女性は匂いとカワイさ 男性は機能性でヘアケア商品を選ぶ人が多い

たくさんのヘアケア製品の写真

シャンプーやコンデショナー、ワックス剤や洗い流さないトリートメントなどなど。
皆さんは選ぶ時どんなことを基準に選んでいますか?

使ってみてよかったから?口コミが良かったから?

みなさん選ぶ基準はいくつかあると思いますが、今回はヘアケア商品を選ぶ時の男性と女性の大きな違いや特徴について紹介します。

もちろんヘアケア製品だけでなく、その他のさまざまな買い物も同じように特徴があります。

全員に当てはまる訳ではありませんが、高い確率で合っている人が多いハズです。

 

男性ならではの選び方、女性ならではの選び方にはとても特徴があります。

どちらが良い、悪いというのはないと思いますが選ぶ時のクセを見直すといつもよりさらにいい商品に出会えるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

男性と女性の商品選び

カワイイフレグランスボトルの写真

たくさんの男性、女性とヘアケア製品について話をしてきましたが、これほどまでに商品選びに差があるのだな。と驚きました。

もちろん男性的に選ぶ女性の方や女性的に選ぶ男性もいますが、全体を見ると間違いなく大きな偏りがあります。

 

シャンプー、コンデショナー、トリートメント、洗い流さないトリートメント、その他のヘアケア商品などは1つ1つ違います。

自分にピッタリのものを探すのが大変ですが、ついつい同じようなものを買ってしまう。ということはないでしょうか。

もちろん満足できていればいいのですが、少し見方を変えるだけでもしかしたらさらにあなたに合った商品を見つけられますよ。

 

女性の商品選びの特徴

フレグランスオイルの写真

匂いが最優先

女性のヘアケア製品選びに最重要なこと。それは「匂い」です。

どんないい匂いがするか。好きな匂いか。匂いが強すぎないかなどなど。

極端な話、匂いさえ良ければ、質の良し悪しはあまり関係ありません。

 

これは本能に起因することだと考えられます。

原始時代から、食べられるもの食べられないものなど、家庭を任されていた女性にとっては家族全員の死活問題。

本能で匂いが良いと感じる=新鮮で栄養価の高い物=質の良い物と考えるのです。

 

そのため女性は男性に比べて嗅覚が良い人が多いです。

髪の毛に匂いが付くことを考えても、いい匂いでいたい、嗅ぎたい。臭いにおいを嗅いでいたくない。といった選び方になるので
どんな匂いなのかはとても需要なのです。

 

女性向けのヘアケア製品には、フローラル系やローズ系、フルーツ系やアロマ系などなど多種多様な匂いがありますが、
男性向け製品には匂いのレパートリーは少ないです。

ミント系や無香、あっても柑橘系程度と種類が女性に比べると激減します。

その分男性は匂いをさほど重視していない。「臭くなければ」程度に考えている人が多い傾向にあります。

 

パッケージのかわいさ

女性は商品の見た目も重要。

例え質がどんなに良くても、シンプルなただのプラスチック容器に入った製品よりもカワイイ模様や形、見た目に華やかな製品を好んで使う人が多いです。

「これカワイイから」という理由で値段が少し高価でも中身が良いのかわからなくても買ってしまう人もいます。

部屋に置いておく物、お風呂場に置いておく物であれば見た目でカワイイ物を選んでしまう方も多いようです。

迷いが少ない

女性の商品選びはまさに「直感」。

「これが良い」と思ったら他にどんなものがあろうと、迷わず選んでしまう人が多いです。

逆に男性の場合は「これが良いな」と感じても「いや待てよ…もう一つのものと比べると…」と試行してしまう人が多くいます。

 

女性は「欲しい」と思った時に買いたい人が多いので、横から男性が「もう少しいろいろ比べて考えれば?」と言うと不快に感じてしまう方もいるようですね。

 

