コロナの影響で美容室はどうなる?お客さんの変化と今後

美容師とお客さん

猛威をふるうコロナウイルス。美容室や理容師室にも大きな影響が出ています。

 

現状自粛をしている美容室理容室は少ないようですが、これからどうなるか分かりません。

そこで、ディーラーさんから聞いた各地の美容室の状況、考えられる美容師の今後についてお話していきたいと思います。

コロナウイルスの影響で美容院はどうなる?

大手サロンは休業を発表したけど

東京など都市部の緊急事態宣言を受け、大手ヘアサロンは休業を決定しました。

情報元:https://www.wwdjapan.com/articles/1068544(wwdニュース)

 

お店単位での決定もありますが、加盟しているテナントの判断など事情もあるようです。

 

安倍総理は、理容室や美容院は「国民の安定的な生活確保のために必要なサービス」と会見で説明。

休業要請の対象外だとしましたが、緊急事態宣言が発表された東京との対応案は、理髪店は「基本的に休止を要請する施設」としているようです。

情報元:https://www.asahi.com/articles/ASN476QNWN47UTFK01Q.html(朝日新聞)

 

個人店はお店を閉めたくてもできない

2020/2月ごろから本格化してきたコロナウイルスの猛威。

3/22の夜からニューヨークではロックダウンが起き、ヨーロッパ各地では外出禁止の措置が取られています。

 

ウイルスの蔓延を防ぐには、外出しない、人と合わないというのは大切。

ニュースでも自粛がうながされてるので、美容室へ足を運ぶ人も少なくなっています。

 

しかしサービス業は、お客様が来なければ利益はゼロ。

従業員はおろか家賃も払えず自分たちが食べることもできません。

 

蔓延をふせぐたに自粛閉店したくても、生きていくためにできないのが多くの美容室理容室の現状です。

 

つぶれるお店が出てくる

日本中のサービス業は、売り上げが下がっている状況です。

 

急いで髪を切る必要のない女性は予約を延期したり、カラーやパーマどのメニューを減らしてお店にいる時間を少なくしている人がたくさんいらっしゃいます。

 

今までギリギリの売り上げで持っていた美容室は、今後このまま自粛ムードが続けば閉店するお店も必ず増えています。

 

そうこうしている間に福岡で美容室のクラスター感染発生

4月10日のニュースでは、福岡県豊前市の美容室で新型コロナウイルスのクラスター感染が起きたと発表されました。

美容院でのクラスター感染が確認されたのは初めて。

 

お客様に直接触れて、シャンプーは目の前。

いつ起こるか分からない不安が起こってしまった…という感じですね。

 

これに対して全美容室側は

  • 朝のスタッフ体温チェック
  • マスク着用
  • 予約が入っていたとしても風邪症状のある人を出勤させない
  • 風邪症状のあるお客様にはマスクをしてもらう
  • ドアノブやクロスの除菌

などの対策方が必要なのかもしれません。

 

実際に都市部から来られたお客様には、14日間来店を遅らせてもらうなどの対応をしているヘアサロンもあるようです。

外出して受ける産業がもたない

知人の居酒屋で働く方は、2月3月の売り上げが毎年平均の1割にまで落ち込みました。

本来なら歓送迎会でにぎわう時期、それがキャンセルの電話だらけで売り上げがほとんどないのです。

 

家賃や材料費などを考えると赤字。

生活費を稼ぐ必要があるので、本業以外にもバイトをかけ持つことも考えているそうです。

日中と夜中のダブルワークは、本当に大変…

 

別の人はバイトさんへの給料が払えないので、自腹を切って渡している。なんて話も聞きました。

 

現状国からの補償などはほとんどありません。

 

1ヵ月2ヵ月なら分かりますが、1年2年続けば外出が必要な産業はどんどんつぶれていきます。

 

美容室側での対応は?

美容室側でのコロナウイルス対策はお店によってさまざま。

  • アルコール殺菌をこまめに行う
  • アルコール消毒液の設置
  • 予約の時間を調整して他の人と被らないようにする
  • スタッフのマスク着用
  • 座る時にとなりに他の人を座らせない
  • 都市部から来られた方は14日間来店お断り(地方の場合)

などなどお店ごとに対応は違うようです。

 

目に見えないウイルスなので、予防策しかできませんがお客様に信頼して来ていただけるように必死で戦っています。

 

お客様が不安な場合、マスクをつけたままでも施術はできます。(マスクは汚れてしまうので替えが必要)

どうしても付けたままがいいという方は美容師さんに相談してみましょう。

【コロナ対策】美容院はマスクをしたままでも切ってもらえるの?

 

男性の方はしかたなく来店している人も多い

女性の方は髪を伸ばして結ぶこともできるので、来店を遅らせている人もたくさんいらっしゃいます。

しかし男性は営業職で髪を長くできない人も多いので、仕方なく来店されている方がたくさんいらしゃいます。

 

身だしなみが関わるお仕事なら自粛したくてもできないのです。

こんな時だけでも、身だしなみに寛大になってくれる企業が多くなるといいのですけどね。

あ、でもそれだとさらに窮地か…難しい…

 

まとめ

  • 美容室や理容室の現状は、コロナウイルス対策のために自粛したくても保証がない以上できない
  • できるだけ不安をぬぐえるように、各お店努力をしている
  • 女性の方は予約を伸ばした人も多いが、男性の方は普段通り切っている人も多い
  • コロナウイルスの蔓延が続くと、美容室理容室はおろかサービス産業全体がもたない。つぶれるお店もたくさん出てくる

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)