縮毛矯正とカラーは同時にできる?順番はどっちが先?を写真付きで説明

キレイなロングヘアの女性

縮毛矯正もヘアカラーも時間がかかるメニュー。

できればまとめてやりたいですよね。

 

そんな縮毛矯正とカラーを同時にしたい方のために

  • 縮毛矯正とヘアカラーは同時にできるのか?
  • 縮毛矯正とヘアカラーはどっちを先にやるべきなのか?

について、紹介させていただきます。

 

分かりやすいように、写真を使って説明しますので参考にしてください!

 

はじめに結論からお伝えしますが、
縮毛矯正とヘアカラーは同じ日、同時にできます!そして、
ヘアカラーよりも先に縮毛矯正を行いましょう!!

 

今回の実験でも起きましたが、順番を間違えてしまうと髪がチリチリになってしまう危険があるので気をつけてくださいね!

 

 

縮毛矯正とヘアカラーは同時にできるの?

縮毛矯正とヘアカラーは同時にできます。

 

ひと昔前までは、薬事法で禁止されていたためお断りしていた美容室がほとんどでしたが、化粧品登録された薬の登場で変わりました。

 

システアミンという成分を軸に作られる化粧品登録されたパーマ剤は、ヘアカラーと同時に行っても薬事法違反になりません。

 

つまり、両方同時にできます。

 

ただ、両方とも髪に負担が大きいメニュー。
髪へのダメージを考えて「同時施術はお断り」という美容室もあるので予約の段階で確認しておくことをおススメします。

 

縮毛矯正とヘアカラーはどっちが先?

毛先を気にする女性

縮毛矯正とヘアカラーを同時、もしくはお互い一週間以内に行う場合は、縮毛矯正を先に行いましょう。

 

美容室で同時にするのであれば美容師さんが判断してくれます。

 

市販のヘアカラーなどで染めている方は、縮毛矯正が終わってから染めるのがベスト。

どうしても先に染めたい人は、一週間以上日にちを空けてから縮毛矯正に行きましょう。

 

 

どうして縮毛矯正を先に行うの?

縮毛矯正を先に行うには大切な理由があります。

 

一般的なヘアカラーは、プロの世界ではアルカリカラーと言います。

 

アルカリ性の成分を使って髪を発色させるのですが、染めたばかりの時は髪にアルカリ成分が少し残っています。(残留アルカリと言います)

 

この残留アルカリが残った状態で、縮毛矯正などのパーマ剤を付けると、過剰に反応を起こします

 

POINT分かりやすく説明すると、クセを伸ばすのに「10」の力が必要な髪の毛に、美容師は「10」の力の薬剤を使います。

しかし、過剰な反応を起こしてしまうので、薬の力が「15」になってしまいます。

必要以上の力が加わることで髪が傷んでしまい、最悪の場合チリチリになってしまうこともあるのです。

 

最低一週間以上空ければ、ヘアカラーが先でも縮毛矯正できる

縮毛矯正が先のほうがいいというのがわかりました。

しかし、どうしても先にヘアカラーをしたい、ヘアカラーをしてしまった。という方もいるハズ。

 

そんな場合は、最低一週間空けてから縮毛矯正をかけましょう。

 

ヘアカラーで残ったアルカリ成分は、空気で酸化し、毎日のシャンプーでも流れていきます。

 

一週間以上空けて、髪の毛をリセットしてあげましょう。

 

縮毛矯正の時は、「○日前にヘアカラーをしました」と美容師さんにお伝えすると、薬選びの参考になります。

 

スポンサーリンク

縮毛矯正とカラーをやってみた

では、みなさんに分かりやすいように、髪の毛を使って縮毛矯正とヘアカラーを同時にしてみます。

1つは縮毛矯正が先に。

そしてもう一つはヘアカラーを先に行います。

縮毛矯正とカラーをする前の髪

 

コチラの、2本の毛束を使って行います。条件が一緒になるように、2つとも同じ人の髪の毛です。

 

縮毛矯正とカラーをする

縮毛矯正とカラーをしている髪の毛

こちら色が似ているので分かりにくいですが、上の髪の毛は縮毛矯正の薬。そして下はヘアカラーを塗った髪の毛です。

縮毛矯正とカラーをした髪の毛

そしてコチラが仕上がり。

縮毛矯正はまっすぐな髪の毛になって、ヘアカラーは明るくなりました。

 

