ヘアカラー

リタッチカラーは傷まない?普通のヘアカラーとの違いをプロが解説

投稿日:

ヘアカラーをお得に染める方法の1つ「リタッチカラー」について紹介します。

リタッチカラーを知ることで、毎回のヘアカラーをお得に、そして髪の傷みも少なくすることができますよ。

 

リタッチカラーにおススメの頻度など、みなさまに役立つ情報なので参考にしてください。

 

スポンサーリンク

リタッチカラーってどんなもの?

根本にヘアカラーがついた髪の毛

フル(全体)カラーとの違いは?

「リタッチカラー」とは、前回のヘアカラーから新しく生えてきた髪の毛を染めることです。

 

毛先は染めずに、黒く伸びた部分を根元に合わせて染める。

これがリタッチカラーです。

 

フルカラーは全体染めのこと。

髪色を変えたり、今の髪色より明るく、暗くするときに便利なヘアカラーです。

 

リタッチカラーは傷まない?

リタッチカラーは、髪の毛のダメージを最低限までおさえたヘアカラーです。

 

新しく生えてきた健康な部分だけを染め、すでにヘアカラーがされている(傷んでいる)部分には薬を一切付けません。

 

必要のない部分には一切ダメージを与えないので、髪の毛は傷みにくくなります。

 

リタッチカラーの色は?

リタッチカラーは、色抜けした髪の毛に色を合わせる必要があります。

 

プロがお客様の髪の毛をリタッチカラーするときは、ほとんどが「ブラウン」や「ライトナー」という色を使います。

ブラウンは茶系の自然な色。抜けた髪色にもなじみやすいのが特徴です。

 

ライトナーは髪を明るくすることだけが目的のヘアカラー。

アッシュやピンク、オレンジなどの色が一切入っていません。そのため、色抜けした髪の毛と合わせやすいのです。

 

もちろん美容室で「リタッチカラーをアッシュに」「リタッチカラーをピンクに」という注文もできます。

 

しかし、毛先の色が抜けて茶系の色になっているのに根本だけ色味があるのは不自然ですよね?

あまりおススメできる方法ではありません。

 

リタッチカラーの料金は?

リタッチカラーの料金は、全体染めよりも安いお店がほとんどです。

 

美容室側の手間も、使う薬も少ないので、値段を下げることができます。

 

髪全体の色を変える必要はないし、伸びてきた黒髪を染めることができれば満足。という方にピッタリのヘアカラーです。

 

リタッチカラーだけで染め続けるとどうなる?

リタッチカラーで伸びてきた黒い部分を染める。

そしてその繰り返しで毛先を傷めることなく全体の明るさをキープすることもできます。

 

しかし、正直この方法はあまりおススメできません。

20㎝の髪と30センチの髪

例えばこの髪の毛を例にしてみます。

左のボブのような髪の長さが約20センチ、右のセミロングが30センチだとします。※目安です

 

単純計算1ヵ月1㎝髪が伸びるとします。(正確には約1.2㎝)

すると、20センチの髪なら毛先は2年前に生えた髪の毛、30センチの髪なら3年前に生えた髪の毛ということになります。

 

すべてをリタッチカラーで染め続けたとすると、ボブなら2年間毛先は1回染めたまま、セミロングなら3年間です。

 

それだけ日にちが経ってしまうと、初め暗めのブラウンだったとしても、どんどん明るくなり黄色っぽく色抜けしてしまいます。

 

お世辞にもキレイな色とは言えなくなってしまうので、定期的に全体カラーで染めて、まとまりのある色にすることをおススメします。

 

リタッチカラーのベストな頻度は?

