ヘアカラーをした当日はシャンプーしない方が良いの?メーカーに聞いてみた

ヘアカラーされた女性の写真

美容室でヘアカラーをしてもらいキレイになった。
でもできるだけ髪の毛の色を長持ちさせたいな…

そんな時に気になりませんか?

ヘアカラーした当日シャンプーしていいのかどうか。

 

美容師さんの中にはヘアカラーをした当日、
「今日はシャンプーしないでくださいね」と言う方がいます。

いくつか理由があるのですが、絶対にダメなのか?と言われたらそうではなかったり。

 

当日にシャンプーしない方がいい。と言われるのは色落ちを考えてのこと。

 

では本当に当日シャンプーしてしまったらヘアカラーの色落が早くなるのか。

それを確認するためにも実験してみました。

それとより正確に確認するために、美容室用のヘアカラーを作っているメーカー様にも聞いてみたので参考にしてみてください。

 

これでヘアカラーをした当日にシャンプーをしていいかダメなのか。がハッキリわかります。

スポンサーリンク

ヘアカラー当日のシャンプー

美容師さんによっていう人もいれば言わない人もいるようですね。

 

当日のシャンプーをオススメしない美容師さんのほとんどが
「染めたばかりでヘアカラー落ちやすいのでシャンプーしないでください」
という意味合いで説明している人がほとんどだと思います。

お客様の髪の毛を最優先に考えてのことですが、仕上げにスタイリング剤を付けられたり、午前中に美容室行ったのであれば夜には髪の毛にホコリが付いたりしていますよね。

「気になるからシャンプーしたい」という方も少なからずいると思うんです。
そんな方の参考になればいいなと。

 

それと文章が長くなって申し訳ないので、初めにこのページの結論を言ってしまいますね。

それは「ヘアカラー当日に家でシャンプーしても全く問題ない」です。

安心して汚れを落としてください。

 

当日にシャンプーが勧められないいくつかの理由

ヘアカラー当日にシャンプーしても全く問題ありません。しかし、
美容師さんが当日にシャンプーしない方がいいと勧める理由にはいくつか理由があります。

なので、全くの間違いという訳ではないので、「この人は間違ったことを言っている!」なんて思わないでくださいね。

 

ヘアカラー染めたてはキューティクルが開いている

市販や美容室関係なく、皆さんが普段染めるヘアカラーのほとんどは「アルカリカラー」と呼ばれるアルカリ性のカラー剤です。

髪の毛はキューティクルというウロコ状の膜が傷つかないように守っていますが、ヘアカラーの成分を髪の毛の中に入れるためにキューティクルを開く必要があります。

髪の毛はアルカリ性になるとキューティクルが開くので、アルカリ性で作ってあるのです。(酸性のものもありますが長くなるのでここでは省略)

 

美容室でヘアカラーをした後シャンプーしてトリートメントを付けると思いますが、その効果で一旦はキューティクルが閉じます。

しかし、髪の毛の中に残ったアルカリ成分のせいで、1日2日は開きやすい状態なのです。

 

キューティクルが開いていると、カラーの成分が入りやすくなると同時に出やすくもなっています。

その間に色が抜けやすいことはしないでくださいね。という意味で言うこともあります。

 

濡らすとさらにキューティクルが開く

お家でシャンプーするために髪の毛を濡らすと、キューティクルはさらに開くことになります。

 

髪の毛がアルカリ性になっていて傷みやすい状態、さらに濡れたことでキューティクルが開いて、もし半が乾きで寝てしまったら…

そうです、一気に髪の毛が傷んでしまい、ヘアカラーが流れ出やすくなってしまいます。

 

100%乾かして寝ることができるのであればいいのですが、ドライヤー直後は水気が残っていることも。

ワザワザ乾かす手間を省くためにも「シャンプーしないでください」ということもあります。

 

脱脂力の強いシャンプー剤は色落が早くなる

美容室で使われるシャンプーと市販のシャンプーを比べると、市販品の方が脱脂力が強く作られているものが多いです。

洗浄成分にラウレス硫酸ナトリウムラウリル硫酸ナトリウムオレフィン(C14-16)スルホン酸Naと書かれていているものは洗浄成分が強いもの。

内容成分の上の方に書かれて入ればそのシャンプーの中にたくさん入っていることになります。

 

髪の毛が不安定でキューティクルが開いている。こんなときに脱脂力の強いシャンプーでゴシゴシ洗ってしまうとさらに色落を進めることになりかねません。

当日シャンプーするしないにかかわらず、2~3日の間はいつもよりも優しく洗うことを心掛けるといいですね。

 

