シャンプー

シャンプーの水増しは危険がいっぱい 今すぐやめたほうがいい理由

投稿日:

シャンプーボトル

私、現役で美容師をしていますが、以前シャンプーの開発に関わったことがあります。

そのときに開発メーカーの方に「シャンプーを水増し??ダメダメ!腐っちゃうよ!!」という恐ろしいことを言われました。

 

今回はそんなシャンプーの水増しの危険性について紹介します。

 

ただし、水増しすべてが危険というわけではありません。

安全性を高くして水増しできる方法なども合わせて紹介しますね。

 

スポンサーリンク

シャンプーの水増しが危険な理由

水の出ている蛇口

防腐効果が落ちて腐りやすくなる

シャンプーは開発の段階で、腐らせる実験を行います。

どれくらいの期間で劣化し、腐ってしまうのかを専用の機械を使って調べるのです。

 

その時に適切な防腐剤の量を決めます。

防腐剤は、腐るのを抑えてくれる効果があり、防腐効果のない製品は”危険”なので発売できません。

 

水増しをすると、シャンプーの量が増えます。

しかし、その分防腐剤はどんどん薄くなり、腐りやすくなるのです。

 

自然派の方には何かと悪者にされてしまう「防腐剤」ですが、腐ったものをつかうことほど危険なことはありません。

 

シャンプーであれば目や口に入ったり、顔にかかります。それが腐ったものであれば健康被害につながる…

安全性を高めるためにも防腐剤は必要なのです。

 

 

お風呂場はものが腐りやすい!

みなさんシャンプーやコンディショナーはお風呂に置きっぱなしにしますよね?

 

お風呂場は温度も高く、湿度も高い。

家の中で一番と言っていいほど、物が腐りやすい環境なのです。

 

雑菌だらけのシャンプーを使うことになる

シャンプーが腐ってしまうと、雑菌が繁殖します。

 

想像するだけでも気持ちが悪いですが、皮膚感染症などのリスクも高まります。

 

特に頭がかゆくなりやすい、フケが出やすい人、小さなお子さんは要注意。

 

節約のためにと水増ししたのに、それ以上にリスクを冒すことになります。

腐ってしまったものを使うことにメリットは一つもありません。

 

泡立ちが悪くなりシャンプー効果が弱くなる

水増しすることで、シャンプーの界面活性剤も薄くなります。

洗浄力も弱くなってしまい、泡立ちも悪くなります。そのため、汚れが残る原因にもつながります。

 

特にヘアワックスなどスタイリング剤を付ける人は、残してしまうと酸化して皮膚トラブルのもと。

キチンと落としてから寝ることが大切です。

 

雑菌や汚れが原因で頭皮の悪臭につながる

腐ってしまい、さらには洗浄力も弱くなったシャンプー。

頭皮に雑菌がつき、必要以上に皮脂も残ってしまうと酸化し、悪臭につながります。

 

頭皮のニオイは自分では気が付きにくいもの。

「この人頭がクサい」なんて思われないためにも水増しはおススメできません。

 

 

シャンプーを水増して安全に使う方法

自然派シャンプー

これまでに、シャンプーを水増しして使う危険性を紹介しました。

防腐効果を1つ1つ調べる機材がないので、自己責任になってしまうのですが、安全性を高くしてシャンプーを水増する方法があります。

 

シャンプーを小分けにして使う

全体が腐りやりやすくなってしまうため、シャンプーボトルに直接水を入れるのは絶対におススメしません!!

 

そうならないためには、小分けにしてシャンプーが腐ってしまう前に使いきってしまえばいいのです。

 

100円均一などで小さなシャンプーボトルを用意する。

その中に数日で使いきれる分のシャンプーを入れ、水を足すだけ。

 

ただし、この方法はとても大切な条件があります。

 

保管は冷蔵庫

水増しすると防腐効果が下がってしまいます。

さらに、シャンプーのイオン濃度も変わってしまうので成分バランスが崩れ腐りやすくなります。

 

しかし、それはあくまでお風呂場に置いておくからです。

 

ものが腐りにくい冷蔵庫に入れておけば、使用期限を延ばすことができます。

 

これは、化粧水などにも使われる方法。

防腐剤の入っていない化粧水にこだわり原料から作る場合、必ず冷蔵庫で保管すします。

 

薄まったとはいえシャンプーの中には防腐剤が残っているので、腐ってしまう前に使いきれば特に問題がないハズです。

※繰り返しますがあくまで理論上の話で、正確に研究機材を使って調べたわけではありません。(個人の力では無理デス…)

 

シャンプーが冷えているので、手の平で温めてから

冷蔵庫で保管したシャンプーはキンキンに冷えています。

そのまま頭にのせて冷たくなるのも体がビックリしてしまうので、手のひらにだして温めてから使いましょう。

 

しっかり泡立てて使おう

シャンプーの水増しは洗浄力を弱くします。

 

シャンプーの中には、「毎日使うには洗浄力が高すぎる」と感じるものが多いのも事実ですが、
ヘアワックスやスタイリング剤を使うんであればしっかり落として寝る必要があります。

 

水増しシャンプー1回では、洗浄力が足りない可能性があります。

 

泡立ちが悪く、汚れが落ちていないと感じたら2回シャンプーをしてしっかり落とすことを心がけましょう。

 

まとめ

今回はシャンプー水増しの危険性についての紹介でした。

シャンプーの水増しは絶対にやってはいけないわけではありません。

 

水増しによって起こるデメリット(腐る、洗浄力が弱くなる)をクリアしてしまえば使えます。

 

ただ、そのためには小分け、冷蔵庫など腐りにくい環境での保管、汚れによっては2回シャンプーが必要になります。

 

メリットもあればデメリットもあるので、低価格のシャンプーの水増しは、手間がかかってしまう分おススメしません。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

マタク

MatakuHair管理人 美容師歴:16年。現役美容師。 都内3店舗、横浜1店舗、新潟2店舗を経験。現在地元にて現役美容師を続けています。 メンズ、20~40代女性、キッズなど幅広い年齢層から評価をいただいています。 得意技術は縮毛矯正やヘアカラー、カットなど。 髪質に合わせてスタイル、薬剤を提案させていただきます。

-シャンプー
-

Copyright© MatakuHair , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.