「ノンシリコンシャンプーって髪にいいんですか?」を分かりやすく説明

花と女性の写真

以前にもシリコンやシリコンシャンプーについての記事はかかせていただきましたが、
かなり長い文章になってしまい読みにくかったのであらためて分かりやすくまとめてみました。

 

少し前までは「ノンシリコン」を売り文句にたくさんコマーシャルが流れていましたね。

雑誌でも色々なノンシリコンシャンプーが取り上げられたことで知っている人も多いはず。

 

しかしどの宣伝広告もまるで『シリコンが悪者』のように紹介しています。

「シリコンが入っているとよくないよー」
「シリコンが毛穴に詰まるよー」

 

あまりにシリコンの本当の姿を、効果を知らない人が多いので分かりやすく説明しますね。

スポンサーリンク

「ノンシリコンシャンプーって髪にいいんですか?」

二人の子供の写真

シリコンってなに?

みなさんが「シリコンシャンプー」「ノンシリコン」と呼んでいるシリコンは、正しくは『シリコーン』のことです。

シリコンはシリコーンが加工される前のものなので、普段皆さんが関わる機会があるものは全てシリコーンです。

 

ただ、皆様にわかりやすくするためにもここはシリコンで説明していきますね。

 

シリコンの原料として使われているものは、人体にとって安全なミネラルオイルです。

髪の毛に付けることで皮膜が作られ、を髪表面コーティングしてくれる効果があります。

 

コーティング効果によって静電気が抑えられたり、外からの刺激から髪の毛を守ってくれる効果があります。

 

実はと~っても優秀なヘアケア成分。

今はシャンプーに入っていることはほとんどなくなりましたが、トリートメントやコンデショナー、リンスには必ず入っています。

ヘアケアにおいてなくてはならないものなのです。

 

原料がオイルということもあり水をはじく効果があります。

コーティングと言っても、水蒸気や空気は通してくれるので髪の毛の負担になることはありません。

 

シリコンの効果

シリコンの髪の毛への役割をまとめると

・髪の毛にツヤを出す
・髪の毛の静電気を抑えてくれる
・髪の毛の指通りをよくしてくれる
・髪の毛をやわらかくしてくれる
・余計な水分をはじいてくれる

このような効果があります。

これだけたくさんの効果を髪の毛に与えてくれる保護成分はなかなかありません。

シリコンシャンプー

シャンプー剤の写真

シャンプーの主な成分

シャンプーは色々な種類のものが販売されていますが、そのどれも

・水
・界面活性剤
・髪の毛の補修、コンディショニング成分
・防腐剤・香料

このような仕組みで作られています。上から配合量の多い順番です。

 

それぞれをどのような成分にするかによって髪の毛の仕上がり、頭皮の状態が変わるのです。

シリコンはこの中でも「コンディショニング成分」に位置します。

 

シャンプーの良し悪しを決めるのは界面活性剤

シャンプーの中身で一番多いのは「水」です。

中には特殊な水をつかっているシャンプーもありますが基本的には変えようがありません。

そこで大切になってくるのが、その次に多く入っている「界面活性剤」。洗浄成分のことですね。

 

界面活性剤にどんなものを使うのか。これがシャンプーの特徴、良し悪しを決める最大のポイントです。

いくら髪の毛の補修成分、コンディショニング成分でいいものを使って、いい匂いのシャンプーを作っても洗浄成分がボロボロならシャンプー自体もボロボロのものが出来上がります。

 

強すぎる洗浄力に気を付けよう

シャンプーを選ぶ時はみなさん色々な基準があると思います。

選び方は自由だと思いますが、もし「良いシャンプー」に出会いたいのであれば洗浄成分の強すぎないシャンプーを選びましょう。

 

洗浄力の強いシャンプーは頭皮や髪の毛の必要な油まで取ってしまいます。

油がなくなり過ぎると、髪の毛が乾燥してしまったり頭皮に異常が起きてしまうなどのトラブルにつながることもあるので、
「どんな洗浄成分をつかっているのか」を考えるのはとても大切なことです。

 

どんな成分に気を付けたらいいんだろう

界面活性剤の良し悪しについては

こちらの記事にまとめさせていただいてあります。

ただ、「読むのが大変だ」という方のために分かりやすく説明します。

このページでは大まかに説明するので違う部分があるかもしれませんので、余裕のある方は上の記事から確認してみてください。

 

高級アルコール系 せっけん系 アミノ酸系
洗浄力 強い 強い 弱い
記載名 ラウレス硫酸ナトリウム
ラウリル硫酸ナトリウム
スルホン酸ナトリウム
カリ水石鹸素地
脂肪酸ナトリウム
脂肪酸カリウム
グルタミン酸~
グリシン
サルコシン
メチルアラニン
メリット  皮膚への刺激が少なく、
マイルドな洗浄成分。
ベビー用に使われることもある
 生分解性が高いので余計なものが
頭皮に残りにくくアトピーの方に
すすめられることがある
 泡立ちや洗浄力がとても高いので
1回のシャンプーでもしっかりと汚れを落とせる
デメリット 洗浄力が弱いので、しっかり汚れを
落とすには2回シャンプーが必要に
なることも
 洗浄力が高いので髪の毛がキシキシする。
対で売っている酸リンスやコンデショナーなどは
必須。
毎日シャンプーする日本人には洗浄力が強すぎる。
皮膚トラブルなどが起きる可能性も高くなるので
オススメはできない。

 

もちろん他にも界面活性剤はたんさん種類があるので、これらはほんの一部です。

気を付けるべきは高級アルコール系界面活性剤ですね。

 

”高級”なんて書いてあるとまるで質の良い物に聞こえますが、脱脂力が高く皮膚トラブルが起きやすい界面活性剤がたくさんあるので注意してください。

スポンサーリンク

シリコンは安全性がとても高い

シリコンは美容外科手術で体内に入れることができるほどとても安全なものです。

 

よく「シリコンは毛穴につまる」と言われていますが、人間の毛根は絶えず新陳代謝を繰り返しているのでシリコンが詰まって残るなんてことはありません。

マイクロスコープに写っているのはただの皮脂です。

 

シリコンは人工物のなかでも特に珍しい人体にほとんど害がない成分なので、髪の毛や頭皮に付くことへのデメリットはほとんどありませんよ。

ただ、傷んだ髪の毛には多く付きやすいので配合量が多いとベタベタした感じになりやすいのでその点は注意。

 

本当に良いシャンプは―そもそもシリコンは入っていない

シャンプーの良し悪しを決めるのは、「シリコンが入っているのかいないのか」ではありません。

「どんな界面活性剤を使っているのか」です。

 

良質な洗浄成分は洗うだけで髪の毛がシットリするものもあります。

そんなシャンプーならワザワザシリコンを入れてコンディショニングする必要ありませんよね。

 

『本当に良いシャンプーはそもそもシリコンが入っていない』これが正解ですね。

 

まとめ

シリコンについては今までいくつか記事を書かせていただきましたが、あらめて皆さんにできるだけ分かりやすく。という意味で今回書きました。

ほんの少し前まではシリコンを毛嫌いする方が多かったですが、だんだんと正しい情報が世に広まって来たのかあまりその話題を聞かなくなりました。

 

専門的な知識がない方はテレビや雑誌などメディアの情報で主に判断するかと思います。

しかし、そのメディアの情報が間違っている。ということも充分あり得るのです。

 

シリコンへの誤解が解ければきっとみなさんのシャンプー選びにも選択肢が増えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です