染めたばかりで急に酸性にすると色が変わる

これはちょっと専門的なことなので飛ばしてもいいです(笑)

アルカリ性のヘアカラーは、染めた直後に突然酸性にしてしまうと色が一気に褪せてしまう。という特徴があります。

分かりやすく言うと、ピンクやオレンジ、アッシュなどの色味が一気に薄くなるのです。

 

シャンプーやコンデショナー、トリートメントのほとんどは弱酸性でできています。

使うことで髪の毛のPh(ペーハー)はアルカリ性から変化します。

ヘアカラーを流す時にシャンプーしなけれはいけないのは当たり前なのですが、やり過ぎてしまってPhが大きく変わり過ぎてしまうとせっかく染めた色が薄くなってしまう可能性も…

 

髪の毛はずっとアルカリ性だと傷んでしまうので早めに弱酸性に戻してあげた方がいいのですが、ヘアカラーの色持ちを優先させるのなら
空気による自然酸化で少しずつ戻してあげるのがベストなのです。

 

じゃやっぱり当日洗わない方がいいの?

まぁこんなことを聞かされたら、「え?やっぱり当日は洗わない方がいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが安心してください。

最初に言いましたが、美容室でヘアカラーをした当日に家でシャンプーしても問題ありません。

 

いままで説明してきたのはあくまで理論の話。

実際のところそこまで大きく変化しないので。

 

スポンサーリンク

ヘアカラーメーカーに聞いてみた

キチンと製造元に確認してみました。

自分だけの考えでは間違ったこともあるかもしれませんが、いくつかのメーカーさんに確認すれば確かなことが分かりますからね。

 

質問させていただいたのは、皆さんはあまり聞き慣れないかもしれませんが、美容師の世界であれば知らない方がヤバイぐらい有名な超大手会社です。

通信会社でいうところのNTTDoCoMoぐらい。ドコモ知らない人ってなかなかいないですよね。そのぐらい。

そんな会社に聞いてみたので合わせて参考にしてみてください。

 

質問内容

質問失礼いたします。
私、美容師をしている○○と申します。

お客様の髪をヘアカラーで染める時に、○○(各会社)様のヘアカラーでお客様の髪の毛を場合、当日もしくは数日シャンプーしないほうがいい。
といったことはあるのでしょうか?
また、もしあるとしたらその具体的な理由はどんなものでしょうか?

よく美容師が「今日はシャンプーしないでくださいね」とお客様に伝えるのですが、一体どんな理由があるのか知りたく質問させていただきました。

返信いただけると幸いです。どうかよろしくお願いいたします。

このような内容です。それでは各メーカー様の回答を見てみましょう。

 

アリミノ様の回答

○○ 様
お問い合わせありがとうございます。
さっそく回答申し上げます。
弊社の美容師に確認しましたが、アルカリカラーでもヘアマニキュアでも
「染めた時、当日、もしくは数日シャンプーしないほうがいい。」との
ご案内は行っていないとのことでした。
よろしくお願いいたします。

そもそも「当日にシャンプーしない方がイイ」ということを言っていないようですね。

 

ミルボン様の回答

ミルボン様はメールではなく直接電話対応でした。

伺ったところ、
ミルボン様「ヘアカラーなら当日シャンプーしても大丈夫。パーマだと不安定な状態なのでシャンプーはしない方がいいですよ

という回答を頂きました。

シャンプーしても問題なさそうですね。

 

ナプラ様の回答

ナプラ様「お問い合わせありがとうございます。
カラー施術後のシャンプーでございますが、特に当日、あるいは数日シャンプーしないほうがいいということはないと思います。
当日につきましてはカラー施術後美容室にてシャンプーされますので特に必要ないかもしれません。
翌日以降につきましては通常どおりシャンプーしていただいて大丈夫かと思います。」

このように始め回答いただきました。ですが、もうちょっと入り込んだことが聞きたかったので再度質問。

私「回答ありがとうございます。
そうですね、例えば残留アルカリの影響で、当日弱酸性のシャンプーを使いPhが変化してしまうことで普段よりも色が褪色しやすくなる…
などの化学的根拠があるのかな?と思ったのですが…
色落に関しては初日にシャンプーしてもしなくても大差ないのですかね?
空気酸化が終わっていない段階で髪の状態を変化させてしまうことでの発色の変化を知りたかったのですが…

