできませんが、板のように真っすぐになりすぎないようにはできます。

クルッっというカールを作ることは縮毛だけではできません。もしもカールさせたい場合がデジタルパーマが必要になります。

 

Q5:縮毛矯正後にコテやストレートアイロンでクセを付けることはできますか?

A:できます。

ただ縮毛矯正後2、3日は不安定な時期なので避けた方が無難です。その後であればアイロン等の熱処理も問題ありません。

 

Q6:毎日アイロンするよりも縮毛矯正の方が傷みは少ない?

A:アイロンの温度を下げればダメージは少ないです。

理想は160℃以下。毎日200℃などの高温でアイロンするのあれば縮毛矯正の方がダメージは少ないです。

 

Q7:縮毛強制の後にパーマはかけられる?

A:デジタルパーマなら可能です。

縮毛矯正の髪の毛の施術履歴が髪の毛にある場合、デジタルパーマならかけられますが、通常のパーマではかからないケースがほとんどです。

 

聞きたいことがある場合

もし、何か聞きたいことがございましたら答えらる範囲で回答させていただきますので、コメント欄にご記入ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です