加水分解コラーゲンとは?安全性と成分の特徴

加水分解コラーゲンのサムネイル

加水分解コラーゲンの安全性と成分の特徴、シャンプーの効果についてご紹介します。

加水分解コラーゲンとは?

加水分解コラーゲンというのは、「コラーゲンタンパク質加水分解物」のことです。

牛や豚などの骨や皮を、酸、アルカリ、酵素のそれぞれ、もしくは酸、アルカリ、酵素を組み合わせて加水分解させることで、得られる物質です。

分かりやすく言うなら、タンパク質の一種ですね。

 

加水分解というのは化学反応の1つで、水が作用して起こります。

使われているものが化粧品なのか、医薬部外品なのかによって、成分表の表示名称が変わります。

化粧品成分表示名称 加水分解コラーゲン
医薬部外品表示名称 加水分解コラーゲン液、加水分解コラーゲン(4)、加水分解コラーゲン末、コラーゲン・トリペプチドF
慣用名 コラーゲンペプチド、コラーゲントリペプチド

名称は異なりますが、どれも加水分解コラーゲンのことを言っています。

加水分解コラーゲンの特徴

加水分解コラーゲンは、牛や豚などの骨、皮といった水溶性コラーゲンを更に分解したものなので、皮膚への吸着性や浸透性が高いです。

 

水溶性コラーゲンよりも吸着性や浸透性は高いため、化粧品などには加水分解コラーゲンが使用されることが多いのです。

加水分解コラーゲンの最大の特徴ともいえるのが、この2つ。

  • 皮膚の奥への浸透性が高いこと
  • 皮膚表面の保湿ができること

加水分解コラーゲンは分子量280のトリペプチドが多いため浸透性が高く、さらに分子量の大きなペプチドも含むため、皮膚表面の保湿もできるのです。

内側からも外側からも保湿ができるので、乾燥に悩む人には最適の成分と言えるでしょう。

 

また、加水分解コラーゲンにはコラーゲン産生促進という働きもあるので、抗老化作用も期待されています。

 

加水分解コラーゲン配合シャンプーの効果

加水分解コラーゲンが配合されたシャンプーに期待できる効果について、まとめておきます。

加水分解コラーゲンの保湿効果、抗老化作用という2つの観点から、期待される効果は以下です。

  • 髪の毛のダメージ補修
  • 髪の毛の保護
  • 髪の毛のパサつきを抑えて艶を出す

髪の毛が乾燥するのを防ぐので、乾燥によって起こりうる髪の毛へのダメージなどを予防、改善する効果が期待されています。

加水分解コラーゲンの安全性

加水分解コラーゲンは主に化粧品に使われている成分であることからも、安全性は非常に高いです。

in vitro試験、ヒト試験、動物試験などの結果によりますと、

皮膚刺激性 ほとんどなし
眼刺激性 ほとんどなし~最小限
皮膚感作性(アレルギー性) ほとんどなし
光毒性、光感作性 ほとんどなし

となっていました。

すべてにおいて、結果は「ほとんどなし」なので、これは安全性が高いと言って良いでしょう。

 

ただし、すべての人に刺激やアレルギー反応が絶対に起こらないというわけではありません。

元々皮膚の弱い人や、化粧品の成分にかぶれてしまったことのある人など不安な人は、念のためパッチテストをしてから加水分解コラーゲン配合のシャンプーを使うことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)