ピンクアッシュにする方法 ブリーチありとなしで染めてみた

薄ピンク色の髪色の女性の画像

カワイイピンク系ヘアカラーと、透明感を出すことのできるアッシュを混ぜたピンクアッシュは、たくさんの人に人気のヘアカラー。

「くすんだピンクにしたい」
「透明感のあるピンク系にしたいからピンクアッシュにしたい」

と考える人は多くいらっしゃいますが、「ピンクアッシュで染めたけどイメージした色にならなかった
という方もいます。

「もっとピンクっぽさがほしかった」
「思ったような透明感が出なかった」
色々ありますが、思ったようなピンクアッシュが発色しない理由はもしかしたらメラニン色素が原因かも知れません。

メラニン色素というのはみなさんが持っている髪の毛の色素で、ヘアカラーの色の発色を邪魔してしまうもの。

 

そこで今回は、ブリーチでメラニン色素を抜いた髪の毛にピンクアッシュで染めた場合と、
ブリーチをしないでピンクアッシュで染めた場合とでどのようなヘアカラーの発色の仕方をするか。というのを実際に髪の毛を染めてみました。

学校や職場でどうしてもブリーチができないけど、どんな色になるの?と気になる方も多いと思います。

分かりやすく染めた髪を写真で見てもらい、キレイなピンクアッシュにする方法なども合わせて紹介させていただきます。

 

可愛くて綺麗なピンクアッシュで染めたい方はぜひとも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ブリーチありなしで比較ピンクアッシュ

ピンクアッシュの髪色の女性の写真

ピンクアッシュはどんな色?

ピンク感があってくすんだ感じのピンクアッシュ。

ピンクとアッシュを混ぜたようなキレイな色なのですが、どんな色なのかというと、

人の髪の毛だと

ピンクアッシュの髪の毛の写真画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/524880531562478917/

このような赤味のある色や

ピンクアッシュの髪の毛の写真画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/834010424715800600/

この写真のように透明感のある色。

ピンクアッシュの髪の毛の写真画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/447756387943076527/

この写真のような赤みがあって落ち着いた色もピンクアッシュです。

女性らしさがアップするような可愛い色ですね。

具体的には、

アッシュの毛束の写真コチラがアッシュの色の髪の毛の束。真っ白な毛の色に染めているので実際はこれほどハッキリした色にはなりませんが分かりやすい様に。

アッシュは青みがかった灰色のコト。赤みを消す力が強いのでくすんだような色になります。

コチラがピンクの毛束。こちらも真っ白な毛に染めたと時の発色です。

レッドよりは薄く、オレンジよりも赤みのある発色ですね。春に人気が出やすい色ですが、季節問わず人気のヘアカラーです。

ピンクアッシュの毛束の画像

コチラがピンクアッシュの毛束の色味。

赤味を残しつつくすんだ感じがあり、ピンクとアッシュを混ぜたようなキレイな色ですね。

 

メラニン色素ってなに?

透明感のあるヘアカラーの発色を邪魔してしまうメラニン色素。

メラニン色素というのは誰でも持っている髪の毛の色素で、日本人なら髪の毛が黒や茶色に見える原因です。
逆にメラニン色素が全くない髪の毛は、白髪。色素が全くないので真っ白なのです。

 

メラニン色素には大きく分けて2種類あり、ユーメラニンという黒や茶色の色素と、フェオメラニンという赤や黄色の色素があります。

 

髪の毛を一回ブリーチすると、金髪やオレンジのような色になりますよね?

1回ブリーチした髪の毛の画像

この写真のような髪の毛の色。コチラは黒い髪の毛を1回ブリーチした写真です。

ユーメラニンの持っている黒や茶色は抜けやすいので、簡単に消えますが、フェオメラニンの持っている赤や黄色は中々抜けにくいので残りやすいという特徴があります。

なのでブリーチを使っても黄色やオレンジっぽさが残ってしまうのです。

 

ピンク系は出しやすい

ピンク系というは暖色系。逆にアッシュは寒色系で発色が難しい色なのですが、ピンクっぽさが残るのでピンクアッシュは暖色系です。

メラニン色素は黒、茶、赤、黄色なので、どちらかというと暖色系の方が発色しやすいのです。

グレーやブルーの様な完全な寒色系ヘアカラーよりも簡単に出しやすいですよ。

 

ピンクアッシュは色々な人に似合う

ヘアカラーの似合わせの一つに、色白肌の人は暖色系ヘアカラー。色黒肌の人には寒色系ヘアカラーが似合う。というものがあります。

もちろん瞳の色や眉毛の色なども関わってきますが、肌の色で似合わせるのも方法の一つ。

赤味のあるレッド系を褐色肌の人が染めているのをイメージするとなんとなく違和感がありますよね。

逆に色白肌の人が寒色系ヘアカラーをすると顔色が悪いように見えてしまうのです。

 

