ココイルアラニンTEAの安全性は?気になる成分を解析

ココイルアラニンTEAの安全性と特徴と書かれた画像

ココイルアラニンTEAとは

ココイルアラニンTEAは化粧品表示名で、
学名をTEA-Cocoyl Alaninate、
医薬部外品名はN-ヤシ油脂肪酸アシルDL-アラニントリエタノールアミン液、
別名でラウロイルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNaともいいます。

スポンサーリンク

ココイルアラニンTEAの成分特徴

ココイルアラニンTEAはアニオン(陰イオン)界面活性剤で、アミノ酸であるフェニルアラニンとヤシのココイル脂肪酸とのアミドとトリエタノールアミン(TEA)からできています。
ココイルアラニンTEAは起泡性能が抜群で、シリコンや油分が組み合わさってもフワフワの豊かなクリーム状の泡がたちます。
アラニン系の洗浄剤は、マイルドでやさしい洗い心地ですが、泡立ちも良く、しっとり滑らかな洗い上がりも突っ張りません。
洗い流しの泡切れが良くサッパリとし、髪への摩擦が少なく済むのでダメージや負担も抑えられます。
また、弱酸性~中性でも泡立ちが良い方で、シリコンやオイルインのシャンプーでも泡立ちが優れています。
あまりにダメージがひどい髪の方には不向きですが、それ以外ですと、まとまりの良い柔らかな髪にしてくれます。
しっとりタイプの自然派シャンプー、オーガニックシャンプー、低刺激なアミノ酸系シャンプーやコンディショナー等に配合されることが多く、髪や頭皮に優しく、低刺激で安全性が高いため、敏感肌の人にも最適です。

 

ちなみにアミノ酸のフェニルアラニンとは、大豆、牛乳、シルクなどに多く含まれるタンパク質成分です。
髪のメラニン色素の原料となる事から、白髪の改善に効果が期待されています。

ただ、ココイルアラニンTEA配合のシャンプーなどの製品は、とてもよくできた機能性の高さと比例し、成分のコスト自体も高価なため、高額なものが多いです。
また市販のシャンプーにはなかなか入っているものが見つからないかもしれません。
それだけ厳選された高品質な商品のものとも言えます。

 

ココイルアラニンTEAの安全性

ココイルアラニンTEAについての安全性・毒性・注意点などについてですが、
こちらはアミノ酸系の洗浄成分であり、肌や髪にpHの近い弱酸性ですので、刺激が少ない点が利点です。
植物であるココナッツオイル(ヤシ油)やパーム油を原料としており、また、ココイルアラニンTEAは製造過程で硫酸が使われていないため、低刺激で安全性も高いといわれています。
むしろ今まで刺激の強いタイプのシャンプーを長く使用し、ダメージを受けた肌の方にこそ、刺激が少なくお勧めできます。
それぐらい安全性の面ではほぼ問題がありません。
また自然派シャンプーというと、泡立ちが弱い点が気になる場合もありますが、こちらは他成分と比べても結構泡立つので、使用感も良いのではないでしょうか。
界面活性剤の中で最も刺激が弱いタイプのココイルアラニンTEAですが、
超敏感肌の方やココナッツアレルギーの方など、細かい点が気になる方は、使用前に念のためパッチテストなどをお受けするほうが、より安全だと言えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です