けものフレンズ オセロットの髪型作ってみた

けものフレンズのオセロットの髪型を切ってみた写真

たーのしー!!

開発元も首をかしげるほどの人気になったアニメ『けものフレンズ』

今回登場人物(?)であるオセロットの髪型を切って作ってみました。

サーバルちゃんやかばんちゃんも作ろうかなと思ったのですが、とりあえず「できそう!」ということでオセロットを選びました。

スポンサーリンク

けものフレンズとは

『ジャパリパーク』という自然(?)を舞台に繰り広げられる動物達にスポットを当てたアニメ。

アニメや原作に関して詳しくは公式を見てください。

 

このアニメ。本当に謎のブームなのです。

と、いうのも通常アニメ制作は「ある程度売れるのでは?」というアニメはかなり力を入れて作り始めます。

声優や話の数、主題歌等々・・

しかしこのけものフレンズはフルCGアニメで制作陣も少人数。(なんとたった10人態勢)お金がたいしてかかっていなくて、DVDだって大量に作っていない。

つまり正直制作陣もここまで人気が出るとは思っていなかったそうです。

 

マンガ、ゲーム、アニメの3拍子で売り出していく予定だったようですが、漫画は2巻で終了。けものフレンズのゲームアプリ(バトルものらしい)まですでにサービス終了wこのような状態でアニメのスタートだったのです。

 

しかもアニメ中に動物園の素人さんの動物説明の音声まで入れてくる自由さw観ている方は普通にビックリします。

 

この”今までになかった感じ”が逆に人気の原因なのかな?

例えば”このすば”(この素晴らしい世界に祝福を)もそうでしたね。

ある程度有名な声優さんは使っていたものの、対して話題にはならないだろうと最初から最後まで作画があまりにw…

それに声優さんのアドリブっぽい部分などもあったり、自由な枠にはまらないアニメが流行っているのかも…

 

ま、それはさておき

今回はけものフレンズの”誰か”のキャラを作りたいな~なんて思って見てみると…

 

画像引用元:全てhttp://kemono-friends.jp/character/

 

これは…

 

サーバルちゃんはおでこあたりの『M』が無理…黒スプレーで代用できるが、それ以外をみると全体金髪であまり特徴もない…

カバンちゃん…普通のボブ…弱いクセがあるけど黒髪…

 

他のキャラは中々に色味が個性的すぎて無理だ…

 

と思ったら一人だけなんとかできそうなキャラクターを発見!!

 

それがこの子!!『オセロット』ちゃん

 

画像引用元:https://twitter.com/kemo_anime/status/821643839681261568

 

襟足部分がここまで長いウィッグがないので、長さは足りなくなりますが…実際にやるってなったらポイントのエクステでもできるだろうしね。

 

ただ…おでこ部分の模様難しいだろうな…

髪の毛って動くものだから、3次元での模様って崩れてしまうんですよね…

まぁそこだけ黒いライン入れるってのもありかな・・

とかなんとか考えながら、この子の髪型ならそんなに複雑じゃないし、特徴もあるからいけるかも!!

 

オセロットを作ってみた

参考にさせていただいた髪型や髪色は

けものフレンズ原作者である吉崎観音様のツイッターに投稿された写真のオセロットを基準に作っていきます。

オセロットは、ゲーム版やアニメ版(CG)など若干色やデザインが異なりますが、”髪型”として3次元に落とし込むとしたらこの画像が一番いいな。と感じたためです。

 

動画

カット

カット前

オセロットカット前の写真 オセロットカット前の写真 横

カット前の状態です。

サラウィッグと呼ばれるカットも何もしていない状態からスタートします。

 

長い部分を分け取る

襟足分を切らないように分け取っている写真

オセロットの髪型の一つでもある襟足部分の長い毛。この毛を切らないようにまとめます。

本来はかなり長いのですが、ここまで長さのあるウィッグを持っていなかったのでできるだけ残しておきます。

 

全体をカット

オセロットカット途中の写真 オセロットカット途中の写真 後ろ

ある程度切り終えた状態です。

ドライ

オセロットカット ドライ後の写真 オセロットカット ドライ後の写真 正面

重さがそのまま残っているので毛の量を減らして調節していきます。

毛量調節後

髪の毛の量を減らした状態 髪の毛の量を減らした状態 正面

ある程度スッキリしました。

背景を変えると

オセロットカット カット後の写真 オセロットカット カット後の写真 横 オセロットカット カット後の写真 後ろ

横から見た写真は、耳の部分をヘアピンで止めています。

分け取っていた長い部分を外すと…

オセロットカット カット後の写真 残していた襟足

なんだかえらくシュールですね…ちゃんといい感じになるのでご安心を!

