美容師はいくつになっても仕事ができるって本当?

カットをする美容師の写真

こんにちは!

今回から何回かに分けて、「美容師になろうか悩んでいる」「迷っている」という方の参考になるような内容を紹介します。

初回の今回は、美容師によく言われる「美容師はいくつになっても仕事ができるのか」ということについてです。

美容師などの専門職はまさに手に職。身に付けてしまえば一生ものですもんね。

しかし本当に手に職1本だけで一生働いて行けるものなのでしょうか?

自信が美容師で経験してきたこと。そして様々な美容室を見てきた中で感じてきたことなど体験談をもとにしたものです。

色々な現実問題も踏まえて今回は紹介しますね。

スポンサーリンク

美容師はいくつになっても仕事ができる?

美容師のハサミとクシの写真

手に職を付けることで長く仕事ができるようになる。これは間違いありません。

技術を見つけた人、身に付けてない人では年齢が高くなってからの就職先の問題も大きく変わります。

 

例えば技術もない。免許もない。だけどなんとなくその会社や場所で仕事をしてきた。

しかし長年勤めた会社が突然の倒産。路頭に迷うことに…なくはない話ですよね。

もしもこんなことが起きてしまったのが、30代40代50代だったら…技術も免許もコネもなければ当然次の就職先を探すのも大変です。

職種なんて選んでられないので自分がやりたくない仕事でも生活の為にしなくてはならなくなります。

 

しかし美容師の場合は30、40、50代になるころまで続けて入ればかなりの技術が身についているはずです。

あくまで美容師に限りますが、全国的にも就職先はいくらでもあります。

もちろん20代のころに比べて雇ってくれるお店の幅は狭くなりますが、それでも需要が必ずある業種なので勤め先がないというこは中々ありません。

 

男女で変わる仕事の方法

私はまだ30代ですが、これまでに30代、40代、50代、60代の美容師の方を見てきて分かったことは、
年齢に応じての働き方は男女それぞれ違うということです。

女性の場合

女性の美容師の方は20代で修行し、30代までに結婚。出産を機にパートに移る人がほとんどです。

子育てもしつつ夜遅くまで毎日。では大変ですからね。

40代50代になるころには子供も成長し、時間に余裕が出ているのでフルタイムで仕事する方もいます。

 

しかし、さすがにそのころには皆さんが憧れるような”オシャレ美容室”では働いていません。

キラキラなオシャレな美容室で40代50代の女性が働いているところはほとんど見ませんよね?

もちろん0ではありませんが、もう少し年配向けの美容室に移る方がほとんどですね。

60代の女性美容師さんはほとんどオーナークラスです。

従業員の60代ぐらいの女性美容師さんはほとんど引退しています。

 

男性の場合

男性の20代美容師も女性と同じく修行時期です。美容室で色々な技術を学びます。

そして30代になったころから大きく分かれます。それは独立をして自分のお店を持つかそれとも従業員を続けるかです。

従業員を続けるのであればそのお店で働き続けることになりますが、お店の形態によっては40代になってくると居にくくなってくることもあります。

というのも、若いお客様が多く来られるお店のお客様は、年齢が離れすぎている美容師に切られるのを嫌がる人もいます。

若い美容師はどんどん育ってくるので自分が居にくくなってお店を変える…こんなことも実際に起きていきます。

その場合は、もう少し年齢層の高いお店に移動するかカット専門サロンなどで働く方など様々です。

 

独立する方は自分のお店で働くことになるので特に気にする必要はありません。

しかし、もし独立に失敗し、お店を閉店することになった場合。

その場合であっても雇ってくれるお店は結構あります。

お客様を連れて来てくれるということもありウェルカムなお店も。

 

まとめると

女性

20代 修行時期。雇ってくれるお店は沢山ある。
30代 仕事全般ができるので全国で雇ってくれるお店はあるが、20代の頃に比べると減る。出産でパート勤めをする方も多い。
40代 子育ても落ち着きフルタイムでの仕事に戻る。勤めていたお店をやめたとしても、お店を選ばなければ仕事先はある。独立してお店を出す方もいる。
50代 仕事を続ける方もいれば、個人的に仕事をする人も。再就職はかなり限られてくる。
60代 従業員の方のほとんどが引退している。独立して続ける人もいる。

 

男性

20代 修行時期。雇ってくれるお店はたくさんある。
30代 仕事全般ができるので全国で雇ってくれるお店はあるが、20代の頃に比べると減る。独立する方もいる。
40代 独立してお店を経営する方もいれば従業員として続ける方もいる。この頃から若い美容師との年齢差が出てくるので、年配の方が多いお店を変える人もいる。

大きい規模のお店であればマネージャー職に就く方もいる。

50代 経営者として仕事をする方は多いが、従業員として仕事をする方はごくわずか。独立を経験してから従業員に戻る方も多い世代。

最就職は難しくなるが、ないわけではない。

60代 続けている方のほとんどが経営職。従業員として働いている人もいるが再就職はかなり難しい。

 

これが世代別の美容師の生き方です。あくまで”多い”というだけでこれに限った話ではありませんが、
様々な美容師の形態を見てきた中での感想です。

ただ、共通して言えるのは『仕事先を選ばなければいくつになっても仕事先はある』ということです。

もちろん年齢が高くなるにつれての再就職が難しくなるのは他の仕事と変わりませんが、
再就職0、八方塞がり。ということになる可能性はかなり低いです。

 

髪の毛を切る技術というのは素人さんがちょっと勉強した程度では絶対に身に付きません。

やってみると分かりますが、練習と勉強と経験が必ず必要。

そのため需要も必ずあります。

 

70代80代になっても美容師を続ける方もいらっしゃいますし、趣味として仲の良い人を切る。という方もいます。

一般職の方のように、業種も形態もまるで違う職種に1から勤めなければいけない。ということがないという意味でも
「いくつになっても仕事ができる」と言えますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です