熱で髪が傷まないストレートアイロン ヒートケア低温ヘアアイロン使ってみた

ストレートヘアの女性の写真

みなさん朝のスタイリングにストレートアイロンは使っていますか?

髪の毛を短時間で簡単に真っすぐすることができるストレートアイロンはとても便利ですよね。

しかし、ストレートアイロンはとても高温。

「毎朝使うと髪の毛が傷んでしまう?」なんて心配になる方もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は「髪がヤケドしない」「髪の毛が傷まない温度でまっすぐに伸ばせる」というストレートアイロンを見つけたので使ってみました。

プロ目線で本当に良いストレートアイロンなのか。本当に髪の毛が傷まない温度でストレートに伸ばすことができるのか。
などなど人の髪の毛で実際に使ってみたので紹介しますね。

 

髪の毛がヤケドしないヒートケア低温ヘアアイロン

コチラがヒートケアアイロンの公式ページ

髪をケアする低温ヘアアイロン

髪の毛が傷む温度

「ストレートアイロンで髪の毛は傷むの?」と気になりませんか。

ストレートアイロンで髪の毛は「傷みます」。しかし、「温度」によります。

高温で使えばクセを早く伸ばすことができてスピーディーですが、負担も大きく日に日に傷んでしまいます。

逆に温度が低いと髪の毛は傷みにくいですが、クセを伸ばすのに時間がかかってしまいます。

 

髪の毛が傷み始めるのは120℃~。120℃以上の熱を髪の毛にあてるとキューティクルが損傷を初め、160℃以上から「髪の毛の炭素化」と呼ばれる現象が起きてしまい、「焼き」が入ってしまい深刻な痛みにつながってくるのです。

できれば120℃以下。「低い温度でクセが伸ばせる」これが本当は理想なのですが、そんなストレートアイロンをみつけたのです。

 

80℃で髪の毛のクセが伸ばせる?

低温ヒートケアアイロンを使った方の感想では、平均して「78℃でクセが伸びた」と感じた方が多いようです。

ヒートケアアイロン公式ページの画像画像引用元:http://tgki.net/a/a

コチラはヒートケア低温アイロンの公式ページの画像。実際に使った人は確かに低温で伸びていると感じた人が多いようですね。

皆さんがストレートアイロンをつかってクセを伸ばす時は、180℃前後、低くても160℃ぐらい。高いと200℃以上で使う人が多いのではないでしょうか。

しかしこの温度では髪の毛が傷んでしまう。

実際に80℃で髪の毛のクセが伸びるのであれば、熱のダメージはほとんどない。といってもいいでしょう。

 

髪の毛はしっかり乾かしてからアイロンを使おう

ストレートアイロンを使うときの注意点。

必ず完全に乾いている髪の毛にアイロンを使うようにしましょう。

絶対に濡れている髪の毛に使ってはいけません。

 

髪の毛は濡れていると、表面を保護してくれているキューティクルが開く。という特徴があります。

閉じたキューティクルと開いたキューティクルの画像

このイラストのような状態です。

キューティクルが開いている時は、髪の毛が無防備。熱や刺激に弱くなるので、普段なら傷まない温度でも激しく傷んでしまうのです。

髪の毛は乾いているときなら160℃180℃のアイロンを当てても見た目に変化ありませんが、濡れている時だとたとえ100℃でもチリチリに傷んでしまうことがあるので、必ず完全に乾かしてから使うようにしましょう。

 

ヒートケア低温ヘアアイロン使ってみた

実際にヒートケアアイロン使ってみました。

大きくうねるようなクセのある方の髪の毛を使ってアイロンしていきます。

ヒートケアアイロンの中身の写真

コチラがヒートケアアイロン。ホワイトパールのデザインでキレイです。

ヒートケアアイロンのプレート部分の写真

プレート部分もセラミックが使われているようで、さびにくそうです。

この部分が鉄製で錆びると、髪の毛を傷つけてしまうので要チェックです。

ヒートケアアイロンを閉じた状態の写真

ヒートケアアイロンはアイロンはコテとしても使うことができます。

黒いブラシは、触っても熱くないようにするためと、ブラシとして使えるように付いています。

2WAYアイロンはいちいち付け替える必要がないので便利ですね。

クセを伸ばす前の髪の毛の写真

コチラがクセを伸ばす前の髪の毛です。

ブローもなにもしていないので、おおきくうねるような感じになります。

クセを伸ばす前の髪の毛左サイドの写真

コチラが左側で

クセを伸ばす前の髪の毛右サイドの写真

コチラが右側の写真。

特に右側のクセが強いようですね。なにもしないと跳ねてしまいます。

クセを伸ばす前の髪の毛後頭部の写真

後頭部の内側も少しクセがある感じ。

温度を80℃に設定した写真

せっかくなので、ヒートケアアイロンの説明にもあった「78℃で多くの方が伸びると実感」を調査するために設定を80℃にします。

普通のストレートアイロンなら80℃なんて低い温度は使い物になりませんし、低すぎて設定すらできないアイロンもあります。

襟足の毛の写真

では襟足の髪の毛から。何もしていないのでうねっていますが、ヒートケアアイロンを使うと

襟足の毛をストレートアイロンで伸ばした写真

80℃という低い温度でも普通にクセが伸びました。

「おぉ」と言う感じ。

でも「コレって普通のストレートアイロンでも伸びるんじゃないの?」と思ってしまい、普段仕事で使っているストレートアイロンを80℃に設定して使ってみることにしました。

