生活

低価格 格安美容室なぜ安い?上手いのかどうか元従業員が激白

更新日:

仕上がりを確認するお客さん

みなさんはどのくらいの価格の美容室に行かれますか?

 

美容院は高いとことから安いところまでたくさんあります。

 

普通美容室のヘアカットは3~5千円前後。

高級サロンになると1万円以上になることもあります。

 

しかし、値段が高い=必ず上手い美容院とも限らないのです。

 

そして突如登場した千円台の低価格美容室。

 

「安すぎるけど技術は大丈夫?」「適当にカットされない?」
など不安に感じる人も多いはず。

 

そこで今回は実際に格安美容院で仕事をした経験のある私が、

  • 技術力(上手いのか下手なのか)
  • 料金設定の秘密
  • なんで安いの

の実際のところを激白しちゃいます。

「値段が安いから気になっている…迷っている…」という人はぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

低価格、格安美容室はどんなお店?

髪を切る美容師

低価格美容院はとにかく価格が安いのが特徴。

カットだけなら1000円~2000円台。

ヘアカラーとカットのメニューも驚きの2000円台~なんて激安です。

 

カット+縮毛矯正も3000円台~なんてお店まであります。

 

一般的な美容院はカットだけだと3000円~5000円ほど。

カリスマ美容師を指名するとカットだけで2万!なんてお店もあります。

 

「カットが半分の値段なら技術力も半分?」なんて不安になる気持ちもわかります。

しかし、必ずしも技術力と金額は比例するものではないのです。

 

技術力はファミリー向けかどうかによる

1000円カット…までとはいかないまでも、1000円台で年配の方から小さなお子様まで低価格で切ることだできるお店があります。

ファミリー向け格安チェーン店ですね。

 

ファミリー向けは予約を取らないお店がほとんどです。

 

この形態のお店でも働いたことがりますが、正直技術力は本当にバラバラです。

 

店長クラスの本当に上手な人もいれば、正直スタイリストとしてはまだまだ未熟。と感じる人までカットをしています。

この形態のお店は、入社してからカットできるようになるまでが短く、カラーやパーマ技術などより真っ先にカットを始めます。

 

美容師として経験が浅い人でもスタイリストになれてしまうので技術力がバラバラなのです。

 

もちろん、生活の事情などで入社した凄腕美容師もいます。

 

オシャレ向け格安美容室は上手な人も多い

ホームページを見ると、オシャレな女性の髪型がたくさん載っていたり、カッコいいモデルの男性の髪型がたくさん載っていたり。

いわゆる「若い人向け」「オシャレサロン」の格安美容院は上手な人が多いのが特徴です。

 

というのも、他の美容院でしっかりとヘアカラーやパーマ技術、そしてカットも勉強し、修行目的で働いている人が多いため。

独立までの前段階。といった目的で仕事をしている人が多いからです。

 

実際私も一緒に仕事をするなかで刺激になった部分が多く、本当に勉強になりました。

 

ただ、技術力の高い人が多いのですがちょっとした落とし穴があります。

 

どうしてこんなに安いの?

みなさんが気になるのが安さの秘密ではないでしょうか。

 

格安美容院が安い理由は

  • アシスタントがいない
  • 薬剤が安いものを使っている
  • 一番安いメニューが大々的に紹介されている

です。

 

アシスタントがいない

格安美容院の特徴の一つに「お手伝いをしてくれるアシスタントがいない」というものがあります。

 

普通は担当美容師さんの他にも、シャンプーをしてくれる人、カラーを担当してくれる人など分かれています。

しかし、そういったお手伝いをしてくれる人がいないので、はじめから最後まで1人の美容師が担当します。

 

その分、人件費を抑えることができるので価格を下げることができるのです。

 

もしアシスタントがいる低価格美容室があれば、ファミリー向けの可能性が高いですね。

 

薬は安いものを使っている

「ちょっとした落とし穴」の部分です。

 

ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正などの薬は、安いものから髪の毛のことを考えた高級品までピンキリです。

低価格美容室で扱っている薬はほぼ間違いなく値段の安い薬剤です。

 

