髪の毛を1日でも早く伸ばす方法5選 栄養と血液を上手に使おう

髪の毛の長い女性

髪の毛を切り過ぎてしまった。
切られ過ぎてしまった。
やりたい髪型があるのに長さが足りない。
成人式の為に伸ばしたい。

などなど髪の毛を伸ばしたい理由は人それぞれあるのではないでしょうか。

 

一度切ってしまったら伸びるまで待つしかない。でも髪の毛が伸びるまでにはどうしても時間がかかってしまう。

 

そんな悩みの手助けになるべく、このページでは
髪の毛を”できるだけ”早く伸ばすための方法を紹介させていただきます。

 

髪の毛を伸ばすのにとても大切なのは「栄養」と「血液

髪の毛が伸びる速さや太さ、量に個人差が出るのは、遺伝の他にもこの栄養と血液が大きく関わります。

2点をしっかり抑えて効率よく髪を伸ばしてあげましょう。

スポンサーリンク

髪を早く伸ばす

髪の長い女性の写真

「髪を切り過ぎた」
「切ってみたけど周りの評判がいまいち」
「成人式や結婚式が近い」

などなど髪の毛を伸ばしたい理由と言うのは人それぞれ。

 

今こうしている間にもあなたの髪の毛は着実に伸びています。

しかし、伸ばしたい人は今すぐに、できるだけ早く髪の毛を伸ばしたいのです。

 

髪の毛が伸びる速さの平均は1か月約1cm。

この速さを突然2倍3倍で伸ばすということは難しいですが、髪の毛を作るための材料である栄養、そして栄養を運ぶための血液循環をしっかりと考えることで、あなたが本来持っている髪の毛の成長パワーをフルに発揮することが出来るのです。

 

髪の毛が伸びるメカニズム

虫眼鏡の写真

まずは「髪の毛が伸びる仕組み」を説明させていただきます。

髪を出来るだけ早く伸ばすのに大切なのは継続が大切。

理由も意味も分からないまま行動しても続けられないので、基本的なことだけでも知っておきましょう。

 

毛が伸びるのは一日約0.4mm

0.4mmが人間1日で伸びる平均的な髪の毛の伸びる速さです。

個人差はありますが、この数字が一日1mmなど極端に多くなったりはしません。

 

一か月を30日と考えると、

0.4×30=1.2

髪の毛は一か月約1.2cm伸びることになります。

 

毛母細胞と毛乳頭

毛乳頭と毛母細胞の画像

髪の毛が伸びる工程を簡単に説明すると、
まず毛母細胞が毛乳頭という髪の毛と皮膚との間の部分からから栄養を受け取ります。

そして受け取った栄養を元に毛母細胞が細胞分裂で増えることにより髪の毛が伸びます。

髪の毛がどんどん成長するのは、細胞が増えているからなのです。

 

一方毛乳頭は毛母細胞へ与えるための「栄養」をどこから手に入れるかというと、頭皮の中にある血液から受け取ります。

これが髪の毛が伸びる基本的な仕組みです。

 

髪の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質

髪の毛は実は成分の99%がケラチンと呼ばれるタンパク質で出来ています。

体内のタンパク質を、亜鉛の力を使って細胞を変化させ髪の毛として生やします。

 

よく抜け毛を減らす情報で「亜鉛が大切!」と言われているのは、髪の毛を合成するのに必要な栄養だからなのです。

 

ちなみに、髪の毛は死んだ細胞です。
生きている細胞である皮膚などと違い、体と繋がってはいますが、切ったりしても痛くはありません。

自己修復もしません。

スポンサーリンク

髪を伸ばす方法5選

髪の毛の長い女の子の写真

髪の毛が成長するために、そして髪の毛を生やすのに大切なもっとも栄養素は『タンパク質』です。

髪の毛のほとんどがタンパク質で出来ているのでコレがなければ髪の毛を作りようがありません。

 

 

そして次に大切なのは『血液』。

血液によって髪の毛を作り出すのに必要な栄養素が毛根まで運ばれます。

血液が流れない場所には髪の毛は生えません。

 

そして亜鉛

亜鉛は男性の抜け毛予防の話でも出てくることの多い栄養素ですが、亜鉛がなければタンパク質を髪の毛に変えることができないのです。

 

タンパク質を摂取しよう

 

納豆、ヒジキ、卵を食べる

手のひらにある大豆

納豆、ヒジキ、卵には髪の毛を生やすために必要な栄養素であるタンパク質が多く含まれています。

 

そしてヒジキ、納豆ともに髪の毛を合成させるのに必要な亜鉛も含まれ、さらには数多くのビタミンやミネラルも含んでいるという正に発毛の為にはピッタリの食べ物なのです。

好き嫌いはあると思いますが、納豆なら3パック100円程度と値段も安いです。

よく髪の毛を伸ばすのにワカメを食べるといい。という話を耳しますが、ワカメなどに含まれているのは主にミネラルです。

もちろんミネラルも大切な栄養素ではありますが、ワカメは発毛にそこまで深く関係しません。

同じ海藻類を食べるにしても、ヒジキを食べた方が多くのタンパク質を摂取できるので効果的です。

 