普通のストレートアイロンを80℃に設定した写真

ちなみにこのストレートアイロンは美容師が仕事で使うレベルのストレートアイロン。低下3万円ほどするものなので作りはしっかりしています。

普通のストレートアイロンで後頭部の髪の毛を伸ばした写真

コチラが業務用のストレートアイロンで後頭部の髪の毛をストレートアイロンで伸ばして状態の写真。

「伸び…た?」とよくわからなかったので、左半分だけをヒートケアアイロンで再度伸ばしてみると

普通のストレートアイロンを使った後にヒートケアアイロンで伸ばした文字入りの写真

コチラが左半分をヒートケアアイロンで伸ばしたもの。同じように80℃の設定なのですが、ヒートケアアイロンの方がクセが伸びているのが分かると思います。

低温で業務用ストレートアイロン以上に伸ばせるのは驚きましたね。

後ろ全体をヒートケアアイロンで伸ばした写真

コチラが後ろ半分をヒートケアアイロンで伸ばした状態。結構ちゃんとクセが伸びています。

右サイドのクセの状態の写真

次にクセの強かった右サイドを伸ばします。

サイドは80℃でやってみたところ、ちょっと温度が足りないと感じたので90℃に設定しました。
それでも多くの人が使う180℃の半分の温度。

乾いた髪の毛に90℃の熱ならダメージはほとんどありません。

右サイドをヒートケアアイロンで伸ばした状態の写真

コチラが90℃のヒートケアアイロンで伸ばした右サイドの髪の毛。大きくうねるようなクセもしっかり伸びました。

右サイドの仕上がりの写真

そのまま右サイドのクセを伸ばすとこのような仕上がりに。

90℃の低温でもびっくりするぐらいキレイにクセが伸びています。

左サイドの仕上がりの写真

コチラが左サイドの仕上がりの写真。キレイにまとまっています。

全体の仕上がりの写真

コチラが全体の仕上がりの写真。後ろも仕上げに90℃でアイロンをかけ直しています。

低温でストレートアイロンをかけたとは思えない仕上がりで個人的になんだか嬉しかったです。

高温で伸ばすのが良しとされるのは危険

海外製のストレートアイロンが多くなってきましたが、外資系ブランドのストレートアイロンで特徴的なのが、
「高温で素早くクセを伸ばす」というのを売りにしていることです。

ストレートアイロンは温度が高ければ高いほどクセが伸びるのも早いです。

動画などで紹介されていればきっと「お~なんだか簡単だし早そう!」なんて思うかもしれませんが、
それはあまりに短期的なものの見方です。

ストレートアイロンは毎日使う人だっています。

180℃を超えるような「超高温」を毎日髪の毛に使い続ければ、日に日に髪の毛はボロボロになってしまいます。

しかしストレートアイロンによっては低温ではほとんどクセが伸びないものもある。

このバランスがとても難しかったのです。

 

ちょっと触れても熱くなかった

ヒートケア低温アイロンを使っていて「いいな」と思った点が、100℃以下のアイロンとしてはとても低い温度で使うので、
ちょっとプレート部分に手が触れてしまった時でも、全然熱くなかったことです。

180℃の高温でストレートアイロンを使っていると、ちょっとでも指がプレートにあたっただけで
「アチッ」となります。

それが「あ!…あれ?」と全然熱くなかったのは、安全性の面でも素晴らしい点ですね。

もちろんずっと触り続けていれば熱いですよ。

 

乾燥を感じなかった

ヒートケアアイロンの公式でも「潤い」を重要視しているような宣伝を見かけました。

「ストレートアイロンで潤いってなんだよ」なんて思って使ってみましたが、
使ったら「潤い」の意味が分かりました。

高温で使うストレートアイロンは、髪の毛に使うと、毛の内部の水分が一気に蒸発してしまいます。

ジュワっという蒸気が出たりすることもあり、たくさん使うとどんどん毛が乾燥するのです。

 

しかしヒートケアアイロンは水が蒸発するかしないかの温度でアイロンをします。

髪の毛の水分をしっかり残したままクセを伸ばすことができる=潤い。なんだなと感じました。

実際仕上がりも、乾燥した静電気も全く起きず、ダメージを感じさせないまま仕上げられました。

 

唯一引っかかったポイントは

かなり良いところの多いヒートケアアイロンですが、1点気になったことがありました。

それは「仕事で使うにはコードが短い」ということ。

美容師が仕事でストレートアイロンを使うときは、コンセントからイスの後ろを通して髪の毛に使います。

なので業務用のストレートアイロンのコードはかなり長く作られています。

しかしヒートケアアイロンはあくまで家庭用。

家で使う分には十分なコードの長さですが、美容師が仕事で使うときは延長コードがあった方が良いですね。

 

今回使ったアイロン

今回使ったヒートケア低温ヘアアイロンの公式はコチラです。

ヒートケア低温ヘアアイロン

ちなみに、公式ページの中に「アンケートの答えると1万円割引き」というなんともありがちなセリフが出てくるので、
「おいおいコレ怪しいアンケートか?」なんて初め警戒しましたが、
なんてことはない、「このストレートアイロンをどこで知りましたか?」という質問なので安心してください。

ヒートケアアイロンのアンケート画像

こんなアンケートなので、大したものではありません。

まとめ

今回低温ヒートケアアイロンを実際に使ってみました。

普段は仕事でも160~180℃でアイロンを使うことが多いので、低温で使うダメージケアアイロンは新しい可能性を感じさせてくれましたね。

「ストレートアイロンで毎日の髪の毛の傷みが気になる」という方も多いと思いますが、
そんな時は髪の毛に負担の少ない温度で伸ばせるストレートアイロンはイイと思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です