子供だって痛いんだ!絡んで引っかかる子供の髪の毛を直す方法3選

困っている女の子の写真

小さい子供の髪の毛って細くて柔らかいですよね。
大人の髪の毛のようなハリコシがまだない髪の毛です。

毛穴が小さく、まだ成長途中なので仕方ないと言えばしかたないですが。

 

そんな小さな子供でも大人と同じようにお風呂に入ってシャンプーします。

そんな時、同じように洗っているはずなのになぜか
「すごく絡まる」「ギシギシする」「引っかかって梳かせない」
というような経験はないでしょうか?

 

子供の髪の毛が引っかかりやすいのは、大人の様に毛が太く成長していないのでハリコシがない。
という理由の他にも原因があるのです。

 

このページでは、そんな「子供の髪の毛が絡んでしまう」「ゴワゴワしてしまう」「ギシギシする」「絡まる」「梳かせない」原因、なぜ起きてしまうのか。そしてその解決方法を紹介させていただきます。

 

もしかして乾かすのが大変だからと、子供の髪が絡んでいるのに無理やり梳かしていませんか?

大人でも痛いのに、子供の頭皮の感覚はもっと鋭いのでさらに痛いはずですよ。

まずは大人が先に気付いてあげましょう。

スポンサーリンク

絡まりやすい子供の髪の毛

寝ている子供の写真

カラーもパーマもしていないのになぜかギシギシ、ゴワゴワになる

カラーもパーマも髪の毛が傷むようなことを何もしていないのに、何故か傷んだように絡んでしまい、毎日乾かすのが大変。

と感じた方はいるのではないでしょうか。

 

子供の髪の毛が絡んでしまう理由として考えられ大きな原因は3つあります。

 

①使っているシャンプーのせい。

「子供に使うシャンプーならベビーシャンプーがいいのかな?」と「子供用」と書かれているシャンプーを使っていませんか?

ベビーシャンプー、子供用シャンプーには色々ありますが石鹸ベースのシャンプーがほとんど。

使い方を間違えてしまうと引っかかる髪の毛になってしまうのです。

 

②海水浴やプール。

習い事や学校でプールに入ることがあると思いますが、その中に含まれる消毒剤の効果で髪がゴワゴワしたりギシギシしたり絡まりやすくなります。

簡単にできる対処法も紹介しますので真似してみてください。

 

髪を乾かさないで寝ること。

髪を乾かさずに寝ることは大人でもやってしまいがち。しかし子供の柔らかい髪の毛はさらに良くない影響を受けやすいのであっという間にギシギシ、ゴワゴワになります。

 

ではこの3つの内容に関してそれぞ説明していきます。

絡まる原因と解決方法

シャンプーとトリートメントのボトルの写真

ベビー用、子供用シャンプー

いわゆる『子供用シャンプー』『ベビーシャンプー』というものです。

子供の髪の毛が絡んでしまう原因はこのシャンプーのせいである可能性が高いです。

 

「子供の髪の毛のことを考えて」と使う方がいらっしゃいます。

確かにデリケートな子供や赤ちゃんの髪の毛にとってベビーシャンプーは安全なものが多いのですが、
肌に影響の少ない石鹸系シャンプーは、一般的なシャンプーと違い成分が大きく違うので、ゴワゴワ、ギシギシ、絡まりの原因になりやすいのです。

 

安全性という面ではおススメですが、特徴を理解して使わないと違う意味での子供の負担になってします。

 

ベビー用、子供用シャンプーの多くは石鹸系

「子供用シャンプー」と「大人用シャンプー」の大きく違う点。

それは『せっけん系シャンプー』ということ。

 

”シャンプー”と一口に言っても沢山の種類があります。

高級アルコール系」「アミノ酸系」などなど

せっけん系シャンプーというはその一つ。

 

この石鹸系シャンプーは肌が敏感な人、デリケートな人におススメされるシャンプーです。

 

例えばアトピー性皮膚炎で悩む人にはこの石鹸系シャンプーで洗うと刺激が少なく洗い上げることができ、皮膚科でも勧められることがあります。

 

