学生で白髪が生えた時の対策法 小学中学高校生の若白髪

髪の毛を気にする学生の写真

小学、中学、高校生で若白髪が生えてしまった。

どう対処したらいいのか分からない。という方もいいのではないでしょういか。

 

今回は、若白髪で困っている学生のために、実際にあったケースを元に対処法を紹介させていただきます。

合わせて気を付けるべき点も紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

学生の若白髪どうしたらいいの!

困っている学生の写真

自分自身が、子供が、若白髪が生えてきた。どうすればいいのか分からないというときの対処法を紹介します。

それぞれ校則によっても変わるかもしれませんが、全て実際に認められている学校があるので、
事情を説明してみましょう。

 

学校側に事情を説明してカラーリング

学生の若白髪対策としてベストなのは、定期的なカラーリングです。

ヘアカラーといっても白髪染めを行います。

 

「カラーなんかしたら茶髪にならない?」と心配される方もいるかもしれませんが、
白髪染めは色素がとても濃いヘアカラーリング。

染める時の色さえ気を付ければ時間が経っても茶髪になったりしませんよ。

 

学生の若白髪を染める時に気を付けなければいけない点がいくつかあります。

  • 学校側に相談

まず、学校側に白髪染めの前に相談しておきましょう。

ヘアカラーは基本的に禁止されている学校が多いので、後でトラブルになっても面倒です。

 

子供は大人と違い、白髪が生えているというだけで冷やかしたりちょっかいを出す子もいます。

学校生活でのトラブルを防ぐため。という目的のために白髪染めを行うのであれば、許可してくれる学校もあります。

 

  • 染める色は地毛と同じ色

白髪染めには、真っ黒もあればこげ茶色もあります。

ヘアカラーが禁止されている学校の特例としてヘアカラーが許されるとすれば、地毛と同じ色だけです。

地毛が黒なら黒。こげ茶色なら合わせて同じ色に染めましょう。

 

  • ヘアカラーは美容室で

学校に許可をとって白髪染めを行う場合、地毛と同じ色で染める必要があります。

間違って地毛よりも明るい色で染めてしまうと「なんでヘアカラーしているの?」と生徒間でトラブルになってしまう可能性もあるのです。

 

市販のヘアカラーは安くて簡単ですが、髪の毛が傷みやすく色選びも難しいです。

髪が傷んでしまうと抜けて茶色になってしまったり、地毛の色と違ってしまうと不自然になるので、
若白髪の白髪染めは必ず美容室で行うようにしましょう。

 

美容室なら、根元だけをそめる「リタッチ染め」という方法もできます。

値段が安くなったり髪の毛の傷みも減らせるのでおススメですよ。

 

根元から切る

若白髪の量が多すぎなければ、根元から切ることでも対処できます。

中途半場に残してしまうと、短くなった毛が立ちあがるので、
根元ギリギリから切るようにしましょう。

 

白髪を根元から切る時は、工作用の大きいハサミではなく、眉毛を切るハサミや、鼻毛切り用の刃先が丸い小さいハサミだと切りやすいです。

 

自分で切るのが苦手なら、家族にお願いしましょう。

特に後ろの白髪は切りにくいので、他の人にお願いした方が簡単に切れます。

 

抜かないように!

白髪を見つけると、ついつい抜いてしまう。という方も多いのではないでしょうか。

特に学生さんは髪の毛の量も多いので、「たくさんあるし大丈夫」と抜いてしまいがちですが、将来的に後悔することになるのでやめましょう。

 

髪の毛は、抜けたとしても前回と同じコピーの髪の毛が生えてくる。という特性があります。

白髪を抜いた毛穴から生えてくる毛は、また白髪が生えて来る可能性が高いのです。

 

ということは、白髪を抜く習慣のある人は、同じ毛穴から何回も繰り返して髪の毛を抜くことになります。

 

髪の毛は無理に脱毛を繰り返すと、毛穴から毛が生えなくなります。

 

この結果、白髪を若いころ抜いていた分け目、生え際の髪の毛が薄い。という年配の方がたくさんいらっしゃるのです。

 

とにかく髪の毛を抜くクセをつけないこと。

切るか染めるかをして、安全に白髪を隠しましょう。

 

白髪用ヘアマスカラ

白髪を自然に隠すための、ヘアマスカラというものがあります。

表面的なもので、髪の毛の中にある白髪はそのまま。

一度洗ってしまうと取れてしまいますが、安全に白髪を隠すためには便利なアイテムです。

 

ヘアマスカラは、女性のまつげマスカラの白髪バージョン。

ブラシになっているので使いやすいですが、長い髪の毛を塗るのは少し大変です。

 

すでに白髪用のカラーをしてあり、次のヘアカラーまでのごまかしに使うと便利ですよ。

 

 

白髪用クシ型マーカー

コチラも簡単に使える白髪かくしですが、使っている間に少しずつ髪の毛に色がついていくタイプです。

ヘアカラーというよりは、ヘアマニキュアに近いですね。

 

ヘアマスカラと同じように、生え際や分け目の新しく生えてきた白髪に使うものですが、
1本長い白髪も、つまみながら使えば塗ることができます。

 

真っ白じゃなくなるだけでも、かなり目立ちにくくなりますよ。

 

黒髪に合わせるならブラックですが、地毛が茶色い場合ダークブラウンの方が自然になじみます。

 

白髪を隠すためのヘアピース、ウィッグはおススメできない

若白髪をかくすために、簡易的なかつら、ヘアピースやヘアウィッグはおススメできません。

子供の髪の毛は大人と違い、量も多いので、付け毛が浮いたように付いてしまいます。

 

それに、もし学校生活中に取れてしまった場合、あらぬ誤解を生んでしまうことにもなりかねないので、
できるだけ自然な髪の毛で過ごせるように配慮しましょう。

 

まとめ

今回は、実際に学生の若白髪を隠すために使われた方法を紹介させていただきました。

ヘアカラーで染めるやり方は、学校側への許可が必要ですが、
理解のある学校ならきっとわかってくれるはず。

 

白髪の量が少ないと難しいかもしれませんが、困っている学生さんは多いので、交渉してみましょう。

 

安全な方法は、ヘアマスカラか、くし形マーカーです。

1本の白髪が長いのであればマーカーの方が塗りやすいですよ。

 

抜くことを習慣づけてしまうと、年齢を重ねた時に後悔することになるので、
抜かずに切ることで対処しましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)