ブリーチなしでベージュやミルクティーに染めるとこんな色 ブリーチありなしで比べてみた

ベージュの髪色の女性の写真

アッシュベージュやミルクティーベージュなどなど

やわらかさがあって透明感のあるベージュ系ヘアカラーはとても人気が高いですよね。

 

「僕も、私もベージュにしたい!」と美容室でベージュ系ヘアカラーをお願いすると、ほとんどの場合
「ブリーチしますか?」と美容師に聞かれます。

 

ブリーチをするときれいな色が出やすくなりますが、髪の毛が傷んでしまったり色がが落ちると金髪になってしまうなどのデメリットがあるので、なかなか簡単にできないですよね。

 

「ベージュにしたいけどどうしたらいいんだろう…」というか方のためにこのページでは、
ブリーチをしなくても人気色であるベージュやミルクティーに染めることはできるのかという内容について紹介させていただきます。

 

そして、ブリーチをしないでベージュやミルクティーカラーを染めるとどんな色になるのかも実際に染めて比較してありますので参考にしてください。

スポンサーリンク

ブリーチありとなしのベージュヘアカラー

ベージュ色の髪の毛の女性の写真

ブリーチをすれば大抵の透明感のある色は出せる

今回はベージュやミルクティーに限定しましたが、透明感のあるヘアカラーを作る時は普通一度ブリーチをしてから再度色を重ねます。

 

日本人の多くはもともと、黒やこげ茶の色素を髪の毛に持っていますが、透明感のある色を出すためにはどうしてもこの『黒や茶色の色素』が邪魔なのです。

 

ヘアカラー発色のイメージは簡単で、例えば黒やこげ茶の絵の具をパレットに出したとします。

絵の具のパレットの写真

そこに絵の具のベージュやミルクティー色(ミルクティー色というのは存在しないので、あくまでイメージの色です)、アッシュなどの絵の具を混ぜたとしても、結局は黒もしくはほとんどこげ茶のような色になってしまいます。

 

ブリーチの役割は、この初めにパレットに加えられている『黒』や『こげ茶』の色味を『黄色』もしくは『薄い黄色』に変えてくれる効果があります。

 

黄色や薄い黄色い絵の具に混ぜるのなら発色しやすようなイメージが持てるのではないでしょうか。

ブリーチ後の髪の毛であれば、その後に色を加えても濃い色が邪魔をしないので、透明感のある色を出すことができるのです。

 

余談ですが、中には「ブリーチをたくさんして白にしたい!」という方もいますが、ブリーチだけで『白』まで色を抜くことはできません。

 

髪の毛は純粋な白まで抜いてしまった時点でタンパク質が形状を保てなくなり断毛、もしくは縮れてしまいます。

『限りなく白に近い薄い黄色』にはできるのですが、最後に薄紫を加えて黄味を消して白を表現するのです。

 

大きく左右するのは元の髪質

ミルクティーヘアカラーの女性の後姿の写真

このページのテーマである『ブリーチせずにベージュやミルクティー色は出せるか』という疑問に関しての答えを始めにお伝えしますが、

極端に髪の毛の色素が薄い人であればできる」というのが答えで、同時に
純粋な日本人の約99%が難しい」というのが答えです。
(ハーフやクォーターの方は髪の色素が違うのでこれはまた別な話です。)

 

髪の毛というのは人それぞれ、本当にバラバラです。例え親子や兄弟、双子でも髪質は微妙に違います。

どの程度の”ベージュらしさ”を求めているのかにもよりますが、多くの方が”ベージュ”や”ミルクティー”と考えているような透明感のある色は、もともとブロンドヘアの人でなければブリーチなしでは発色しないのです。

 

まとめると、不可能ではないけど、かなり限られた人ならブリーチを使わなくてもベージュやミルクティー色になれる。です。

 

それでもベージュを諦められない

コチラを見つめる髪色のあかるい女性の写真

「髪が傷むからブリーチはしたくない!」「でもベージュやミルクティーっぽさは出したい!」という方のために、
近い感じまで出せる”かもしれない”。という方法をお伝えします。

 

この”かもしれない”というのは、髪の状態や、染まりにくい、染まりやすい。によっても個人差があるので”できる”とは断言できません。

 

その方法は、ブリーチではなく、カラー剤で一番明るい色で一度染め、その後にベージュやミルクティー色を重ねるという方法です。

その際に使う薬は『ライトナー』と呼ばれるものや『クリア13』というカラー剤を使います。

 

ブリーチはカラー剤であってカラー剤ではない

ヘアカラーされる女性の画像

ブリーチ剤もカラー剤の仲間です。

しかし美容師が仕事で使うときは”普通のカラー剤とは別物”として扱う人がほとんど。

値段やメニューを別にしているお店もあります。

 

普通のヘアカラー剤は、髪を少し明るくして(色素を抜いて)、同時に髪の中に色を入れることで発色させます。

ブリーチ剤は髪の色素を抜くことだけを考えられた薬で、髪を明るくすることに関しては長けていますがその分ダメージも大きいです。

 

ライトナーやクリア13という薬剤も、赤や青、ピンクやオレンジなどの発色をする力はありませんが、ブリーチほど髪の毛を傷つけないで色を抜いてくれるカラー剤なのです。

 

