うねるし広がるぺッタンコ 梅雨の髪の毛の悩みの理由と解決方法

雨の日の女性の写真

ジメジメする…蒸し暑い…どんよりする…

梅雨は毎年生活しづらい時期ですよね。

 

特に梅雨に問題なのは髪の毛。

梅雨は髪の毛が

「うねる」
「広がる」
「クセが出る」
「ボリュームが多くなる」
「ペッタンコになってボリュームが出ない」

こんな声をよく聞きます。

 

そこで今回は、梅雨時期に髪の毛が上手くまとまらない理由と、対策方法を紹介させていただきます。

6月7月は髪の毛が上手くスタイリングできない!という方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

梅雨は髪の毛がうまくまとまらない

梅雨時期に髪の毛がまとまらない理由。
それは『湿気』、そして『髪の毛が水分を吸ってしまう』この2つが大きな原因。

特に、髪の毛が水分を吸ってしまうということに気を付けることで、うねる、広がる、ペッタンコになりにくい髪になることができるのです。

 

湿気とキューティクル

梅雨時期は雨が続くので湿度がとても高く、特に6~7月は1年でもっとも湿度が高い時期です。

外に出ても室内にいてもジメジメしてしまう時期ですね。

 

髪の毛は傷めば傷むほど水を吸いこみやすくなります。

髪の毛はダメージを負うと、髪表面のキューティクルが傷ついてしまい、水をはじくことができなくなってしまうのです。

 

 

空気中の湿気を髪の毛が吸ってしまい、クセがでてしまうのです。

かなり極端な例えですが、お風呂上がりの髪の毛の状態ですね。

 

髪の毛が濡れていた方がクセが出ない。という方もたまにいますが、ほとんどの方が濡れるとクセが出るタイプの髪の毛ですね。

 

アイロンやコテも落ちてしまう

ストレートアイロンやコテ巻きをされる方はたくさんいると思います。

クセを伸ばしたり、髪の毛にカールを付けることができて便利なのですが、熱で作っただけのクセなので水気にとても弱いです。

 

髪の毛を濡らすとアイロンなどで作ったクセが完全に取れてしまうのと同じように、髪の毛が空気の中の水分を吸ってしまうことで緩んだり落ちてしまうのです。

 

「せっかく前髪にストレートアイロンをしたのにクセがすぐでてきた」

というは、ストレートアイロンの良し悪しのせいではなく、その日の天気や湿度によって大きく左右されてしまうからです。

 

梅雨の日ヘア対策

髪の毛を乾かす時は上から下へ

毎日のシャンプー後、ドライヤーのかけかた一つで髪の毛が広がりやすくなるか収まりやすくなるかが変わります。

 

髪の毛を乾かす時は皆さん

正面からドライヤーをかける人の写真

この写真のように真正面からドライヤーを当てていませんか?

鏡を見ながら乾かすとほとんどの方がこのように乾かしていると思います。

しかし真正面からドライヤーの風を当てると、後ろ向きに風をあててしまうので外ハネしやすくなるのです。

 

理想はこの写真のように、上から下に向かって風が当たる様にドライヤーを使うこと。

真上からドライヤーの風を当てる写真

手を回して、下を向きながらドライヤーを使うとやりやすいです。

この向きなら風が上から下に向かって流れるのでキューティクルが毛羽立ちにくく外ハネしにくいのです。

 

洗い流さないトリートメントをつけよう

髪表面のキューティクルが傷ついている状態は髪の毛が水分を含みやすくなっています。

開いたキューティクルから髪の中に水分が入ってしまうのです。このことを親水性が高くなるといいます。

 

逆に傷んでいない髪の毛は、疎水と言って水分をはじいてくれます。

 

傷んだままの髪の毛のままでは多くの水を吸ってしまうので、あらかじめ油分で髪をコーティングしてあげることで髪の毛の広がりやクセがたくさん出るのを抑えることができます。

 

お風呂場で使うトリートメントも効果はありますが、即効性を求めるなら洗い流さないトリートメントが一番。

前日の夜、入浴後乾かす前に使ったり、朝髪を少し濡らしてから使っても効果があります。

 

濡らした髪の毛に適量を付けて手や目の粗いクシで伸ばして乾かしましょう。

 

ベビーオイルでも大丈夫

もしも洗い流さないトリートメントが好きになれない方は、ベビーオイルでも替えが効きます。

ベビーオイルは鉱物油でできていて、洗い流さないトリートメントと同じように油分を与えて髪表面の保護をすることができます。

 