この質問に対して

ナプラ様「返信ありがとうございます。
当日の弱酸性シャンプーにつきましては残留アルカリを中和する、等電点に戻すような効果もありますので、強い酸性のものでなければ特に問題はないかと思います。(pH5~6程度であれば大丈夫だと思います。)
色落ちにつきましては、施術後数回色落ちすることもあるかもしれませんが、これは過剰に着いた染料が落ちる場合と、髪質によっては染料が流出する場合もあるかと思います。
毛髪内部での酸化重合がしっかりできていれば、シャンプーするしないは特に大きく影響はしないものと考えます。
空気酸化が終わっていない状態での影響については前述のとおり、極端なアルカリ(高pH例えば固形石鹸等)、極端な酸(低pH例えば高濃度の酸リンス等)になると変色、褪色の原因になるかと思いますので避けていただいた方がいいかと思います。
以上のように考えますが、参考にしていただければと思います。
よろしくお願い申し上げます。」

完璧な回答ですね。多分みなさんが読んでも「??」だと思いますが最高の回答です。

ナプラ様の回答を分かりやすく言うと、

「ヘアカラー当日のシャンプーは大丈夫。でもせっけんシャンプーや固形石鹸。せっけんシャンプーとセットで売っている酸リンスを薄めないで使うと色が薄くなってしまいますよ。染めたてで洗って出てくるのは余計な色味なので問題ないですよ」

ということです。

とても参考になります。

 

ヘアカラー直後に洗ってみた

やっぱり自分自身でもちゃんと確認してみます。

論より証拠。これに勝るものはありません。

ということで実際に実験してみました。

 

褪色実験に使う毛束の写真

こちらが実験に使う髪の毛の写真。全く同じ条件の髪の毛の毛束を3つ用意します。

それぞれを同じ色でそれて、初日にシャンプー。2日後にシャンプー。4日後にシャンプーしてそれぞれどのぐらい色落ちするか確認します。

 

色落の分かりやすいピンクで染める

ヘアカラーの中でもピンクは特に落ちやすい色と言われています。

変化の分かりやすいピンクで染めるのですが、さらにわかりやすくするために一度髪の毛をブリーチしてからピンクで染めます。

毛束をブリーチしている写真

写真のようにブリーチを塗って

毛束をブリーチした後の写真

色が抜けてきたので洗います。

ブリーチが終わった毛束の写真

こちらがブリーチの終わった髪の毛の写真。

ピンクで染めている写真

さらにこの髪の毛を写真のようにピンクのヘアカラーで染めます。

ピンクで染めた後の写真

コチラがピンクで染め終わった後の写真。しっかりと色が染まっています。

この3つの髪の毛を使って色落ちを見ていきます。

 

当日にシャンプー

初日に洗う毛束の写真

コチラが1日目の色落ちを確認するための毛束。

 

ピンク色の髪の毛を作った時間が、夕方5時です。

みなさんの生活に合わせるために、染めた当日の夜23時にシャンプー&コンデショナーをします。

シャンプー後した後の写真

コチラの写真が洗い終わった状態。濡れているので乾かします。

初日に洗った毛束のドライが終わった後の写真

写真に明るい物が写り込んでいるので全体が暗くなっていますが、あとで全て一緒に比較しますので。

この写真が当日に洗ったもの。特に色落は感じませんね。

このまま続けて他の毛束の色落も見ていきます。

2日後にシャンプー

カラーして2日後に洗う髪の毛の写真

コチラがカラーして2日経った状態。

この髪の毛をシャンプーします。

洗った後の写真

シャンプーが終わって

カラーして2日後に洗った髪の毛の写真

コチラが2日後に髪の毛を洗った様子。

う~ん…当日とそんなに変わらないかなぁ…

 

4日後にシャンプー

ヘアカラーをして4日後にシャンプーする髪の毛の写真

最後にヘアカラーをした後に4日間経った髪の毛をシャンプーして色落を見ます。

さすがに4日間シャンプーしない人は少ないと思いますが。

ヘアカラーをして4日後にシャンプーした髪の毛の写真

コチラがシャンプーとトリートメントが終わった状態。

ヘアカラーをして4日後にシャンプーした髪の毛乾かした後

コチラが乾かし終わり。

う~ん、やはりあまり変わりませんね。

 

全てを比較

ではこれまでに、ヘアカラーした後当日、2日後、4日後にシャンプーした髪の毛の色の変化を全て見てみましょう。

ヘアカラー後にシャンプーした髪の毛比較の写真

この写真の髪の毛の上から当日、2日後、4日後にシャンプーした髪の毛です。

それぞれ1回ずつシャンプーしています。

 

さらに分かりやすくするために屋外だと

屋外でカラーの発色比較

こちらも上から当日、2日後、4日後です。

 

…変わりませんね(笑)

やはりメーカーさんの言うといり、美容室でヘアカラーした当日家に帰ってシャンプーしても問題なさそうです。

 

「色は変化しない」が答えですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は『ヘアカラーが終わってからすぐにシャンプーしても大丈夫か?』ということについて紹介させていただきました。