ライトナー クリア13

中には他の名前で呼ばれていることもありますが、大体この名前で通じます。

このライトナーやクリア13というカラー剤もブリーチと同様に色素がありません。

 

ブリーチほど髪の色素やたんぱく質を壊さないので、あくまで”カラー剤”として扱われます。

 

ブリーチの後はパーマや縮毛矯正、デジタルパーマなどが出来なくなってしまいますが、ライトナーの後であれば問題なくできます。

 

ライトナー、クリア13の出せる明るさ

ライトナーでどの程度明るくなるか色の見本画像

この画像は髪の毛の明るさを数字で表したもの。

数字が大きくなればなるほど明るくなり、「○○レベル」と呼ばれます。

 

日本人の地毛(黒)はレベルが5~6ぐらい。ライトナーやクリア13では約14前後までトーンアップ(髪を明るくすること)ができます。
(髪質によっては一回でできないこともある)

 

それ以上の明るさはカラー剤では難しいのでブリーチが必要です。

 

ブリーチなしでベージュやミルクティーっぽさを出す方法

ヘアカラーをしている女性の写真

ベージュのような透明感を出すためには、もともと髪の毛にある黒や茶色の色素が邪魔。
なのでライトナーやクリア13で一度髪の毛を明るくして色素を少なくします。

色素を減らした後にカラーを重ねてあげることで、黒髪のままでは出すことができない色味を出すことができます。

 

ライトナーやクリア13はタンパク質を壊しすぎないので、髪の毛へのダメージがブリーチよりも少ないのです。

 

しかし、繰り返しますがブリーチほど色素を抜く力はないので、ベージュやミルクティーカラーを重ねた後の発色もブリーチの後ほど良くないですし透明感もありません。

これは正直仕方のないこと。

 

※縮毛矯正や黒染めをされている髪の毛は明るくなりにくいので、ライトナーやブリーチでも14レベルの明るさまで明るくなりません。

スポンサーリンク

黒髪、ライトナー、ブリーチにベージュを染めてみた

実際に見てもらった方が早いと思うので、黒髪、ライトナー、ブリーチの髪の毛を用意してベージュのヘアカラーを染めてみました。

 

髪の毛は一人の人の毛なので、明るくする前の条件は同じです。※別な人の髪の毛束だと比較の意味がない

ベージュで染める

黒髪、ライトナー、ブリーチで染めた毛束の写真

上から黒髪、ライトナー×2回、ブリーチ×1回で染めてあります。

黒髪は5レベル ライトナーは14レベル ブリーチは17レベルですね。

黒い背景で映しているのでブリーチ毛が明るく見えていますが実際はもう少し暗いです。

ベージュで染める前の毛束3本の写真 ベージュで染めた直後の毛束3本の写真

上の写真は毛束3つを並べたもの。そして下の写真は同じベージュ系カラーで染めた写真です。

結果

ベージュヘアカラーで染めた毛束3本の写真

こちらが染めあがり。

室内なので分かりにくいので下の写真が屋外で見たもの。

ベージュで染めた毛束3本を屋外で見た様子の写真

写真の毛束の上から黒髪、ライトナー、ブリーチにそれぞれベージュカラーを入れたものです。

ブリーチ毛は色素をかなり抜いているので分透明感のある色が出ています。

ライトナーは、色素が残っている分茶色が出ています。

黒髪はほとんど変化なし。

 

色を優先させるのであればブリーチでも構わないと思いますが、そこまでのダメージはちょっと…というのであればライトナーもいいのではないでしょうか。少し茶色は残りますけどね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブリーチなしでベージュを染めた毛を見ていただき、できるだけブリーチなしでベージュやミルクティーを発色させる方法も紹介させていただきました。
方法はいくつかありますが、やっぱり最後は”どの程度のベージュ感、ミルクティー感”を求めるかですね。

 

黒髪にベージュを混ぜたとしても、それはそれでベージュだと思います。赤みが少なくキレイな色です。

しかし求めている色が「その色じゃない」となってしまえば他の方法を考えなくてはいけません。

 

多くの方がヘアカラーを選ぶ時参考にするのは、雑誌のヘアカタログやネット上に載っている髪色だと思いますが、そこでヘアカラーとして紹介されている『ベージュ』や『ミルクティー』の多くが、透明感があり、黒っぽさがなく、透き通るような色味。

 

「それと同じ色が良い!」となってしまえばブリーチが必要になるのかもしれません。

 

仕事でも、「ベージュにしたいんです」というお客様に対して、黒髪に染めたベージュのサンプルを見せても、ほとんど全員に「コレじゃない」と言われ、ブリーチ後のベージュを見せると
「この色」と答えられます。

 

あとは今後髪の毛にしていきたいメニュー、ダメージ、生活などを考えた上で選ぶと良いですね。

ブリーチをしてしまうと、ブリーチした部分が残っている間はパーマ系が難しくなります。

どうしてもブリーチをしたくない!理由があってできない!という方は、紹介させていただいたライトナーで色を重ねてみるのはかがでしょうか。

やりたいこととできることのバランスと妥協点の見定めだと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です