キレイな髪の毛の毛を作るのに大切なシスチンともう一つ大切な栄養素

キレイな髪の女性の写真

ハリコシがあってキレイな髪の毛。だれでも憧れてしまいますよね。

みなさん「ビタミンC」や「コラーゲン」などなど肌を綺麗にするための栄養には気を使いますが、
『髪の毛をキレイにするための栄養』を気にしている人は少ない様に思えます。

 

髪を含めた人間のすべての細胞は常に生まれ変わっています。

どんな栄養素を体に取り入れるかによって体も少しづつ変化するのです。

 

そこで今回は、
トリートメントのように即効性はないですが、毎日続けることで健康的な髪の毛に近づくことがえきる栄養素を紹介します。

 

キレイな髪の毛の栄養素シスチン

髪の毛のほとんどはタンパク質で出来ている

髪の毛の約80%はタンパク質でできています。

もしも人間の中からタンパク質がなくなってしまったら髪の毛は生えてきません。

 

タンパク質の量が減ってしまっても、弱々しい毛になってしまったり、薄くなったり量が減ったりするということが起きます。

健康的な髪の毛を生やすためにもタンパク質は必要不可欠なのです。

 

18種類のアミノ酸

髪の毛のほとんどはタンパク質でできています。

髪の毛を構成しているのは『ケラチン』と呼ばれるタンパク質。

 

ケラチンはアスパラギン酸、グルタミン酸、シスチンなど18種類のアミノ酸でできています。

含まれている量が多いものから順に

シスチン 17.2%
グルタミン酸 13.8%
アルギニン 9.1%
スレオニン 7.6%
セリン 6.9%
プロリン 6.7%
ロイシン 6.5%
バリン 5.6%
アスパラギン酸 4.9%
イソロイシン 4.8%
グリシン 4.1%
アラニン 2.8%
フィニルアラニン 2.5%
リジン 2.5%
チロシン 2.4%
ヒスチジン 0.9%
メチオニン 0.9%
トリプトファン 0.8%

です。これはあくまで髪の毛のアミノ酸なので、皮膚は配合量が違います。

表の右に「○」が付いているものは『必須アミノ酸』と呼ばれる体内で合成することができないアミノ酸なので、食事などから摂取する必要があります。

 

特に髪の毛に大切なのは一番多く含まれている『シスチン

シスチンを多く摂取することで健康的でキレイな丈夫。つまりキレイな髪の毛になると言われています。

 

そして、シスチンは『メチオニン』からも合成して作り出すことができます。

メチオニンは必須アミノ酸。つまり体内で作り出すことができないので、食事から摂取するのが一番効率がいいです。

 

シスチンとメチオニンを意識して摂取する

これがキレイな髪の毛作りのためにとても大切なことです。

 

栄養素は食事から取り入れる方法が一番体内に吸収されやすいです。

そこでシスチン&メチオニンがとても多く含まれる食事を紹介しますね。

 

シスチン&メチオニンが多く含まれる食品

にわとり(ひき肉、胸肉)

鶏肉の写真肉類にはとくに鳥肉にシスチンとメチオニンがたくさん。

ひき肉には100g中 シスチンが260mg メチオニンが560mg含まれており、
胸肉にはシスチン220mg メチオニン540mg含まれています。

その他の肉類は、牛のひき肉、豚ロースに多く入っています。

 

かつお

カツオの刺身の写真魚類ではとくにカツオに多く含まれます。

100g中ではシスチンが290mg メチオニンが700gととくにメチオニンがたくさん。

お刺身なら食べやすいですね。

魚類では他にも鮭(しろさけ)やサンマに多く含まれています。

 

そば(生)

ソバの写真豆、種子類の中ではソバが特に多く含まれています。

ソバは100g中 シスチンが210mg メチオニンが140mg入っています。

他の食品に比べるとすくないですが、食べやすいものなので取り入れやすいですね。

豆類は他にも、食パンや精白米に多く含まれています。

 

カシューナッツ

カシューナッツの写真シスチンとメチオニンを手軽に摂取したいならカシューナッツがもっともオススメ。

100gの中のシスチンが490mg メチオニンが420gととても多く含まれているうえに、スーパーなどで気軽に買えて
おやつ代わりにも食べることができるからです。

手軽さでいえばダントツですね。

穀物類は他にも納豆や木綿豆腐にも多く含まれていますが、カシューナッツは納豆の倍近く含まれています。

 

バランスが大切

丈夫でキレイな髪の毛をつくるにはケラチンというタンパク質に関わる栄養を意識して摂取することが大切です。

しかし、栄養バランスの偏りは体の不調を招きます。

 

髪の毛を構成する成分の多くはタンパク質ですが、それ以外にも脂質やミネラル等があります。

タンパク質だけでは髪の毛をつくることができないので、意識して摂取しつつバランスの取れた食生活を心掛けることも合わせて大切です。

 

シスチンとメチオニンは意識して摂取する。だけどその他の食事もキチンと食べる

これがキレイな髪をつくるのに一番大切ですね。

 

まとめ

今回はキレイで丈夫な髪の毛を作るために必要な栄養素であるタンパク質。

そしてそのタンパク質のアミノ酸の中でも特に重要な『シスチン』と『メチオニン』について紹介させていただきました。

 

大切なことなので繰り返しますが、髪の毛を作る栄養素は一つではありません。

タンパク質以外にも脂質やミネラル。それにアミノ酸は他にも種類があります。

 

偏り過ぎた栄養素は体に不調を招くことがあるので、全体的にバランスの良い食事を心掛けつつ意識して摂取すると良いですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です