2017 春夏のトレンド『アビスブルー』に似合うヘアカラーはコレ

ヘアカラーしている女性の写真

すっかり暖かくなり、春のトレンドを意識したファッションを取り入れている人は多いのではないでしょうか。

 

今回は春よりももう少し後。

春~夏にかけてのトレンドである『アビスブルー』に注目したヘアカラーを紹介させていただきます。

 

「トレンドに合わせて髪を変えたいな~」

というオシャレな人は参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

2017年春夏トレンドカラー アビスブルー

ついに2017年の春夏のトレンドカラーが発表されました。

発表された色は、春の人気色であるピンクを始めに、オレンジや白っぽいイエローなど、可愛さもありさわやかな色合いが多いようですね。

 

そこでの注目はなんといっても『アビスブルー』

画像引用元:https://jp.pinterest.com/

画像引用元:https://jp.pinterest.com/

アビスブルー

abyss:深淵 地の底 blue:青(海) アビスブルーとは深海の青さをイメージさせる言葉。

アビスブルーは写真の様に、ビビット過ぎない深さのあることです。

 

デニム素材の青でもアビスブルーとして使われるようです。

 

トレンドカラーは季節によって様々な色が発表されますが、ファッションだけでなくネイルやインテリア雑貨等々広い分野にかけて今回はこのアビスブルーが注目を集めそうですね。

 

アビスブルーに合うヘアカラーは?

ファッションのカラーは決まった。だけど髪の毛の色をどうしよう?と悩まれる方も多いかと思います。

 

美容師さんに相談してもいいけど、もしその美容師さんがトレンドカラーを知らなかったらなんか申し訳ない…なんてことにも(実際みんながみんな知っている訳ではありません)

 

であれば、あらかじめ決めていけば問題ない!ということでアビスブルーに似合うヘアカラーを紹介させていただきます。

 

寒色を選ぼう

色相環のイラスト

『寒色』とは、「寒い色」「冷たい色」という意味ですが、ヘアカラーでは「赤味のない色」という表現の仕方の方が分かりやすいかもしれません。

この反対語は『暖色』で、「暖かい色」という意味ですが、ヘアカラーでは「赤味のある色」という意味があります。

 

今回のトレンドカラーの『ブルー』は寒色に位置する色味です。

 

人間の目が色を見た時に、上の画像の『色相環』で反対側に位置する色を並べてみた時に違和感を感じやすく。隣り合う色を並べてみた時に落ち着きを感じる。

という特徴があります。

 

例えば「赤」と「オレンジ」は一緒に見ても馴染んで見えますが、「黄色」と「青」というように色相環の真逆の位置にある色を同時に見ると、お互いの色が際立って見えますよね。

色相環の逆にある色を『補色』と言います。

 

「何かを目立たせたい!」という意図がある場合あえて補色を使いますが、ファッションやヘアカラーでこの補色を使ってしまうとかなり奇抜な色の組み合わせになってしまうので普通使われません。

 

アビスブルーは寒色。なので一緒に合わせる色も寒色寄りの方がヘアカラーもファッションもなじみが良いのです。

 

ではそんな寒色系のヘアカラーをいくつか紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ブルージュ

画像引用元:https://jp.pinterest.com/

ブルージュとは「ブルー(blue)」と「ベージュ(beige)」を混ぜて作られた和製英語。

青すぎない、柔らかさのあるほんのりとした青みを意味します。

元々アビスブルーの”青さ”が強いので、ヘアカラーでも青を強くしてしまうとクドい感じに見えかねませんのでブルージュ等は合いやすいですね。

 

グレーアッシュ

画像引用元:https://jp.pinterest.com/

アッシュとは「灰味のある青」のことです。そのためアッシュも寒色系に位置します。

特にアッシュはヘアカラーで赤味を打ち消すためにによく使われる色で、「染めると赤みが出やすい」という人にはピッタリの色。

他にもあまり知られていませんが、実は紫(パープル)も赤味を消す力が強いのです。(黒髪や茶髪の場合)

 

モノトーンアッシュ

画像引用元:https://jp.pinterest.com/

モノトーンは2016年から続いているトレンドの一つですね。

クラシックな感じがあり、落ち着いた雰囲気の色で季節問わず非常に人気が高いです。

上で紹介した「グレーアッシュ」の「グレー」とほとんど同じだと考えてください。グレーもモノトーンもヘアカラーでは同じ「灰色」です。

 

モノトーンも赤味を打ち消す力が強いので、アッシュや他の色と混ぜないで「モノトーン」だけのヘアカラーでも寒色になり、アビスブルーとは相性がとても良くなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2017年トレンドカラーの一つ『アビスブルー』に似合いやすいヘアカラーを紹介させていただきました。

 

特に注意することは必ず『寒色』で染める。ということ。

ピンクやレッドの様に「暖色」をヘアカラーで入れてしまうとアビスブルーと補色の関係になってしまい、全身を見た時に違和感を感じやすくなってしまうので気を付けてください。

 

そして、もしも職場の関係で色を入れるのが禁止されている!という方の場合は、「ブラウン」でも特に問題はないと思います。

アビスブルーはデニム素材のくすんだ青っぽさでも使われるので、茶色との相性はそこまで悪くないです。

 

ただ、「染めると必ず赤くなる」というかたの場合、元々の髪の毛の赤みが強いので、バレない程度にアッシュを入れて赤みを打ち消してあげると似合いやすいと思いますよ。

 

ではでは

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です