美容室理容室でヘアカットしたら大量の抜け毛!大丈夫?その正体とは

髪の毛をカットした翌日…朝起きて枕を見たら…

枕についた大量の毛の写真

「ギャーーーーーーーーー!!大量の髪の毛が!!」

なんてビックリしたことはありませんか?

 

ヘアカットした翌日からはじまる大量の抜け毛。

知っているとはいえ毎回心臓に悪い思いをしています。

 

今回はそんなヘアカットしたあと数日続く抜け毛の招待について紹介します。

 

スポンサーリンク

ヘアカット直後に髪の毛がたくさん抜ける

髪の毛を気にする女性

ヘアカット後の抜け毛の正体

美容室、理容室で髪の毛を切ってもらった翌日から髪の毛がたくさん抜けてしまう現象。

 

実はコレ、抜けた髪の毛ではなく切れた髪の毛なのです。

 

切れた髪の毛なのでまったく心配する必要はありません。

数日間で落ち着いてくるので放っておく。これがベストの対応方法なのです。

 

 

切れ毛を早くなくしたい時は

ブラッシングする女性の写真

放っていても数日経つと切れ毛は収まります。

しかし、できるだけ早くなくしたい場合は、いつもより多めにシャンプーをするか、ブラッシングをしましょう。

 

切れるか切れないか。の中途半端な状態なので、シャンプーやブラッシングをしてあげるだけで早くなくなりますよ。

 

傷んでいるわけではないのか

ブリーチやパーマを繰り返して傷んでしまい髪の毛が切れてしまう、というケースもあります。

 

たしかに傷みが原因の切れ毛ではありますが、一部の髪の毛だけ。

全体が傷んでいるわけではないので、切れ毛が増えていく。ということはないので安心してください。

 

 

どうしてカット後にたくさん髪の毛が落ちるのか

ヘアカットした翌日タオルにびっしり髪の毛がついたり、シャンプーで髪の毛がたくさん抜けたようになるのは、
切れそうで切れなかった中途半端な髪の毛が原因です。

 

髪の毛はシザーと呼ばれるハサミで切りますが、その中に髪の毛をすくためのセニングと呼ばれるすきばさみがあります。

 

クシが何本もついている髪の毛で、一回挟むと、切る毛と切れない髪の毛にわかれるので、量を減らすことができるのです。

 

問題はこの切れなかった髪の毛にあります。

 

微妙に切れるか切れないかギリギリのところで挟んだ髪の毛は、傷がついて宙ぶらりんな状態になります。

 

物理的な傷がついているのでちょっとした刺激でもプチっと切れやすい。でも残っている。

傷がついて切れそうな髪の毛のイラスト

このイラストのようなイメージです。

 

この髪の毛が翌朝、シャンプー中などあなたをビックリさせるのです。

 

切れ毛か抜け毛か確認しよう

まくらにビッシリついてしまった髪の毛が抜け毛なのか、切れ毛なのか簡単に確認することができます。

 

それは、髪の毛の両端をみること。

抜け毛と切れた毛の違いイラスト

 

このイラストのように、根本から抜けた髪の毛は毛球とよばれるふくらみがあります。

白っぽかったり、手でなぞると膨らんでいるのですぐわかります。

 

切れた髪の毛は毛先から途中で切れているので膨らんでいません。

 

落ちている毛の多くが切れた髪の毛のはずなので確認してみてください。

 

まとめ

ヘアカットした当日の夜のシャンプー、そして翌日の朝枕をみたときにたくさんたくさん髪の毛が抜けていた!

は、抜けたのではなく、傷のついた髪の毛が切れただけなので特に心配する必要はありません。

 

数日でおさまります。

 

ヘアカラーやパーマの薬などのアレルギーも考えられなくはないのですが、
アレルギー症状は、赤みやかゆみがでたり、腫れてしまうなどで髪の毛が抜けてしまう症状ではありません。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)