 

カラー

カットがある程度終わったのでカラーに入ります。

全体をブリーチ

吉崎観音様がツイッターに投稿されていた画像に合わせてカラーをしていきます。

オセロットカット ブリーチ後の写真 オセロットカット ブリーチ後の写真 横

オセロットの場合は、黒い模様部分が特徴的ですが、それ以外はブリーチで問題なさそうです。

色を被せようかな~とも思ったのですが、無理にしなくてもいいかな…と判断。

ゲーム用に使われていたオセロットの場合はもっとベージュっぽい色なのですが、それはマーゲイを作る時にとっておきたいなーと。

 

黒い模様をカラー

襟足ともみあげを黒染めした写真 襟足が黒くなっている状態

サイドと襟足部分の黒い部分をグラデーション状に黒く染めていきます。

グラデーションにしないと全体とのなじみが悪そうなので濃い部分から徐々に。

 

前髪の模様も染める

本当は黒スプレーで作った方がキレイなのですが、それもな~と思い前髪の模様もカラーで染めました。

写真に撮っていないので、動画確認してください。

 

仕上げ

スタイリングはストレートアイロンでツヤを出しつつ形を作ります。

アニメっぽい質感に近づけるならストレートアイロンが細かい操作が可能なのでいいかなと。

オセロットカット 仕上げ後の写真オセロットカット ブリーチ後の写真 横 オセロットカット ブリーチ後の写真 後ろ

 

背景を変えると

オセロットカット 仕上げ 背景変え オセロットカット 仕上げ 背景変え 横 オセロットカット 仕上げ 背景変え 後ろ

こんな感じ。

でも…やっぱり髪型だけだとな…

 

ということで、

やっぱりいるよね!!猫耳!!

 

買いましたw

買った猫耳の写真 袋から出した猫耳

オセロットの耳は外が黒、中が白なのでできるだけ近い物を

猫耳+

オセロットに猫耳を付けた写真

 

オセロットに猫耳を付けた写真 正面 オセロットに猫耳を付けた写真 斜め前 オセロットに猫耳を付けた写真 横 オセロットに猫耳を付けた写真 後ろ

背景を変えて色をハッキリ

オセロットに猫耳を付けた写真 背景変え オセロットに猫耳を付けた写真 背景変え 正面 オセロットに猫耳を付けた写真 背景変え 横

できた!!

ここまで奇抜な髪型はリアルで作ったことないけど、デザインとして普通にカワイイ!

まとめ

いかがでしょうか。

けものフレンズの髪型第一弾!!(で終わる可能性もあるが…) オセロットでした。

 

反省点としては、もっと顔のカワイイウィッグを使いたかったなぁと(高いんだこれが…)

かなり極端な髪型ですが、実際の人間に作っても普通に良いのでは?と思う位素晴らしいデザインでしたね!流石は吉崎観音氏!

 

吉崎観音様のデザインしたけものフレンズのキャラクター達は本当に良く観察され、考えられたデザインだな~と感動の限りです。

アニメキャラの細かい動きや特長や生態をしっかし勉強されたうえで作っている。このあたりは監督である、たつき様の力も大きそうですが…

 

深夜枠だからこそ、「観る人を癒したい」という思いで作られたようですが、教育テレビや教育用教材のキャラクターとしても十分起用できるほどのクオリティーだと思います。

実際ツイッターでは子供たちがハマって観ている。という声も上がっています。

 

ただの1クールアニメでは勿体ない!!ぜひとも今後多方面での活躍を願います!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です