ココイルメチルタウリンNaの安全性は?気になる成分を解析

ココイルメチルタウリンNaサムネ

シャンプーの成分として使われるココイルグルタミン酸Naについて紹介します。

ココイルメチルタウリンNaとは

ココイルメチルタウリンNaは、主にヤシ油を原料としているヤシ油脂脂肪酸メチルタウリンナトリウムです。

ヤシ油とタウリン誘導体で構成されている界面活性剤で、アミノ酸系洗浄剤に分類されます。

 

アミノ酸洗浄成分の中でもココイルメチルタウリンNaはさっぱりとした洗いあがりが特徴。

 

薬品として取り扱われないシャンプーや化粧品に使用される時は「ココイルメチルタウリンNa」、
医薬部外品の育毛剤に使用される時は「ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa液」と名前が変わります。

ココイルメチルタウリンNaの特徴

ココイルメチルタウリンNaは、界面活性剤の成分の中でも人体に優しく危険性が少ない成分です。

ココイルメチルタウリンNaの洗いあがりはふんわりとした髪の毛の仕上がりに。

 

敏感肌や乾燥肌の人にも向いていて、傷んだ髪の毛や乾燥した髪も優しく洗いあげます。

そのため洗顔料の中にも配合されることのある成分です。

 

ココイルメチルタウリンNaを洗浄力と泡立ちの弱いアミノ酸系シャンプーに配合する事で、洗浄力や泡立ちを高くすることもできる優秀な成分。

しかし、高価な成分なので、シャンプーの価格も高くなりやすいです。

 

ココイルメチルタウリンNaの安全性は?

合成界面活性剤は洗浄力や起泡力が優れていると頭皮への刺激が強いものが多いです。

しかし、タウリンは肌や髪の成分であるアミノ酸に近い性質をもっているので、アニオン界面活性剤の中でもココイルメチルタウリンNaはとても頭皮や髪に低刺激で安全性が高いといえます。

 

ココイルメチルタウリンNaは髪の毛だけではなく頭皮をはじめ人体に対する刺激が低く、安全性が高いことで知られています。

最小限の眼刺激性が起こる可能性はありますが、アレルギーの報告はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)