男性の商品選びの特徴

ハンドクリームの写真

 

どのような機能があるのか

女性に比べて男性は、匂いや見た目をさほど重視しません。

もちろん多少気にすることもありますが、男性向けのヘアケア製品にオシャレな外装で凝ったものはとても少ないです。

パッケージの色合いも青や黒や白などシンプルなものが多く、「どのような効果効能があるのか」というのをパッケージの表面にかかれているものがとても多いです。

「見た目」で説明するより「文章」での商品説明です。

 

「抜け毛を防ぐ」「かゆみを抑える」「スッキリ爽快」などなど。

それを使うことによって一体どのような効果効能があるのかを重視して選ぶ人が多いのです。

比較と検討して選ぶ

女性の商品選びの特徴は「直感」です。

「これが良い」と感じたら、その商品が欲しくなり購入してしまう方が多いです。

しかし男性に多いのは、1つの商品を見てもすぐには決めず、以前目にしたものと比べ、比較してからどちらを良いか選ぶ人が多いのです。

「この商品はこの部分がいいのか…」「しかしコチラのはこの部分が特徴か…」こんな感じ。

 

女性の「直感」に対して男性は「選択」なのです。

スポンサーリンク

自分にない部分を取り入れるのもいい商品選びの一つ

カワイイボトルの写真

さてさて女性の男性のヘアケア商品や買い物の仕方の特徴や違いを紹介しましたが、
正直どちらにも良い部分はありますし、どちらが悪いという話でもないのです。

ただ、自分にはない部分を取り入れてももう少しいい商品選びができるのではないかな?とも感じます。

 

例えば男性の場合。

男性は匂いやパッケージのかわいさ美しさを重視する人は少ないです。

機能や効能など具体的な効果を重視する傾向がありますが、もう少し匂いや見た目を重視してもいいのかなと。

 

例えば「匂い」。どうしても男性向けのヘアケア製品は香りが単調なものが多いです。

しかし女性は男性に比べて鼻が良い。

シャンプーやボディーソープの匂いを感じることができる人も多いので、近くにいる女性やパートナーの方に対してもいい匂いのする男性の方が印象は良いはずです。

 

パッケージなども、あまりに女性的すぎると「他の女性のもの!?」なんて勘違いをされてしまいますが、パッケージにこだわりつつも男性的なものなら「オシャレなものを使っているな」と感じさせることもできるはずなのです。

女性に対して良い印象を与えられればあなたのプラスになることは多いのではないでしょうか。

 

女性は、もう少し効果や効能を重視してもいいのではないかな?と感じます。

「私このシャンプーの匂いが好き」と選ぶのも決して悪いことではないと思いますが、髪の毛からいい匂いはするけど、
髪の毛がゴワゴワのギシギシになってしまっている。という方もいます。

絡みにくい、トリートメント効果の高いシャンプーを使えばゴワゴワに困らなくて済みます。

 

ヘアケア製品の匂いは香料でどんなものでも作れます。

いい匂い=髪の毛が良くなるシャンプーではないということを考えてあげれば毎日のお手入れがもっと楽ですよ。

乾燥したりギシギシゴワゴワするならシットリタイプのヘアケア製品を。
重くベタっとなりやすいのであればサラサラフンワリ、軽いタイプのヘアケア商品を選ぶと髪に合いやすいですね。

 

まとめ

女性の商品選びの特徴は
・匂い重視
・パッケージ重視
・直感で選ぶ人が多い

 

男性の商品選びの特徴は
・機能面を重視
・匂いやパッケージが決め手になる人は少ない
・「直感」よりも「選択」で選ぶ人が多い

男性なら匂いの良いヘアケア製品を使ったり、女性なら製品の中身を意識して選ぶと、さらにピッタリなヘアケア製品に出会える可能性が高くなりますよ。

異性の友人や恋人にアドバイスを求めてみるのもイイかもしれませね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です