カラートリートメントは効果なし?色が出ない理由と出し方

女性の髪の毛の写真

髪を傷めずに染めることができるカラートリートメントは人気ですね。

しかし、「カラートリートメントを使ったのに色が出ない」「効果がなかった」という声を聞きます。

 

そこで今回はヘアカラートリートメントが染まらない理由と、キレイに色を出す方法を紹介します。

 

カラートリートメントはどんなもの?

トリートメントの写真

カラートリートメントは色素がたくさん配合されたヘアトリートメントのこと。

 

一般的なヘアカラーはキューティクルを開いて薬の成分を髪の毛の中にいれ、発色させるのに対し、
カラートリートメントはキューティクルを開かず髪の毛に色素を付着させて色を表現します。

 

色素の分子の大きさが大きいので髪の毛の内部に入り込まず表面につく程度。そのため色落ちは早いです。

 

その代わり、髪の毛に負担をかけないのでダメージは0。トリートメント効果で髪の毛の状態は良くなるほどです。

 

カラートリートメントには「塩基性染料」と「HC染料」が主に使われ、混ぜて使われています。

 

塩基性染料

2001年から使われることが許可された染料。

分子の大きさが大きいので髪の毛の中まで入らない。表面につく程度なので落ちるのも早い。

 

HC染料

同じく2001年から許可された染料。

塩基性染料よりも分子が小さいので髪に入りやすい。しかし、一般的なヘアカラーやマニキュアと比べると落ちるのはずっと早い。

 

HC染料のほうが染まりやすいですが、どちらにしてもヘアカラーほど髪の毛には定着しません。

 

カラートリートメントで色がでない理由

パレットの写真

ヘアカラートリートメントで色がでない理由は絵の具で考えると分かりやすいです。

 

黒髪の人は黒い絵の具がパレットにのってる状態。

黒色にアッシュやピンク、紫色やブルーなどを混ぜても黒のまま。

 

確かに色はついてるはずなのですが、染まっているように見えないのです。

 

一般的なヘアカラーが明るく見えるのは、髪の毛の中に入り、黒い色素を壊してくれるから。

 

パレットに乗っている黒色を薄くして茶色にしたり、黄色っぽい色まで色を抜くことができます。

 

薄くなった色に色味を重ねるので、「色が出た」と感じることができるのです。

 

カラートリートメントの色を出すには

ヘアカラートリートメント自体に、髪の毛の黒や茶色を薄くする力(色素を壊す力)はありません。

 

そのため、ヘアカラートリートメントの色をキレイに出すためには、色を重ねる前の髪の毛の色を薄くしておく必要があります。

 

ヘアカラーが抜けると茶色になりますが、茶色にヘアカラートリートメントを重ねても、うっすら色がわかるぐらい。

 

キレイに発色させるにはブリーチで前もって明るくする必要があるのです。

 

白髪用カラートリートメントはブリーチ必要なし

カラートリートメントには、アッシュやピンクなどの色味を重視したものの他に、白髪カバー用のカラートリートメントがあります。

 

白髪用のカラートリートメントの色素はとても濃く、色も暗くなります。

白髪用カラートリートメント比較写真

コチラは白髪用カラートリートメントを1回使った写真。

ブリーチされていませんが、しっかりと色が濃く入っています。

 

白髪用カラートリートメントには「黒」や「茶」という濃い色素が使われています。

そのため、ブリーチされていない髪の毛にも色がつきやすいですが、アッシュ、ピンク、マット、オレンジなどのカラフルな色は薄いため、髪の毛にもつきにくいのです。

 

ブリーチありとなしでカラートリートメント使ってみた

カラートリートメントの仕上がり屋外

 

コチラは、カラーバターというカラートリートメントを使って髪の毛を染めた時の写真です。

色はシルバー。

右からブリーチなし、ブリーチ1回2回…ブリーチ5回まで抜いた後にカラートリートメントで色を入れました。

 

カラーバターシルバーの色の出かた ブリーチありなし比較 | MatakuHair

髪の毛にダメージを与えることなく染めることができるカラーバター。 今回はカラーバターでも特に人気のあるシルバーを使い、ブリーチした髪の毛、していない髪の毛ではどんな色になるのか。 を比較してみました。 カラーバターがどんな色になるのかわからない…思っていた色にならなかった…何回ブリーチすればいいの?

 

 

カラートリートメント仕上がり比較写真

コチラは屋内で撮影したので色が薄くみえますが、カラートリートメントを使う前と使ったあとの比較です。

上からブリーチなし、ブリーチ1~5回の髪の毛。右が使ったあとです。

 

ブリーチなしではほとんど色の変化がなく、ブリーチ1回で少し変化。2~3回目から色の変化が大きくなってきています。

 

ブリーチをすればするほど髪の毛の元の色が薄くなっていきます。

 

パレットの上の黒に何色を混ぜても色がわかりにくくなるのと同じように、黒髪にカラートリートメントを使っても色がほとんどでませんが、
ベースの色が明るくなることでカラートリートメントも色がわかりやすくなります。

 

合わせて、ブリーチするとキューティクルが傷みで開いてしまいます。

髪の毛の中に染料が入りやすくなるので、発色もしやすくなるのです。

created by Rinker
ワイエス パーク プロフェッショナル

 

まとめ

カラートリートメントは髪の毛に負担なく色をつけることができます。

しかし、キューティクルを開いて染料を中に入れる力がないため、ブリーチをしてから使わないとほとんど発色しません。

 

アッシュやグレー、ピンクやマットなどカラフルな色にしたい場合はあらかじめしっかりブリーチで色を抜いてから使いましょう。

 

ただし、白髪用カラートリートメントは色素がとても濃いので、ブリーチしなくても色がつきます。

ただし、色が落ちやすいのは同じです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)