しかしピンクアッシュはピンクの暖色とアッシュの寒色が混じった色。色々な長さ、色々な肌の人に似合いやすい色ですよ。

 

透明感のあるピンクアッシュにするにはブリーチが必要

透明感のあるピンクアッシュで染めたい!という場合は必ずブリーチが必要です。

髪の毛にメラニン色素が多く残っているままだと、どんな色で染めても黒や茶色が混じてしまうので透明感のある発色にならないのです。

 

色味をハッキリ出したい場合も同じですね。

ピンクやアッシュの色味をハッキリと分かるぐらいまで出したいのであれば黒や茶色が邪魔になってしまうのでブリーチを事前にしておきましょう。

ブリーチなない限りどうしても茶色ベースのピンクアッシュになってしまうのです。

もちろんそれはそれでスゴク綺麗な色なんですけどね。

 

ただし、ブリーチを行うと、時間が経ってヘアカラーが落ちてしまうと金髪になっていくというデメリットがあるので注意してください。

 

メラニン色素は少なければ少ないほどキレイな発色や透明感が出ますが、グレー系やブリー系のように完全な寒色を発色させるときほど抜く必要もありません。

もともとピンク系は日本人の髪は出しやすい色なのです。

スポンサーリンク

ブリーチありとなしでピンクアッシュを染めてみた

ピンク色の髪色の女性の写真

では実際に髪の毛をピンクアッシュに染めてみましょう。

発色を見るのは3つの毛束。

・ヘアカラーを全くしていない真っ黒な髪の毛(ヴァージン毛)
・ブリーチを1回して色素が抜け金髪になっている髪の毛
・ブリーチを2回行いさらに色素を薄くした髪の毛

この3つです。

それぞれ全く同じピンクアッシュの色で染めるので、ブリーチをしないで染めた場合とブリーチをしてから染めた場合の発色が良く分かります。

実験に使う3本の毛束の写真

コチラが今回のピンクアッシュの比較に使う髪の毛。

上から
・黒髪(ヴァージン毛)
・1回ブリーチをした髪の毛
・2回ブリーチをした髪の毛
です。

この髪の毛に

ピンクアッシュのヘアカラーで染めている髪の毛の写真

この写真のように同じピンクアッシュのヘアカラーで3本とも染めていきます。

そしてそれぞれの発色の違いを見てみましょう。

 

黒髪(ヴァージン毛)

黒髪ヴァージン毛の写真

コチラがピンクアッシュのヘアカラーで染める前の黒髪の写真。

日本人の髪の毛なので、黒色ですね。メラニン色素がたくさん残っている状態です。

ピンクアッシュ後

黒髪にピンクアッシュを染めた写真

コチラが黒髪にピンクアッシュを染めた後の写真です。

明るい色を使っていないということもありますが、それでもほとんど黒に近いですね。

日に当ててよ~く見てみるとちょっとピンクっぽいかな?というぐらいの染まり具合です。

 

ブリーチを1回した髪の毛

1回ブリーチをした髪の毛の写真

コチラが黒髪を1回ブリーチした髪の毛

ブリーチしたこといにより黒髪よりも髪の毛の色素がなくなっています。

黒、茶色の色素は壊れやすいので消えていますが、残りやすい赤、黄色の色素がまだ髪の毛の中にあるのでオレンジ金髪のような色になっているのです。

 

ピンクアッシュ後

ブリーチ1回にピンクアッシュを染めた写真

コチラが1回ブリーチした髪の毛をピンクアッシュで染めた後の写真。

完全な黒髪に染めた時よりも少し赤みが出ていますね。それでもピンクアッシュっぽさは分かりにくい…というのが素直な感想。

 

ブリーチを2回した髪の毛

2回ブリーチをした髪の毛の写真

コチラが2回ブリーチした髪の毛です。

1回ブリーチした髪の毛よりさらに色素が薄くなっていますね。

メラニン色素が少なければ少ないほど発色の邪魔になる色がなくなるので透明感のあるキレイな色になります。

 

ピンクアッシュ後

ブリーチ2回にピンクアッシュを染めた写真

コチラが2回ブリーチした髪の毛にピンクアッシュを染めた写真。

ブリーチ1回よりもさらに明るさと色味が分かりますね。

しかし、それでも茶色っぽさは残っていますね。

 