リタッチカラーのベストな頻度はズバリ「長くても2ヵ月以内」です。

理想は「1.5か月以内」です。

 

これにはキチンと理由があります。

 

人間の髪は、根本から0㎝~1.5㎝の長さは、体温の影響でヘアカラーが染まりやすくなります。

しかし、1.5㎝より長くなってしまうと、根本側より染まりにくくなってしまうので、色を合わせるのが難しくなります。

 

色を合わせるのが難しくなるということは、ムラになりやすくなるということ。

 

1.5㎝=約1.5か月で伸びる長さ、どんなに遅くても2㎝=2か月以内。という意味なのです。

 

 

美容室でも「リタッチカラーは根本1~2㎝まで、それ以上髪が伸びているとフルカラー扱い」といった決まりがあるお店もあります。

ちなみに私の美容室でも「リタッチカラーは前回のカラーから2ヵ月以内」です。

 

髪を傷ませず、かつ毎回のヘアカラーをキレイにするためにも1.5か月~2ヵ月以内のリタッチカラーを行いましょう。

 

 

市販のヘアカラーでリタッチカラーはできる?

市販のヘアカラーイラスト

市販のヘアカラーを使って自分でリタッチカラーをするときは、全体を染めるのではなく、目立つ顔回りや生え際だけにしましょう。

そして、必ずクリームタイプを使います。

 

泡カラーは伸びがよくて塗りやすいですが、リタッチカラーは生えてきた部分だけを染めなくてはいけません。

 

伸びすぎて余計なところについてしまうのを避けるために、細かく塗れるクリームタイプがおススメです。

 

そして、頭全体のリタッチカラーをセルフで行うのはプロでも無理です。

 

鏡を見ながら塗りやすい、そして1番プリンが気になりやすい生え際と分け目だけを染めるようにしましょう。

 

その際、ヘアカラーの明るさ選びを間違えてしまうと、根本が明るくなりすぎてしまうこともあります。

薬選びも含めて。プロにおまかせするのをおススメします。

 

リタッチカラーのメリットとデメリット

リタッチカラーのメリット

  • フルカラーよりも値段が安い
  • 毛先を染めないので、必要以上のダメージを避けることができる
  • 全体の雰囲気や色を変えずに済む

 

お店ごとのクーポンやメニューにもよりますが、全体染めよりリタッチカラーのほうが安いことがほとんどです。

手間も時間も材料も少なくて済むので、価格を下げることができるのです。

 

そして、すでに染まっている部分には薬を一切付けません。

ヘアカラーの薬を付けない個所は傷まないので、必要最低限のダメージで染められます。

 

もし、「今現在の髪の明るさや雰囲気が気に入っている」のであれば無理に毛先を染める必要はないですよね?

プリンになって黒くなってしまっている部分を染めるだけで、色がまとまりさらにキレイになりますよ。

 

 

リタッチカラーのデメリット

  • 暗くしたり明るくしたりなど、髪の毛全体の色を変えることができない
  • 毛先の色はそのまま
  • リタッチカラーだけを続けていると毛先が明るくなりすぎる

 

リタッチカラーは毛先に薬をつけないため、色はそのまま。

髪全体を暗くしたり明るくするためにはフルカラーが必要です。

 

そして、抜けた髪色はやや黄色い茶色のような色になります。

「色の抜けた髪が好きじゃない」「色に飽きた」という人は一度全体カラーをしましょう。

 

リタッチカラーだけを続けることもできますが、さきほども説明したように、毛先は少しずつ明るくなります。

一度定期的に全体染めすることをおススメします。

 

まとめ

今回はリタッチカラーについての紹介でした。

色を変える必要がないのであれば、伸びてきた根本を染めるだけでもキレイになります。

 

特に、毛先には一切薬剤を付けないので、毛先が今以上に傷むことはありません。

 

合わせて、値段が安くなり、時間も短くなるのも魅力。

 

染めていない髪の毛が長すぎると、「リタッチカラー」として染めてくれないお店がほとんどです。

 

お得にキレイに繰り返したいなら、1.5か月、どんなに長くても2ヵ月以内に染めることをおススメします。

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

マタク

MatakuHair管理人 美容師歴:約16年、スタイリスト歴13年 都内経験を経て戻った現役美容師です。 ≪資格・免許≫美容師免許、管理美容師免許、色彩検定3級、ネイル検定3級(なんで取ったんだ…)

-ヘアカラー

Copyright© MatakuHair , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.