とても安くてコストパフォーマンスが良いのですが、もともと髪用ではないので付けすぎるとベタベタになるので気を付けてください。

スポンサーリンク

巻き髪はスプレーを使おう

雨の日や湿気が多い日の巻き髪はとても取れやすいです。

巻いただけ。ではすぐにカールが取れてしまうので、巻き終えたら必ずヘアスプレーを使ってセットを長持ちさせましょう。

 

前髪のストレートも、髪が短いとすぐに真っすぐなクセがとれてしまうので、軽めにスプレーを付けてあげるとクセが出にくくなりますよ。

 

ストレートブラシアイロン

個人的にお勧めしたいのが、最近人気が高くなっているストレートブラシアイロン。

ブラシの形をしたアイロンで、大きくうねるようなクセを簡単に伸ばすことができます。

ストレートブラシアイロンについて詳しくはコチラにまとめてあります。

 

ストレートアイロンは全体をしっかり真っすぐにするのに向いていますが、ストレートブラシアイロンはブラシでブローをしたような自然なストレートにすることができます。

 

他にもストレートアイロンは細かく毛束を分け取って少しずつ伸ばす必要がありますが、アイロンブラシなら髪の毛を一気にブローできるのでとても便利です。

それにストレートアイロンでプレスするわけではないのでダメージも少なくて済みます。

 

ストレートブラシアイロンは梅雨に関わらず毎日の寝癖直しや髪をまとめたいときにおススメなのですが、一つ欠点をあげるとすると、
ショートヘアの方はストレートアイロンじゃないと使いにくいかもしれませんね。

 

ペタンコになってしまう髪の毛は根元を起こすように乾かす

梅雨時期は多くの人の場合、髪の毛が広がったり膨らんだりします。

しかし、逆にペタンコになってボリュームがダウンしてしまう人もいます。

 

その方たちの特徴が、細毛で軟毛という方。

髪の毛が湿気に負けてしまい重くなり下に引っ張られるのです。

 

ペタンコになってしまうの髪の毛の人は乾かし方が広がる髪の毛と少し違います。

 

意識しなければいけないのは、根元を起こして乾かすこと。

 

広がりを抑えるためには上からドライヤーの風をあてて乾かしますが、このやり方をやってしまうと余計にペタンコになってしまいます。

なので、まずは根元を起こすように。

特にトップの毛を意識して、

根元を起こすように乾かす写真

この写真のように根元近くを立ち上げるように乾かしましょう。

これで根元が浮き上がります。

 

そのままでは毛先がバサバサしてしまうので、毛先は上からドライヤーをあてて乾かして終わりです。

 

特にトップ部分の根元の立ち上がりがあるかないかで、全体はペタンコに見えるかどうかが決まるので意識してみてください。

 

ボリュームアップスタイリング剤も便利

ヘアケア製品の多くは広がる髪の毛を抑えたり、まとめたりすることのできるものですが、
逆にボリュームをアップさせることができるものもあります。

 

 

髪の毛のトリートメント成分でコラーゲンとケラチンというものがあります。

コラーゲンは髪の毛をシットリさせて広がりを抑えることができるのですが、ケラチンは髪の毛にハリコシが出やすくなるので逆にボリュームをアップさせることができます。

 

ヘアケア剤の中でもケラチンを含んでいるものを選ぶと髪に合いますね。

ちなみに紹介させていただいているスプレーにはケラチンは入っていませんが、代わりに皮膜形成成分が入っているので、その効果でボリュームをアップさせることができるようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は梅雨の日の広がる、パサつく、まとまらない、ペッタンコになる髪の毛の対策方法を紹介させていただきました。

大切なことは、髪の毛に余計な水分を吸収させない。ということ。

 

髪の毛は乾燥させすぎもいけませんが、水分の量が多すぎてもまとまりにくいです。

これは広がって膨らむ髪質の方もペタンコになってしまう人も同じです。

 

そのためには洗い流さないトリートメントが一番簡単で効果的。

髪の毛表面を油分で保護してあげることで余計な水分の吸収を抑えることができます。

 

そして乾かし方にも注意。

キューティクルの向きに合わせてドライヤーを使うことを意識することで、乾かしあがりの髪の毛の状態を良くすることができます。

 

ジメジメした髪の毛が上手くまとまらない時期ですが、髪質に合わせたヘアケア方法で乗り切りましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です