頭皮がうごかないとハゲる??頭蓋骨の成長によって髪の毛が抜ける可能性あり

男性の頭が写った写真

「頭皮が動かないとハゲる…」
こんなうわさ聞いたことありませんか?

頭皮が動く人は薄毛にならないで頭皮が動かない人は薄くなりやすい…

 

私もこの話を聞いたときは

「どうせ迷信でしょ」

なんて聞き流していましたが、実は最近の研究であながちまったくのウソでもないようなのです。
普通は「一体何の関係が?」と思われると思いますが、この迷信めいた話にとても深くかかわるのが
『頭蓋骨』

そして
『頭蓋骨の成長』

この2つのキーワードがとても大きく関わるのです。

スポンサーリンク

頭蓋骨の成長にともなう抜け毛

子供から大人になるにつれて体重が増え筋肉の量が増えそして骨が成長していきます。

 

頭の中には脳があり、脳の大きさも成長に合わせておおきくなります。

そして脳が大きくなるのに合わせて頭蓋骨も成長していきます。

 

女性は20歳 男性は30歳

体と脳の成長に合わせて大きくなる頭蓋骨。

平均すると女性は20歳前後。男性は30歳ほどまで続くと言われていて、その後成長は止まります。

※中にはわずかに成長が続く人もいる

 

頭蓋骨の成長は慎重に合わせて大きくなり、身長が伸びるのが止まると頭蓋骨の成長も止まります。

 

頭蓋骨が大きくなる分には問題ないのです。

しかし抜け毛に深くかかわるのが頭皮。つまり皮膚です。

 

皮膚の成長が追い付かない

現代の人間は進化に合わせて脳の大きさがはるか昔の人類よりも大きくなっています。

脳が大きくなるということは頭蓋骨も大きくなります。

 

しかし、頭皮の成長は、頭蓋骨と共に成長するのではなく、20歳ほどでほとんどが止まり、30歳ほどで完全に止まります。

 

風船で例えると、外側を包んでいる膜が大きくならないのに、中の空気がどんどん送り込まれているような状態。

 

中が膨らんでくると当然外の膜は薄くなって硬くなっていきますよね。

これと同じことが頭皮に起こるのです。

 

 

 

頭皮の中を流れる血液は、人間の毛細血管の中でも1、2位を争うほど細いものです。

 

ただでさえ細い血管が頭皮に合わせて引っ張られ、中には完全いせき止められるものもあるでしょう。

 

すると血流の流れが悪くなり、毛穴や毛髪、毛根 などに本来運ばれるはずだった栄養の運搬が妨げられ髪の毛の成長を妨害してしまい、脱毛や薄毛の原因になってしまうのです。

 

このページの初めで紹介させていただいた
『頭皮が動かないとハゲる?』

というのはまさに、頭皮の成長が頭蓋の成長に追い付かず、頭皮が張ってしまっている人は頭皮が動かない。

そして張っている状態が続くと頭皮への血の流れも悪くなってしまうので、薄くなる可能性がある。ということにつながるのです。

 

イギリスでの発表

本を読む女性の写真

頭蓋骨の成長と抜け毛の関係は2009年にイギリスで発表されている内容なのです。

 

 

米国ハワード大学の解剖学者シャートン・ヤング博士の実験では、
『猿の頭皮を人為的に引っ張ってみると、引っ張られた頭皮部分の毛髪は脱毛症状が見られた』ということも報告されています。

 

全身の皮膚の成長は大体20代前半で止まってしまうのですが、男性の頭蓋骨に関しては頭を使えば使うほど発達し、最大約40代頃までは成長します。

 

お客様を見ていて

ここからは多くの人の頭皮を見てきた個人的な感想を踏まえての意見です。

 

今まで数万人の方の頭をみてきましたが、抜け毛に悩む人の頭蓋を触ってみると平均よりも大きい人が多く、逆に頭蓋の小さい人の場合(頭の小さな人)は髪の毛が多く残っている人の割合が多いと感じます。

※円形脱毛症は例外(原因が解明されていない)

 

しかしこのことを考えると、いかに髪の毛にとって『血液』が大切なのか分かると思います。

 

 

抜け毛予防には血液の流れが大切

血液の中には髪の毛の発毛、成長に関わる全ての栄養が含まれているといっても過言ではありません。

 

言い換えると、血液の流れのないところに髪の毛は生えません。

 

いくら発毛のための細胞が頭皮にあったとしても、細胞を動かすための燃料がなければ髪の毛にできないのです。

 

血液の流れを良くするためには

・頭皮のマッサージ
・しょうがなどの体温を上げる食べ物
・タバコをやめる
・質の良い睡眠
・湯船での入浴
・栄養バランスの良い食事

このような生活が大切。

逆に

・インスタント食品やスナック菓子類
・過度なストレス
・シャワーだけの入浴
・タバコ
・脂の多い食事

このような生活は血液の流れを悪くしてしまいます。

 

普段の何気ない生活ももしかしたら抜け毛の原因になっているかもしれません。

 

まとめ

頭皮の成長、皮膚の成長、それに伴う血管の縮小と血液の流れが悪くなる。

これらは残念ながら自分の力でコントロールできません。

 

しかし、頭蓋骨の成長にともなう抜け毛の最も大きな原因は『血の流れがわるくなる』ということ。

 

血液が大きく関わるというのが分かっているのであれば自分の力で改善策を行えます。

 

男性型脱毛症(AGA)の治療ではミノキシジルという血液の流れを良くする薬が使われるほど。

しかしミノキシジルは薬を飲んだり塗ったりという”楽”な反面、体への副作用や負担があります。

 

血液の流れを良くするには、体温の温まる食事やマッサージを意識的に行うことでも十分改善できますので、まずは自分でできることから始めてみましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です