ではこの2つの髪の毛に、ヘアカラーと縮毛矯正を行います。

さらに縮毛矯正とヘアカラーをする

さらに縮毛矯正とカラーをしている髪の毛

コチラが仕上がり。

さらに縮毛矯正とカラーをした髪

縮毛矯正を先に行った髪は、キレイにまっぐぐなままですね。

ヘアカラーを先に行った髪は、パッと見ると変わりませんが

さらに縮毛矯正とカラーをした髪のアップ

このように、髪をアップで見てみると折れたようなダメージ感が出ています。

 

さらにわかりやすくブリーチした髪の毛に行う

上で説明した髪は、健康な毛。ダメージ感がより分かりやすいようにすでに傷んでいる髪(ブリーチ)で調べてみましょう。

 

ブリーチしてある髪

コチラがブリーチしてある髪の毛です。はじめと同じように、同じ人の髪の毛です。

 

ブリーチした髪に縮毛矯正とヘアカラーをする

ブリーチした髪に縮毛矯正とカラーをしている髪の毛

コチラがブリーチした髪に縮毛矯正とヘアカラーをしているところ。

ブリーチした髪に縮毛矯正とカラーをした髪の毛

コチラがその仕上がりです。

縮毛矯正が意外にキレイにかかったのが驚きですが、この髪にさらに縮毛矯正とカラーをした髪ヘアカラーをすしていきます。

 

さらに縮毛矯正とヘアカラーをするとトラブルが…

ブリーチした髪にさらに縮毛矯正とカラーをしている髪の毛

コチラがさらに縮毛矯正とカラーをしているところなのですが、縮毛矯正の薬を流したところでトラブルが起きました。

 

キレイな髪と、色落ちしてチリチリになった髪の毛

チリチリになった髪のアップ

これからアイロンでまっすぐにしようとしたところ、先にヘアカラーをした髪の毛に「ビビり」というチリチリ現象が起きました。

 

この「髪の毛がビビる」というのは、髪が形を保っていられなくなりタワシのようにゴワゴワになってしまうこと。

 

美容師の世界でももっとも気を付けなければいけないトラブルです。

 

先に縮毛矯正を行った髪はまったく問題ありません。

 

ブリーチした髪にさらに縮毛矯正とカラーをした髪の毛

一応最後のヘアアイロンを行い縮毛矯正を終わらせました。

なんとか真っすぐな髪になりましたが、濡らすとゴムのようにヨレヨレ。切れ毛になる寸前です。

 

そして、はじめに染めたはずのヘアカラーがほとんど落ちてしまいました。

 

先に縮毛矯正をした髪はキチンと真っすぐなまま色が染まっていますね。

 

 

本来ブリーチした髪に縮毛矯正は難しい

今回はブリーチした髪に縮毛矯正→ヘアカラーでキレイになりましたが、本来はもっと傷みが出ます。

「ブリーチした髪に縮毛矯正はお断り」という美容室もあるので、ブリーチした部分が残っている人は気をつけてくださいね!

 

担当の美容師さんとよく相談して、できるような行いましょう。

 

ストレートパーマも縮毛矯正と同じ

縮毛矯正ではなく、ストレートパーマも順番は同じです。

 

先にストレートパーマを行い、そのあとでヘアカラーしたほうが仕上がりがキレイです。

 

 

セルフカラーには気を付けよう

今回のようなチリチリゴワゴワの失敗が起きやすい例として、セルフカラーがあります。

 

セルフカラーで染めた。そして日にちを開けずに美容室に行き縮毛矯正。

 

この時に、セルフカラーされていることに気がつかなかった美容師が普段通りに縮毛矯正。

 

この時に、髪がチリチリになる事故が起きやすいです。

 

セルフカラーに限らずヘアカラー専門店などでも同じことです。

 

 

大事なことなので繰り返しになりますが、直前に髪を染めた場合は、縮毛矯正の時に担当者に「大体○○日前にヘアカラーしました」と伝えましょう。

 

そして、できれば最低一週間以上日にちをあけましょう。

 

これで、髪が傷みすぎる大きな事故につながりにくくなるはずです。

 

まとめ

  • 縮毛矯正とヘアカラーは同時にできる!けど、お断りする美容室もあるので予約の時に確認しよう!
  • 先に行うのは縮毛矯正!!もしヘアカラーをしてしまったら最低一週間空け、何日前に染めたか担当美容師に伝えよう!!

 

≪関連記事≫

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)