結果は『ヘアカラー当日に洗っても問題ない』ですね。

もしも美容室でスタイリング剤をたくさん付けられてしまって、「気持ち悪いから洗いたい!」と感じたら洗ってしまって大丈夫です。

 

ただし!髪の毛が濡れたまま寝てしまうとキューティクルや髪の毛全体を傷めてしまうことになります。

髪の毛はダメージが多ければ多いほどヘアカラーの持ちが悪くなります。

色が外に出てしまいやすくなってしまうのです。

 

なので必ずシッカリと乾かして寝ること。

 

「せっかく洗って乾かしてもらったんだからもう1回やりたくない」という方は無理にシャンプーする必要ありませんよ。

 

セルフカラーをされた方は家でシャンプーすると思いますが、もしもヘアカラーした後に汗をかいたりスタイリング剤をつけて洗いたくなったらその日のうちにシャンプーしても大丈夫ですよ。

 

≪関連記事≫

ヘアカラーについてまとめてあります。

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • はじめまして。
    デジパを失敗(?)したようで、いろいろググっていくうちに
    マタクさんのサイトに出会いました。
    知識が豊富な上に、私のような素人にもわかりやすいマタクさんの説明、
    とてもありがたいです。
    そんマタクさんに、デジパに関する相談、というか質問があります。

    先月、初めてデジパをかけました。
    8年ほど通った行きつけの美容院です。
    いつも担当はオーナーです。
    が、オーナーはいつもカットのみで
    パーマやシャンプーやカラーは別の人がやります。
    今回、デジパをかけてくれたのは28歳の美容師で
    ストレートパーマ(直近だと昨年9月)も彼がかけてくれました。
    外国人風にしてほしいと、雑誌のモデルを見せて
    イメージを伝えました。
    でも、結果はほぼストレート状態でした。
    納得がいかず、翌日、オーナーに相談した結果、
    1回目と同じ美容師で1週間後やり直すことに。
    しかし、それも同じ出来でした。
    これには本当にガッカリでしたが
    その美容院を信用してきた気持ちもあって、
    もう一度、オーナーに相談に行ったところ、
    たまたま彼は不在でしたが、電話で話すことができ、
    10日後に、今度は他のベテラン美容師にやり直してもらうことになりました。
    今回も、雑誌に載ってる髪型を見せ、イメージを伝えました。
    少し傷んだ毛もカットし、1からやり直しでした。
    ワインディングの後もグルグルにかかっていたので
    期待値大でしたが、最後、乾かしたら、結局ほぼストレートです。
    帰り際にそのベテラン美容師が「もし、かかり具合が弱かったら
    1、2か月あけたらかけられるから」と言われたのですが
    私には、「かかり具合が弱かった」と言われてるような気がしてなりませんでした。
    しかも、いつもだと、後ろ姿も鏡で確認させるのに
    今回はそれも無しでした。

    これは一体何が原因なのでしょうか。
    3回目を担当したベテラン曰く「1、2回目の時は薬が強かったのかもしれない」とおっしゃっていました。
    昔から、コールドでもストレートでも、パーマはかかりやすかったです。
    髪質はしっかりしていて毛量も多いです。
    ちなみに全体のカラーは1か月半ごとにかけています。

    居心地の良い、好きな美容院でしたが、
    次回からは美容院を替えようと思います。
    長々とすみません。
    拙い文章ですが、わかる範囲で結構ですので
    今回、ストレートのようになってしまったデジパの考えられる原因、
    今後、私がデジパをかけるようにできるためにするべき(?)事、注意点などがありましたら、ぜひ教えていただけないでしょうか?
    どうぞよろしくお願い致します。

    • こんにちは、読ませていただきました。

      そうですね、「1、2回目の時は薬が強かったのかもしれない」というのはストレートに終わった結果を見ると逆ですね。

      おそらく弱かったのだと思います。

      デジパの失敗は、チリチリになるかかかっていないかのどちらかですが、かかっていないのであれば修正が効くので心配しないでください。

      ただかけ直しにも1週間~時間をあけたほうがいいですね。

      それと、ヘアカラーをした直後には絶対にパーマはしないようにしましょう。

      それともう一つ考えられるのは、デジパの温度不足です。これもかかりが弱い。という考えの一つです。

      デジパは外した時に、温度が足りなくてもクルクルになります。

      しかしそれはパーマがかかっているのではなく、コテで巻いた跡がついているだけです。

      流すまで結果は分かりません。

      コールドとストレートと違いデジパは美容師側の慣れが必要な技術です。

      デジパのときだけお店を変えてもいいかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)