簡単に髪の静電気を抑えて起きにくくする方法

静電気の起きている女性の写真

「髪をクシで梳かすと凄い静電気が」
「静電気で髪の毛が広がる」
「バチバチする」
「クシ通りが悪い」

こんな悩みでお困りではないでしょうか?

このページでは、髪に静電気が起きてしまう原因と改善方法を紹介させていただきます。

「広がるしまとまらない!」という方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

髪の毛の静電気

髪の毛が絡まるからクシで梳かしていたら静電気が起きてきて逆にまとまらなくなった。

特に髪の長い女性にはこのような経験はあるのではないでしょうか。

 

「髪の毛の長い女性ならみんな静電気が髪の毛に起きてしまうものなの?」
「しょうがないことなんですかね?」

という質問を頂いたことがありますが、実は静電気が起きやすい髪の毛、起きにくい髪の毛というのはあります。

 

『静電気が起きにくい髪の毛』に近づけることで対処可能なのです。

 

髪の毛に静電気が起きてしまう原因

まずはこの静電気が起きやすい原因と理由を紹介させていただきます。

後で対処法、改善方法を紹介させていただきますがそれぞれ意識するだけでも静電気を減らすことが出来ます。

 

髪の毛のダメージ

傷んだ髪の毛は、髪の持っているキューティクルが損傷してしまっています。

キューティクルは髪の外側を覆っている重なり合った膜のようなもの。キューティクルが傷ついてしまうと髪の毛の内部から水分や栄養が外に流れ出やすくなってしまいます。

 

そのため髪の水分量、油分などが減少してしまい静電気を帯びやすくなってしまいます。

 

冬場の乾燥

特に室内にいる機会が多い人は実感したことがあるかと思いますが、冬場は非常に乾燥しやすい時期です。

季節的にもそうですが、特に室内でエアコン、ヒーター等を使う機会が多くなるため室内の水分を奪ってしまい乾燥がより一層進んでしまうのです。

 

そのため髪の毛の水分量も低下してしまいます。

 

「夏場は気にならなかったけど冬場になるとやけに乾燥する」という方は室内で使われている暖房機器が原因です。

 

目の細かいクシで梳かしている

目の細かいクシで梳かしていると、目の粗いクシに比べて静電気が起きやすくなります。

この原因は、目の細かいクシの方が一回の梳かしでより多くの髪の毛とクシがこすり合ってしまうためです。

特に

目の細かいクシの写真

この程度まで細かいクシで梳かしてしまうと簡単に静電気が起きてしまいます。

濡れている時も乾いている時も注意

クシで梳かした時に目に見えて静電気が起きやすいのは髪の毛が乾いている時です。

水分がほとんどない状態で目の細かいクシでしっかり梳かしてしまうとすぐに静電気が起きます。

起きやすい人はたった一回梳かしただけでも。

 

そして意外に注意しなければいけないのは、髪の毛が濡れているとき。

髪の毛が濡れている時というのは髪にまだ水分があるため梳かしても静電気が起きません。

 

しかし、濡れている髪の毛というのはキューティクルが開いてしまっているので外部からの刺激に弱くなっています。

その状態で目の細かいクシで沢山とかしてしまうと、キューティクルの剥がれや髪の毛のダメージに繋がります。

 

そのため「濡れている時はいいけど、乾かしたら静電気が起きた」このような状態が起きてしまうので両方ともに注意が必要です。

スポンサーリンク

髪の毛の静電気対策方法

静電気が起きやすくなる状態がわかったところで、髪の毛の静電気が起きにくくなる方法を紹介させていただきます。

 

髪の毛のダメージには洗い流さないトリートメント

髪の毛にカラーをしている。パーマをしている。縮毛矯正をしている等で髪の毛がダメージしてしまっている人は多くいらっしゃると思います。

 

髪の毛にダメージを与えたつもりがない人でも夏場の紫外線の影響などで髪の毛のキューティクルが損傷してしまっているケースもあります。

 

では一体どうればいいのか。

髪の毛のダメージによる静電気対策でもっとも即効性が高い改善策は『洗い流さないトリートメント』を使ってあげることです。

 