頭皮のマッサージ

マッサージされる女性

頭皮をマッサージすることで、毛根、毛母細胞に効率よく血液を送ることが出来ます。

マッサージを行った場所は筋肉がほぐれ、押した圧力で血行が良くなります。

 

足がむくんでしまった時にマッサージを行うのは、太ももなどに溜まった余計な水分(細胞外体液)をマッサージの血流アップ効果によってリンパに流し、むくみが改善されるため。

血行を良くすることは様々な体の不調を改善させる効果もあるのです。

 

髪の毛が生まれる時は、毛乳頭から毛母細胞に対して「髪の毛を作れ」という指示と共に栄養が送られます。

血行が良いほど栄養素もしっかりと毛乳頭、そして毛母細胞へ届けることができるので、髪の毛の成長の手助けになるのです。

 

髪の毛に血液、血流が大切なのかは、髪の毛が極端に薄い男性をイメージして頂くと分かりやすいです。

どんなに薄い男性でも襟足部分の髪の毛は太いまま残っている場合がほとんど。

対しておでこの生え際や頭頂部は薄くなりやすいです。

 

これは頭皮への血管が首の付け根辺りが一番太く、そこから頭頂部やおでこにかけて枝状に細くなっていくというのが原因のひとつ。

血液は発毛にとても大切なのです。

 

マッサージの方法

マッサージをするなら効果ができるだけ高い方がいいですよね。

そこで、頭皮マッサージの中でも特に効果的なツボを紹介させて頂きます。

頭のツボの説明

 

この写真が頭皮の主要なツボです。

中でも髪の毛の発毛に大きく関わるツボは『天柱』『風池』

天柱と風池というツボがある場所は、首に走る太い血管から頭皮に向かって枝分かれする分岐点なのです。

 

マッサージのやり方は、手を後頭部に回して、天柱と風池をそれぞれ親指の腹で押してあげるとマッサージがしやすいです。

指腹

やさしくさするようにマッサージしてもいいですし、数秒間押す→離す を繰り返しても効果はあります。

指を回しながらマッサージするとさらに刺激が伝わります。

 

炭酸水を使う

老廃物排出や血流改善効果のある炭酸。美容室やエステ業界から炭酸ブームが始まり、入浴剤なども販売されています。

 

炭酸は一体どう髪の毛にいいのかというと、炭酸を皮膚に付けるだけで血行が良くなるのです。

ただの水なのに不思議ですよね。

 

炭酸水は水の中に二酸化炭素ガスが溶け込んだものです。

皮膚の特徴の1つに、二酸化炭素が触れると、その部分の皮膚が酸素不足を感じとり血液の流れを意図的に良くし、酸素を送り込むというものがあります。

 

皮膚「二酸化炭素があるということは酸素不足!?急いで酸素を送らなきゃ!それなら酸素不足の箇所の血流を良くして酸素を送ろう!!」

こんな感じです。

言い方は悪いですが、強制的に血行を良くすることができるのです。

 

血行を良くする炭酸

一体どの程度良くなるのかというと、比較の写真を用意しました。

下の写真は、片方の手はそのまま、もう片方の手には3分間炭酸水に浸けている写真です。

炭酸水に手を入れている 炭酸水から手を出した状態

炭酸水に付けていた手が少し赤くなっているのが分かるでしょうか?

炭酸水はお湯でもなく水道水の水の温度です。冷たいので普通は血の気が引いて白くなります。

 

炭酸水の中の二酸化炭素の影響で手の毛細血管が開き、血の巡りが良くなっているので赤くなるのです。

やると分かるのですが、少しジンジンした感じになります。

 

手で実験しましたが頭皮にも同じ事が言えます。(頭皮は他の皮膚に比べ鈍感なので実感しにくい)

 

ゆっくりと炭酸をかけてあげることで、頭皮の血行を良くし、髪の毛の栄養が毛母細胞に届くようになるのです。

炭酸水は他にも頭皮の皮脂汚れ除去や髪の毛をサラサラにする効果があるので一石三鳥。とてもおススメです。

 

いちいち炭酸を買うのが高い

炭酸水を買って使えば炭酸濃度が高いので効果的ですが、1つ難点が。それは

・冷たい
・毎回買うと高い

という点です。

スーパーで安く売っているとは言え頭にかけるために100円を毎回使うのはもったいないですよね。

しかしこの両方を一気に解決する方法があります。

それは重曹とクエン酸を混ぜるということ。

 

重曹とクエン酸と水を混ぜると炭酸が簡単にできます。下の写真の炭酸も重曹とクエン酸を混ぜて作っていますが、見て分かるほど炭酸が出ています。

比率は1:1でOKです。

クエン酸と重曹を混ぜて泡立つ水

 

炭酸水を作って頭にかける場合は『ぬるま湯』で作るのがおススメ。

冷水だと冷たいので心臓に悪いですし、お湯だと一気に反応してしまい炭酸がすぐに無くなってしまいます。

 