高級アルコール系やその他のシャンプー剤には余計なものが多く入っているものもあり、肌に影響のある化学薬品のせいで痒みが出る場合があります。

ちなみに私も大人ですが、変なシャンプーで洗うとすぐに頭皮がかゆくなります。

 

子供は大人と比べるとまだ肌が未完成。

薄く和らかく、皮膚から様々なものが吸収されてしまうことを考えても刺激になるものは少ないシャンプーの方が良いです。

そしてそれこそがせっけん系シャンプーであり、ベビー用シャンプーや子供用シャンプーなのです。

 

石鹸系シャンプーはPhが弱アルカリ性

石鹸と果物の写真

健康な髪の毛というのは中性~弱酸性のPhになっています。

逆にパーマをかけたりカラーを染める薬はアルカリ性です。

 

髪の毛は、弱酸性だと傷みにくい状態ですが、アルカリ性になるとキューティクルが開いて傷みやすくなります。

 

ベビーシャンプーや子供用シャンプーはせっけん系。せっけん系シャンプーは普通アルカリ性でできるのです。

誤解しないでくださいね。肌にいいものと髪の毛に良い物は別ですよ。

 

石鹸系シャンプー剤は高級アルコールやアミノ酸系シャンプー剤と比べ、余計な成分が少ないので、その分肌への負担は少ないのですが、弱アルカリ性~アルカリ性という髪への負担が大きいシャンプーで洗うことになるので、細くハリコシの少ない子供の髪の毛は絡みやすくなってしまうのです。

 

解決策

子供シャンプーでゴワゴワする、絡まる。という人の解決策は二つ。

無理に石鹸シャンプーにこだわる必要はない

ベビーシャンプーは肌への負担が少ないので、デリケートな肌のためにも石鹸系のシャンプーをお勧めしたいところなのですが、あまりにも絡んでしまって乾かすのも適当になってしまう…となってしまっては本末転倒。

逆に頭皮環境にとって悪影響です。

赤ちゃんは本当に肌が弱いので、肌に影響の少ないシャンプーを使うべきですが、ある程度成長したのなら大人用のシャンプーを使っても特に問題はないはずです。

 

ただ1点気を付けていただきたいのが、大人用シャンプーなら何でも良いという訳ではありません。

 

特に大々的にCMを行っているシャンプー剤などの多くは主成分が高級アルコール系(石油由来)という肌に負担の大きいものを使っています。

高級アルコール系界面活性剤のシャンプーは脱脂力も強いので、頭皮の乾燥を招いてしまい痒みなどにもつながります。

 

もし使うのであれば安全な洗浄成分のシャンプーを強くお勧めします。

 

「じゃ美容室のシャンプーなら何でもいいの?」というのはまた違うのです。

美容室で販売されているようなシャンプーでも、主成分で高級アルコール系を使ったシャンプーもあるので、
高級なものであっても安いものであっても中身を確認することが大切ですね。

 

安全な洗浄成分(界面活性剤)の早見表はコチラにまとめてあります。

使おうとしているシャンプーの内容成分と照らし合わせてみてください。

 

コチラは洗浄成分の安全性も高く引っかかりにくいシャンプートリートメントセット。

 

シャンプーではなくコンデショナーやトリートメントに目を向ける

中にはアトピー肌でどうしても石鹸系シャンプーを使わざる負えないお子さんもいるかと思います。

それならば頭皮に直接付けるシャンプーはそのままで、コンデショナーやトリートメントを付けてあげて髪の毛の絡まりやゴワゴワを取る方法がおススメ。

石鹸系シャンプーには酸リンスというコンディショニング剤が対で売っていますが、そちらでも大丈夫です。

 

コンデショナーやトリートメントは弱酸性で作られています。

アルカリ性になっている髪の毛に使うと、中性や弱酸性に戻してくれるので、開いたキューティクルが元に戻り手触りがよくなり絡まりにくくなります。

 

「トリートメントやコンディショナーなんて子供にはもったいない!」
と考えるのではなく、しっかりと使ってあげれば夜も朝も楽になります。

 

