オーガニックカラーとは 頭皮に優しい?髪が傷まないはウソ?

ハーブの写真

「オーガニックカラーで染めれば髪の毛が傷まない」
「オーガニックカラーなら地肌に優しい」
「オーガニックカラーは植物成分でできている」

みなさんはオーガニックカラーについてどんな印象をお持ちですか?

美容室や市販品ヘアカラーのパッケージでもよくみかけるオーガニックカラー。

今回はそんなオーガニックカラーとはどんなものなのか。そして、みなさんがオーガニックカラーについて誤解していること
などを紹介します。

「オーガニック」と聞くと優しくて質の良い印象を受けますが、注意しないと大きな事故につながることもあるのです。

 

スポンサーリンク

オーガニックカラーってどんなヘアカラー?

ラベンダーの写真

オーガニックカラーは大きく分けて2種類

今現在日本で染めることのできるオーガニックカラーは2種類あります。

それは、「100%純粋なオーガニック系植物でできているヘアカラー」と「オーガニック植物を使ったヘアカラー」の2種類です。

 

100%純粋なオーガニックヘアカラーはヘナを使ったヘナカラーのこと。

一般的なアルカリを使ったヘアカラーではなく、ヘナの染色力を使ったヘアカラーです。

扱っている美容室は少なく限られています。

 

そしてもう一つのオーガニックカラーというのは、植物成分を多く使ったヘアカラー剤のこと。

コチラのヘアカラーは、オーガニック系植物の配合が多いと言っても、全て植物成分でできているわけではありません。

髪を染めるための成分は普通のヘアカラーと同じです。

 

オーガニック系のカラートリートメントもありますが、そちらも同じです。

 

使われている成分は様々で、

  • ローズマリー
  • セージ
  • ノバラ
  • カミツレ
  • シアバター

などなどハーブ系が中心です。

オーガニック原料を使うことで「オーガニックヘアカラー」と名乗ることができますが、化学的な染料の効果で髪の毛を染めます。

 

オーガニックカラーは刺激が弱いなんて嘘?

「オーガニック」というとなんだか優しくて安全なイメージですが、かといって必ずしも
オーガニックカラー=優しくて安全。というわけではありません。

 

ヘナを使ったオーガニックヘアカラーなら、一般的なヘアカラーよりもアレルギーの心配も少なく、髪の毛も傷みません。

地肌への影響も少ないので確かに安全性は高いと言えます。

 

しかし、扱っている美容室が少なく、純度100%のピュアへナで染めると必ずオレンジ色になってしまいます。

 

最近ではヘナの染まる時間を早くするためにジアミンを入れたり、色を変えるためにヘナ以外の染料を使った「ヘナ」もあります。

ジアミンや混ぜられることの多いインディゴはアレルギーの可能性もある成分なので注意が必要。

 

そして、ヘナではない「オーガニックカラー」は、植物成分が多いとは言えあくまで一般的なアルカリカラーです。

アルカリカラーにはジアミンとアルカリが使われるのでアレルギーや刺激になる可能性アリ。

 

なので「オーガニックカラー」=「必ず安全」とは言えないのです。

 

 

最近では「香草カラー」「薬草カラー」というような、ヘナに近いアルカリ剤を使わないヘアカラーも登場しましたが、
ジアミンがたくさん使われているので、髪の毛のダメージはなくても、アレルギーの可能性は十分にあります。

 

オーガニックカラーをメーカ―に確認してみた

美容室向けのオーガニックヘアカラーを作っているメーカ―様に「オーガニックカラーとは?」を確認しました。

確認した内容は

  • オーガニックカラーだから地肌に優しい?
  • オーガニックカラーだからアレルギーが起きにくい?
  • オーガニックカラーだから安心できる?

この3つ。

みなさんがオーガニックヘアカラーに考えるイメージで多いものをピックアップしました。

そしてメーカ―様からいただいた返信が

・オーガニックカラーだから地肌に優しい
・オーガニックカラーだからアレルギーが起きにくい
・オーガニックカラーだから安心できる上記3点に関しましては、そういったことはございません。弊社オーガニックカラーにも、アルカリ剤やアレルギーの原因となりうる酸化染料を使用しております。普通のカラーとオーガニックカラーの違いでございますが、オーガニックハーブエキスを配合することで保湿力が高まり、
より毛髪へうるおいを与えるので、まとまりある仕上がりになるかと存じます。
以上簡単ではございますが、回答とさせていただきます。

このような返信を頂きました。この場を借りて返信いただいたことを感謝いたします。お忙しい中ありがとうございます。

 

この回答の通り、オーガニックヘアカラーの中にもダメージの原因になるアルカリ剤や、アレルギーの原因になる成分は入っている。
ということ。

オーガニック原料を使うことで、使った後の髪の毛の潤い、まとまりにつながる。というものなのです。

 

マニキュアヘアカラーで「オーガニック」と書かれているものもありますが、マニキュアはそもそも頭皮につけずに使いますし、
元から安全性が高いヘアカラーなので、オーガニックかどうかはさほどヘアカラーの質に関係ないのです。

 

ヘアカラーのでノンシリコンかどうかなんて関係ない

オーガニックカラーにの説明によく書かれているのが、「ノンシリコン処方」という言葉。

みなさん「ノンシリコン」と聞くと、安全そう、地肌に良さそう。なんて印象を持たれるかもしれませんが、
最近の研究ではシリコン自体が頭皮に悪影響を及ぼすことはない。という研究結果がでています。

