縮毛矯正をキレイにキープする方法 折れ目が付かないように注意

髪の毛がストレートの女性の写真

クセ毛を治すのにとても便利な縮毛矯正。

せったく高いお金をかけて縮毛矯正をしたのであれ一日でも長くキレイなストレートを維持したいですよね。

 

しかし縮毛矯正の後には注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

それを守らないと…

「折れ目のような跡が付いてしまった」
「クセがでてきた」

などの失敗例が実際に起きているのです。

 

そこで今回は、そんな縮毛矯正後の失敗を防ぐためにも「縮毛矯正をかけたあとに気を付けるべきこと」を紹介させていただきます。

定期的にかける人や初めてかける人はぜひとも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

縮毛矯正

パーマは髪の毛にカールを付けますが、縮毛矯正は真逆。

クセを伸ばして真っすぐにすることができます。

 

「どんな強いクセでも伸ばすことが出来る」という特長があり、以前に黒人の女性の方のクルクル毛を真っすぐにしたという経験もあります。(時間はかかりますが)

 

どんなクセでも伸ばすことが出来る反面、とても強いパーマの種類になります。

扱い方を間違えると、かけ終わった後でも変な跡やクセが付いたりすることがあります。

 

そんな”変なクセ”や”変な跡”が通過ないように気を付けた方がいいポイントを具体的に説明させて頂きます。

縮毛矯正後の注意点

かけたてはヘアピンやヘアゴムで長時間止めない

縮毛矯正は真っ直ぐにするためのパーマです。

全部が真っすぐなのに髪の毛が一部が途中で折れていたりするととても不自然。

 

折れ目が付く。ということに関しては細心の注意を払いましょう。

 

そんな折れ目の原因の最大の原因が、ヘアピン、ヘアゴム、ヘアクリップなどです。

 

 

縮毛矯正に限らずパーマ系はかけた後48時間は不安定な状態。

 

その間に大きく形を変化させることを髪の毛に行ってしまうと極端に変化しやすいのです。

 

縮毛矯正後に時々あるのですが、職場や学校の関係でヘアゴムで縛らなければいけなかった。

しかし外した後に縛った場所で折れ目がついてしまい、洗っても折れ目が取れなくなってしまった。

 

そいう失敗談。

 

これはまだ髪の毛が不安定な時期に、ヘアゴムで強く結んでしまった跡がついてしまったのです。

 

これを取る方法は残念ながら再度縮毛矯正を欠ける必要があり、この場合美容室でのお直しはできません。(美容師側の問題ではないため)

 

そして前髪を止めるためのヘアピンも気を付けましょう。

小さいとはいえ髪をはさむ力は強力です。

 

前髪の部分に折れ目が付いてしまうと、正面から見た時に不自然になります。

スポンサーリンク

それでも結ばなければいけない場合

とはいえ縮毛矯正のために規律違反をすることはできませんよね。

 

そんな方の為に髪の毛に跡が付きにくい結び方を教えます。

 

それは
・強く縛らない
・太めのゴムで結ぶ

この二つです。

 

髪の毛をギュっと縛って結ぶとどうしても強い力がかってしまいます。

なので指が1~2本通せる程度の力で縛ってあげるのです。

 

指が全く入らない程のゴム絞めは強すぎます。ゴム絞めが強すぎなければ跡はつかずに済みます。

 

合わせて、細いゴムだと髪をしっかりしばることができますが、こちらも結ぶ力が強すぎ。

太いゴムにして髪の毛にかかる強さを和らげてあげることで折れ目を防ぎやすくなります。

 

高級なものでなくても100均一で売っています。

 

約48時間不安定な時期が続くので、最低二日はこの二つを守りましょう。

(余裕をみて1週間行えばなお良い)

 

一週間ほど経ってしまえばそれまでと同じ方法で結んだりピン止めしていただいて問題ありません。

コテで巻かない

良く質問を受けるのですが、「縮毛かけた翌日に毛さきをコテで巻いても大丈夫か?」という質問。

 

この答えは「巻かない方がいい」です。

 

縮毛矯正が不安定な時に大きく形を変化させるようなことをすると、変化させたクセが残ってしまうことがあります。

せめて2日はコテ巻きは避けた方がいいですね。

 

ストレートパーマは?

ストレートパーマは縮毛矯正と違いアイロンの高熱を使いません。

ですが同じパーマ施術であることには変わりないので同じように約48時間ほどは大きく形を変化させるような行動は避けた方が数か月ごの髪の毛がキレイです。

 

かけた当日はシャンプーしない

縮毛矯正をかけた日に美容師に「今日はシャンプーしないでくださいね~」と言われたことはないでしょうか。

 

これはかけたての髪の毛がまだ不安定なので、シャンプーやドライヤーなどの大きく形が変化するようなことは避けてくださいね。という意味で言われるのです。

 

昭和のころにあったミスターハビットという縮毛矯正は極端で、「絶対に2日洗ってはいけない」というものでしたが薬剤の研究も進み、現在ではそのよう様なことはありません。

 

ただ、念のために。という見合いではありますが当日のシャンプーはやめた方が良いですね。

 

もしスタイリング剤などを使ってしまい気持ちいのであれば、とにかく良く乾かして寝る。ということを忘れないでください。

 

まとめ

今回は縮毛矯正をキレイにキープするための生活方法に付いてまとめさせていただきました。

 

特に気を付けていただきたいのは空気での酸化がおわるまでの48時間。

 

かけてから1週間は不安定な時期は続きますが、特に安定していないこの2日間をどう過ごすかによって数か月後の髪の毛の状態が変わってきます。

 

せっかく高いお金を払ってしてもらうのであれば一日でもキレイな状態をキープしたいですもんね。

 

もし気になることや分からない事はコメント欄から質問頂ければなんでも答えるので言ってくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です