私が勤めた美容院の薬の中には「良くこれで仕事してるな…」という薬剤までありました。

もちろんすべてがそうではないと思いますが、低価格重視の薬剤なのは間違いありません。

材料費を徹底的に下げることで価格に反映しているのです。

 

高級美容院は料金が高い分質のいい薬を使えます。

 

薬剤の差は、色の発色、髪への負担の大きさや頭皮への影響など、さまざまな部分に影響してきます。

 

なんだかんだ普通の値段になることも

もう一つは、低価格料金を全面的に出しているので安く感じるということ。

 

もちろん高額美容院よりずっと安いのですが、シャンプーをするのであれば追加料金。

毛先も含め全体を染めるのであれば追加料金。

髪の毛の傷みを考えて薬のランクをアップさせるのであれば追加料金。

トリートメントも追加料金。

 

と、あくまで広告されている低価格なのは一番安いメニューであって、選ぶメニューによってはなんだかんだ普通の美容院と大差ない。

なんてこともあります。

 

私の勤めていたお店の中には、ヘアカラーの質をあげると2000円の差。さらに毛先を染めると500~1500円のプラス料金。

 

縮毛矯正の薬なら、毛先が傷みにくい薬を使うと3000円の差。

という値段設定でした。

 

これだけ違えば普通の美容院とあまり変わらないですよね。

 

予約がいっぱいになって放置時間が長くなることもある

格安美容室はなんといっても薄利多売。

とにかく予約をたくさん取ります。

 

儲けが少ない分お客様をたくさん呼ぶ必要があるからです。

 

しかし、お手伝いをしてくれるアシスタントがいない。

 

時々起きていたトラブルは、予約が詰まりすぎてしまって待ち時間が長くなったり放置時間が長くなってしまうトラブルでした。

 

もちろん美容師側もそうならないように最善を尽くすのですが、それでも人の手。

どうしてもタイミングが悪く「濡れたまま何十分も放置された…」なんて失敗もときどき起きてしまうことなのです。

価格が安い分、了承いただく他ないのですが…

 

一人にかけられる時間が短くなる

本来なら、じっくりと考えて髪を見ながら慎重に…が理想なのかもしれませんが、格安美容院でコレはできません。

利益が少ない分、数をこなす必要があるので一人のお客様にかけられる時間も短くなります。

 

待ち時間さえなければ「あっという間に終わった」という人も。

人によっては「急がれた」と感じる人もいるかもしれませんが、考え方によっては「早く終わってよかった」という人もいます。

 

若い美容師さんが多い

「独立までの準備段階」として働く美容師さんが多いので、若い美容師さん20~30代の美容師さんが多いのが特徴。

そのためかお客さんの層も若い人が多いです。

 

小さい子供のお客さんが極端に少なく、ファミリー向けサロンを利用する親御さんが多いようですね。

 

格安美容室はこんな人に向いている

低価格美容院は

  • とにかく値段を安くしたい
  • 少し待たされても構わない
  • ヘアカラーのやパーマの質はそこまで気にならない
  • 最初から最後まで同じスタイリストさんに担当してほしい

こんな人に向いています。

 

一番メリットともいえる特徴はとにかく安いこと。

カラーもパーマもとにかくお金をかけたくない!

という方には向いていますが、さきほど説明した通りあくまで一番安いメニューが格安。

薬剤のランクや、施術ないようによっては一般的な美容室とそんなに大差なかった。なんてこともあるのでしっかりと確認してから予約をしましょう。

 

まとめ

格安美容室で働く美容師さんは、1人で全部こなすのでうまい人が多いです。

ただ、ファミリー向け格安美容院でも、元店長、元オーナーなどかなり上手な人もいます。

 

技術力の差は美容師によるところが多いですが、半額だから技術力も半分。なんてことはないので心配する必要ありませんよ。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

マタク

MatakuHair管理人 美容師歴:約16年、スタイリスト歴13年 都内経験を経て戻った現役美容師です。 ≪資格・免許≫美容師免許、管理美容師免許、色彩検定3級、ネイル検定3級(なんで取ったんだ…)

-生活
-

Copyright© MatakuHair , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.