今まで使っていなかった。という人は翌日髪の毛を梳かした状態がかなり違うのを実感できるかと思います。

そして「いやもう私使っているよ」という人は、きちんと良質なものを使ってあげることをお勧めします。

 

変な商売っ気を出しているとかではなく、実際に市販されているものを自分が使った時、ただベトベトしただけ。という商品に当たったことがあるので、それを洗い流さないトリートメントと思ってほしくないのです。

 

美容室向けメーカーから開発されている洗い流さないトリートメントもネットを使えば市販品とほとんど変わらない値段で買うこともできるので、入口のハードルは今や低いのではないでしょうか。

やはり質の良い洗い流さないトリートメントを使ってあげた方が髪の状態が良くなるので静電気もより起きにくくなります。

 

 

もし「すでに良質なものを使っている」という方の場合は他の静電気対策を見直していきましょう。

 

乾燥による静電気

冬場は室内でヒーターやエアコンなど暖房機器を使う機会が多くなり、部屋が非常に乾燥しやすい季節です。

ひと昔前まではストーブの上に水の入った夜間を置いておくことで、沸騰→水蒸気が起きることで自然と部屋を加湿し、乾燥対策がされていましたがエアコンやヒーターではそれは難しいです。

 

そこで便利なものは『加湿器』。

やはり室内に水分を与えてあげることが乾燥による静電気対策の近道になります。

 

ただ、もし置くとしても自分の部屋だけでいいと思います。

肌の乾燥を考えれば、仕事しているオフィスのデスクの上や仕事場などに加湿器を置くのが良いと思いますが、髪の毛をセットしたり乾かしたりいじったりするのは殆ど自室。

「髪静電気凄いな~」と感じるのもほとんど部屋での出来事だと思うので、冬の間だけでも加湿器による乾燥対策は有効です。

 

クシで梳かすと起きる静電気対策

目の細かいクシで梳かすことへの静電気対策で最も効果的なのは、クシを見直すこと。そして梳かし方への注意です。

 

目絵の細かいクシというのは確かに一回梳かした時に沢山の絡みを取ることが出来ますが髪の毛に多くの『テンション(引っ張ることへの緊張状態)』がかかってしまい負担も大きいです。

 

そのためおススメなのは『目の粗いクシ』や『静電気除去能力のあるブラシ』で梳かすこと。

 

目の粗いクシというのは

目の粗いクシの写真

このようなクシ。

目の一つ一つの間隔が大きいので、梳かした時の髪の毛への負担が非常に少なくなります。ただ一回梳かしたときに取れる絡みは少なくなるので時間は少しかかります。

 

そしてもう一つは梳かすと同時に静電気を取り除いてくれるブラシ。

静電気除去ブラシとも言いますが、洋服用。髪の毛ようとあるので間違えないようにしてください。

 

静電気除去スタイリングブラシ
池本刷子工業
こちらは髪の毛用 静電気除去ブラシ

 

梳かし方のコツは

梳かし方ひとつでも静電気が起きやすい、起きにくいというのは差が出てきます。

 

まず濡れている時というのは髪の毛は非常に弱くなっています。そのため濡れている時に絡みを取るのであれば『できるだけ優しく』梳かしましょう。

髪への負担を減らすためにも、まずは全体を手クシで梳かしてからブラシやクシを使ってあげるのもいい方法です。

 

強く引っ張ったり、ガシガシ梳かすようなことは避けましょう。

 

そして乾いている時も同じく優しく。

もしも乾かした状態で絡みがあったら毛先の方から徐々に絡みを取る様に梳かしましょう。

根元のほうから一気に絡みを取ろうとすると乾いているとは言え髪の毛への負担が大きくなりそのまま静電気に繋がります。

 

まとめ

いかがでしょうか。髪の毛に静電気が起きる原因とそれぞれの対策方法を紹介させていただきました。

 

もちろん静電気が起きている原因が一つは限らないので、心当たりがある人はぜひいくつか方法を試してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です