男の縮毛矯正ってアリ?ナシ?メンズ縮毛おススメのかけ方と注意点

髪の短い男性の写真

くせ毛を真っすぐにすることのできる縮毛矯正。

「毎朝アイロンで伸ばすのが大変!」という方にとって縮毛矯正はとても便利ですよね。

女性が縮毛矯正をかけるのは良くある話ですが、男性の縮毛矯正はまだまだ馴染みが少ない様に感じます。

 

そこで今回は、男性が縮毛矯正をかけることがアリなのかナシなのか。そしてメンズ縮毛矯正をかけるときの注意点や、かける時のポイントなどを紹介させていただきます。

悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

メンズの縮毛矯正

ストレートヘアの男性の写真

男の縮毛矯正ってアリ?ナシ?

男の縮毛矯正はハッキリ言って全然アリです。

「男が縮毛矯正をかけても大丈夫…?」と悩む方もいますが、美容室では男性の縮毛矯正もたくさんいらっしゃいます。

クセを伸ばせるので朝が楽になりますし、ストレートアイロンを使ってクセを伸ばす人は結局出来上がりが同じなので、縮毛矯正だからダメ。というのも良く分かりませんからね。

それに男性の方は女性の方に比べるとカラーをされている方が少ないです。

ダメージが少ない髪の毛に縮毛矯正をかけるので、キレイに仕上がりやすいですよ。

 

どんな癖でも伸ばせる

クルクルの髪の毛の子供の写真

縮毛矯正はどんな強いくせの髪の毛でも伸ばすことができます。

本来”縮毛”というのは縮れた毛という意味。その毛を矯正するのが縮毛矯正です。

「僕のクセが強すぎるからかけられるか不安…」と言う人も心配する必要ありませんよ。

個人差でかかるまでに時間がかかる方もいらっしゃいますが、様々なタイプのクセを伸ばすことができるのが縮毛矯正なのです。

 

長さに注意

ショートヘアの男性の写真

クセが気になる!と縮毛矯正を考えた時、男性で気を付けなければいけないのが髪の毛の長さです。

男性は女性に比べて極端に短いヘアスタイルの人が多いです。

縮毛矯正は髪の毛を抑えながらストレートアイロンで挟まないとできないので、短すぎると技術的に難しくなってしまうのです。

邪魔なほど長くする必要はありませんが、4~5cmより短い部分にしっかりかけることは難しいですね。

それに、短すぎるとあっという間に全部生え変わってしまうので、せっかくお金をかけてやった縮毛矯正がすぐになくなってしまった。というようなことが起きてしまうのです。

例えば
男性のショートヘアの髪型の写真男性のショートヘアの髪型横の写真 男性のショートヘアの髪型後ろの写真例えばこのような男性のスッキリしたヘアスタイルの場合、
トップや前髪には長さがあるので縮毛矯正をかけることができますが、
縮毛矯正ができない部分の写真 縮毛矯正ができない部分の写真
このオレンジ色の〇があるあたり。
サイドや襟足は髪の毛の長さがないので縮毛矯正をすることができません。あくまで一例なので、心配な方は一度カウンセリングをしてもらいましょう。

スポンサーリンク

かける場所に注意

下を向いている男性の写真

「クセが気になるからできるだけまっずぐな方がいい」という気持ちも分かりますが、男性の縮毛矯正は注意してかけないとバランスがわるくなってしまうことがあります。

それはトップの部分。

縮毛矯正を気を付けるトップの部分の写真

写真でいうとこの部分ですね。

縮毛矯正をかけると髪の毛全体のボリュームが落ち着きます。

そのためトップを真っすぐにしすぎてしまうと、ペタンコの髪型になってしまい、横が膨らんで見える。というヘアスタイルになることがあるので注意しましょう。

 

全体のクセがそこまで強くないのであれば、トップの部分は外して、前髪や顔回り、後ろにかける。もしくはトップはアイロンで伸ばしすぎない。などの工夫があるとバランスが良くなります。

このあたりはヘアスタイルによって何とも言えないので、担当美容師さんとよく相談しましょう。

 

かけなおしの周期は?

縮毛矯正の質問で多いのが、「次はいつごろかけた方がいいですか?」というのもの。

縮毛矯正は髪の毛への負担が大きいパーマなので、頻繁にやりす過ぎるのはよくありません。

せめて3ヶ月程度は空けましょう。2か月だと、かけてくれる美容室もありますが、「早すぎる」と断る美容師さんもいます。1ヶ月だと早すぎますね。

根元の部分のクセが出てくるので気になると思いますが、
髪の毛が傷んでしまうと毎朝のスタイリングも大変になってしまうのでグッと我慢です。

 

まとめ

まとめ
・男性の縮毛矯正は全然アリ!
・短すぎるとかけられないかもしれないので注意。担当する美容師さんにかけられるかどうか聞いてみましょう
・トップを真っすぐにしてしまうと人によっては四角い頭になってしまうことも。癖の状態を見ながら担当と相談を
・次の縮毛矯正までは大体3ヶ月以上開けましょう。美容室によっては2か月ぐらいでかけ直してくれるところもあります。

男性の縮毛矯正はなんだかお願いしにくいと思われている方もいますが、美容師の世界ではいたって普通のこと。
気にする必要なんてありませんよ。

クセを伸ばすために毎朝ストレートアイロンは本当に大変。

朝のスタイリングを楽にするためにもぜひおススメです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です