つまり、ヘアカラーの中にシリコンが入っているか入っていないか。というのは良し悪しに無関係。

 

もっと言ってしまえば、もともとヘアカラーの中にシリコンなんて入っていないものが多かったので、いまさらノンシリコンと言われても…
という感じです。

 

そもそも”オーガニック”ってなに

そもそもオーガニックってなんだ?ですよね大切なのは。

大切なことですが、いま現在日本において化粧品関係のオーガニックの基準はありません。

 

食品に関しては有機栽培など、オーガニックかどうかを認定する「有機JAS認定機関」というものがあります。

しかし食品以外にはオーガニックを認定する機関が存在しないので、あいまいなままです。

 

ヘアカラーなどの美容製品や化粧品は「この商品はオーガニックですね」と認める機関がないので、
1種類でも植物性原料を使っていたら”オーガニック”を名乗るということができるという
超がつくほどあいまいなのが日本の現在の「オーガニック」なのです。

 

海外ではそんなことはありません。

しっかりとオーガニック認定機関というのが用意されており、厳しく査定が行われ審査を通過したものだけがオーガニックを名乗ることができます。(ドイツ、イギリス、フランス、スイスやオランダなどヨーロッパが中心)

ただ、国によってオーガニックの基準がバラバラというのも事実ですが、すくなくとも認定機関があるだけ日本よりしっかりした基準です。

 

「オーガニックの認定機関に認められたもの」
という宣伝文句も見かけますが、これは、「オーガニック認定機関に認められた成分を使っているだけ」というものがほとんどで、
その製品自体が認定機関に認められたわけではない。というものがほとんどなので、安全性のためにもよく確認しましょう。

 

スポンサーリンク

基準があいまいな分丁寧に作っている製品も多い

さてさてここまでの説明で、日本における化粧品や美容品系の「オーガニック」があまりに基準が適当。

有機栽培されたハーブや植物成分をなにか1つ加えているだけでも「オーガニックです」と名乗ることができる。というのが分かって頂けたかと思います。

 

これだけ聞くと何だかオーガニック製品が怪しい物のように感じてきますが、
「オーガニック」を名乗る色々なヘアカラー剤の多くが、肌への刺激、匂い、髪への影響などに気を付けて作られているのが多いというのも事実です。

 

オーガニックという基準があいまいなだけに、使ってもらって「オーガニックっぽさ」を感じてもらう必要があるから。だと考えられます。

オーガニックと言われて頭に塗ったら刺激が強くて臭いも強い。じゃ”自然っぽい”印象からかけ離れてしまいますからね。

 

このように、「オーガニックと名乗る以上しっかりしたものを」という良い製品もあるので、一概に悪いとも言えませんね。

 

本当の意味でのオーガニックヘアカラー

様々な薬草の写真

髪の毛が傷まない 地肌に安全はピュアヘナだけ

多くの方がイメージする、髪が傷まない、アレルギーがほとんど起きない、地肌に良いといった「オーガニックカラー」は
100%ヘナのピュアヘナだけです。

ヘナは必ずオレンジ色になってしまうので、植物染料のインディゴを入れて色を変えたものもありますが、
ヘナに比べてインディゴはアレルギーが起きやすい成分です。

必ず起きるわけではありませんが、頭皮の安全を最優先にするのであればインディゴが入っていない、もしくは割合が少ない方が良いですね。

 

そしてヘナを使うときはジアミンが入っていない確認しましょう。

ジアミンが入るとヘナの染まりが良くなりますが、アレルギーの可能性が高くなってしまうので注意が必要です。

 

個人的におススメなヘナが、コチラのマックヘナのナチュラルオレンジ。
実際に使って染めたことがありますが、分かりやすい説明所なども入っているので使いやすいです。
ただし、ナチュラルオレンジ以外の色はインディゴが混ざっているので、よく確認してから使うようにしましょう。
ナチュラルオレンジは100%ヘナだけのピュアヘナです。

 

オーガニックと書いてあるからと言って必ずしも良い物ではない

今回私が伝えたかったのは、日本においてオーガニックと書かれているからと言って、必ずしも良質、安全、健康的なものとは限らない。ということです。

 

「安全で健康なものを」という気持ちは分かりますが、過度にこだわり過ぎる必要はないと思います。

もちろん、ヘアカラーのアレルギーがある方はヘナで染めると安全性が高いです。

しかし、他にもマニキュアやカラートリートメントであればアレルギーは起きにくいですし、「オーガニックだから安全」と決めてかかると、
思いもしなかったトラブルが起きる可能性もあるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はオーガニックカラーについて紹介しました。

今回この記事を書いたきっかけになったのが、担当した方に
「私はオーガニックカラーで毎回染めているから、髪の毛は傷んでいないの。だからしょっちゅうヘアカラーしている」
という方がいらっしゃったからです。

ヘナで染めているのであれば確かに髪の毛は傷みませんが、話を聞くとどうやら普通のアルカリを使ったヘアカラー。

 

残念ながらお客様の勘違いなのです。もちろんそれで本人様が満足しているのであれば特に問題はないわけですが…

 

しかし、「きっと他にもオーガニックカラーについて勘違いしている人が世の中にたくさんいるな」と。

 

日本の”ボタニカル”や”オーガニック”の基準をもっと明確にできる機関があれば、曖昧なのでイメージで決めてしまう人も出てくるはずなんですけどね。

現在日本でも、海外と同じようにオーガニック認定機関を作ろう。という動きがあるようなので個人的には応援したいところですね。

 

 

≪関連記事≫

合わせて参考にしてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)