そして、重曹、クエン酸両方とも『食品グレード』のものを使いましょう。

重曹やクエン酸には「食べても大丈夫な食品グレード」。そして仕事や作業で使われる「工業用グレードがあります」

 

髪にかける場合は顔にもかかることになり目に入ったりなども考えられます。

工業用のものを使ってしまうとどんなトラブルが起きるか分からないので、安全性が高く口に入っても大丈夫な程のランクである食品グレードのをおススメします。

 

自分がいつも使うのは下のペア。安いしたっぷり入っています。

ホームセンターで販売されているもののほとんどが掃除目的などの食品グレードではないので注意してください。

 

 

咀嚼を多くする

咀嚼=ものを噛んで食べる という意味です。

咀嚼をしっかりと行うだけでも血行を良くすることができます。

アゴを開いたり閉じたりすると、アゴの付け根の部分の筋肉が動くのが分かると思います。

 

食べ物をよく噛んでいる女性

アゴの付け根というのは太い血管と太いリンパが流れている場所。

リンパは体の老廃物を流すために使われますが、血管とつながっているので、リンパの流れが良くなる↔血行が良くなることになります。

 

良くモノを噛むことでアゴや耳周辺の筋肉を良く使うようになり、そのまま枝状に上に向かって広がっている血管の血の流れを良くすることができるのです。

咀嚼は血行の他にも、食べ物を細かくし、吸収しやすくなり、髪の毛への栄養にもなる。というメリットもあります。

 

亜鉛を摂取

サプリメントの画像

「髪の毛の為には亜鉛が良い」という話は聞いたことはありますか?

男性が抜け毛対策の為に亜鉛を勧められることは有名ですが、亜鉛を飲むのは髪の毛が抜けないようにする目的ではなく、髪の成長を助けるために飲むのです。

 

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質。そのタンパク質を毛母細胞で毛髪を合成する時に必要な栄養素がこの亜鉛です。

亜鉛を使って体内のタンパク質を髪の毛に変化させるのです。

 

亜鉛は普段の食事でも摂取できるので、不足してしまうということは滅多にありません。

しかし体の中の亜鉛はストレスを感じただけでも消費され、その他にもアルコールの分解、激しい運動の疲労回復などにも使われてしまうので、意識的に摂取してちょうどいいと言えるでしょう。

 

注意点しなければいけないのは、亜鉛には摂取量の目安があり、亜鉛は一日の摂取量目安が男性で約40~45mg 女性で30~35mgが目安ということ。

髪の毛に良いからと言ってサプリンメントを飲み過ぎてしまうと健康被害に繋がるので注意してください。

 

亜鉛をサプリメントで撮取らず、意識していない食事では、男性で約8.9mg 女性で7.3mgを平均的に摂取しているというデータがあるので、普段の食事だけで摂り過ぎるということはないようです。

 

 

おススメできない方法

本を読む子供の写真

髪を早く伸ばしたいと思う気持ちが強ければ強いほどもがいてしまい、ついつい変な行動を取ってしまいがち。

そこで「やっても意味がない」「頭皮によくないのでやめた方が良い」という行動も合わせて紹介させて頂きます。

 

髪の毛を引っ張る

これは全く意味がありません。単に、”伸びるような感じがする”だけで実際にこの行動で髪が早く伸びるということはありません。髪の毛も伸びません。

むしろ強く引っ張りすぎてしまうと毛根を傷めてしまったり、縮れの原因にもなるのでやめましょう。

 

髪の毛を一本手にとって引っ張ってみてください。

クルンとなったり縮れたように縮むと思います。

極端に引っ張て縮んでしまうと一本の長さがむしろ短くなってしまうこともあるのでやめましょう。

 

ワカメを食べる

先ほども少し触れましたが、ひと昔前に言われていたのが、「ワカメを食べると毛が伸びる」ということ。

髪の毛にとって悪いということはありませんが、たんぱく質を摂った方が効果的です。

 

ワカメを含めた海藻類の主な栄養素はミネラルです。

しかし髪の主成分はタンパク質。髪の毛にツヤを与えるには効果がありますが、伸ばすという目的では効果が少ないです。

おなじ海藻でもヒジキの方が髪に良い栄養がたっぷり入っています。

ヒジキや納豆など、植物性、動物性タンパク質を摂取するように心がけましょう。

 

まとめ

髪の毛を早く伸ばす方法を簡単にまとめると、髪の毛に良い栄養を摂って、血行を良くして栄養を毛根に届けることが大切。

 

誤解しないでいただきたいのは、1ヶ月に約1㎝伸びるはずの髪の毛が突然3~4㎝も伸びる訳ではないということ。

栄養学を考えても効果は確かにあるはずですが、髪の毛の成長はどうしても時間がかかってしまうのです。

 

気を付けていただきたいのは、焦って早く伸ばそうとするあまり無茶な行動はとらないこと。

強い思いから変な行動を取ってしまい、変な薬を飲んだり、頭皮や毛根を傷つけてしまうようなことをしてしまうと今後の発毛にも影響します。

手段を選びながら安全に行いましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です