酸リンスの中には、原液だと濃いので薄めて使うものもあるので使用方法をよく確認しましょう。
アルカリ性をリセットしてくれるので手触りが良くなりますよ。

酸リンスはトリートメントやコンディショナーと比べると効果は弱いですが、余計な化学成分も入っていないのでとても安全です。

 

スポンサーリンク

プールや海水浴

海で海水浴する親子の写真

海水浴や習い事のプールでも髪の毛がゴワゴワしてしまったり絡まりやすくなってしまうことがあります。

プールには消毒の為に塩素を使い、Phを弱アルカリ性にすることで殺菌効果のある水にします。

海は海水が弱アルカリ性なのと、海水に含まれている塩分が髪の水分を奪ってしまい、乾燥させてしまうので髪の毛の状態が悪くなってしまうのです。

 

解決策

いちばん確かなのは、プールの後にすぐにシャンプーをして塩素を早いうちに流してしまう方法です。

海なら近くにあるシャワーがあれば簡単にシャンプーしてしまいましょう。ドライヤーで乾かす手間は変わりません。

 

髪の毛にのこった塩分や塩素を取り除くだけでも毛の状態は大きく違います。

 

もしもシャンプーができないのであれば、トリートメントかコンディショナーだけ付けて流す。というのも1つの手。

トリートメントかコンデショナーで髪の毛が弱酸性になるので絡みにくくなります。

小さいボトルに入れて持ち歩けば負担になりません。応急処置ですね。

塩素や塩分などが髪に残っているので家に着いたら早めに洗ってしまいましょう。

 

シャワー室などが使えないのなら洗い流さないトリートメントをつけて髪の毛を乾かすという方法でも絡みにくくなります。

コンデショナーやトリートメントと違い流す必要がないのでとても楽ですよ。

ドライヤーが使えれば一番いいのですが、もしも自然乾燥になってしまったとしても何もしないよりずっと絡みにくくなります。

 

寝る前にドライヤーで乾かしていない

寝ている小さな子供の写真

子供の髪の毛は大人の毛と比べると細くやわらかく、弱いです。

毛穴がまだ成長しきってないので、大人のような丈夫な毛が生えてこないのです。

 

そして髪は濡れるだけでキューティクルが開くという特徴があります。

キューティクルが開いたままで寝て、寝返りで髪をこすりつけてしまうと髪の毛の表面やキューティクルが傷みます。

それを日常的に繰り返すことで大人でさえ傷んでしまうのに、弱いの毛の子供ならなおさらです。

 

徐々に傷みが積み重なっていき、静電気が起きやすくなったり髪質が悪くなります。

ドライヤーで乾かす、乾かさないというのは習慣です。

子供のうちから髪の毛をドライヤーで乾かさない習慣をつけてしまうと、大人になってからも乾かしません。

髪を乾かさないで寝ることはデメリットだらけなので子供のうちからクセ付けておくと将来的なメリット画たくさんあります。

髪を乾かさないで寝ることへのデメリットはコチラ。

もしも親御さんが乾かさない習慣を持っているとしたら、大人から先に直さないと子供は真似してくれませんよ。

 

解決策

とにかくドライヤーで乾かすことを習慣にすることです。

乾かして寝た方が翌朝も楽だし、メリットが多いことをぜひ知ってください。

 

特別高いドライヤーを無理に使う必要もないので、W数が高い(1200~1500Wの間)のドライヤーを選んであげれば乾くのも早く楽です。

 

小さすぎるドライヤーで時間をかけながら乾かしていると絶対嫌になるので、風力の強いドライヤーを使いましょう。

コチラは大きすぎないドライヤーで風力が強いので、子供でも持てます。

まとめ

子供の髪の毛は大人と比べて未完成。それに髪の毛の知識もまだほとんどないので、大人が生活を変えてあげなければ絶対に変わりません。

 

「どうせ子供の髪だから」と考えるのはあまりにかわいそう。

どんなに小さくても大人と同じように、それ以上に考えてあげることも大切ではないでしょうか。

 

まずは親である大人が正しい知識を身に着けることが子供の髪の毛に良い結果に結びつきますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です