ブリーチ5回した髪の毛

ブリーチ5回した髪の毛の写真

コチラがブリーチを5回した髪の毛の写真。

白に近い薄い黄色なので、メラニン色素はほとんど抜けてしまっています。

茶色や黒、赤、黄色はキレイな発色の妨げになってしまいますが、この程度までブリーチされていればハッキリした色を出すことができます。

 

ピンクアッシュ後

綺麗なピンクアッシュの発色をした髪の毛の写真

コチラがピンクアッシュで染めた後の写真。黒髪、ブリーチ1回2回と比べてピンクアッシュがハッキリ分かりますね。

邪魔をしてしまう色素がほとんどないのでキレイです。

 

「このぐらいハッキリしたピンクアッシュにしたい!」という方はしっかりと何回もブリーチする必要がありますね。

ただし、このあたりのから髪の毛がブリーチに耐えきれなくなってくるので、様子を見ながら切れ毛やチリチリに気を付けましょう。

屋外で見たピンクアッシュ4本の毛束の写真

この写真は上から
・黒髪
・ブリーチ1回
・ブリーチ2回
・ブリーチ3回
に全て同じピンクアッシュのヘアカラーで染めたものを屋外で見たものです。

外の方が色味がハッキリわかりますからね。

ブリーチ5回の毛束だけ極端に発色していますね。

ただ今回は暗めのピンクアッシュのヘアカラーを使ったので、明るめのピンクアッシュを使えば黒髪でももっとピンク感は感じることができますよ。

 

ブリーチをする際は抜けの良いブリーチを使いましょう。時間がかかってしまいます。

ピンクアッシュで染めた後は、持ちを良くするためにピンク系のカラーシャンプーがおススメです。色素を補いながら洗うことができます。

コチラはカラートリートメントのピンク。シャンプーと組み合わせるとさらにピンクをプラスすることができます。

 

ブリーチをしないでピンクアッシュにするには?

学校や職場の関係でどうしてもブリーチすることができない…
色が抜けて来て金色になってしまうのがイヤだ…

という方も多いと思います。

そんな方にオススメなのが、ブリーチではないヘアカラー剤で出来る限り髪の毛を明るくした後にピンクアッシュで染めるという方法。

 

クリア13ライトナーと呼ばれるヘアカラーを使います。

このクリア13やライトナーというヘアカラーには、赤、青、黄、緑などの”色”にあたる色素が全く入っていません。

髪の毛を明るくするためだけに作られたヘアカラーです。

 

髪の毛を明るくするだけ。という意味ではブリーチも同じなのですが、ブリーチほど強力ではないので金髪になったりせずダメージも少ないです。

髪が明るい=メラニン色素が少ないということなので、まずはクリア13やライトナーで髪を明るく。

そしてその後にピンクアッシュで染めると、ブリーチをしないで出来るだけキレイな発色をさせることができます。

 

もちろんあくまでヘアカラー剤なので透明感もブリーチほど出ませんが、ブリーチなしではこの方法しかないのです。

 

髪の毛が元から明るい人ならブリーチなしでキレイに発色をすることも

人間の生まれ持った髪の色というのは人それぞれ違います。

真っ黒な髪の毛の人もいればハーフと間違えられるぐらい髪の毛の明るい方もいます。

 

地毛が明るい人というのは、もともと髪の毛のメラニン色素が少ない方。

とくにハーフやクオーターの方に多いですが、この方たちの中にはブリーチなしでもキレイなピンクアッシュが発色する方もいます。

 

生まれ持ったものなので、これから変えることは出来ませんが、そういった意味ではブリーチなしでもキレイなピンクアッシュにすることができる(かもしれない)と言えますね。

 

まとめ

今回はブリーチなしでピンクアッシュに染めた場合とブリーチをしてからピンクアッシュに染めた場合を紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか。ご自身のイメージに近い色はどちらでしたか?

 

大切なのは、みなさん一人一人が持っている髪の毛の色素。そして今の髪の毛の明るさ。どのくらいの透明感や発色を希望するのか。

これらが大切になってきます。

 

ブリーチのデメリットが気にならないのであればしっかり色素を抜いてあげましょう。ピンクアッシュがキレイに出ます。

しかしブリーチができない、したくない。という方は、クリア13やライトナーを使う方法か、茶色や黒色ベースのピンクアッシュで妥協するほかありませんね。

プロであってもこのへんはどうすることもできないのです。

 

もしも「どうしたらいいか分からない」という方は自己判断で失敗する前に一度美容室で相談に乗ってもらいましょう。

カウンセリングだけなら無料でできるサロンが多いので、専門家である美容師が皆さんの髪の毛を見ながら相談にのってくれますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です