ヘアカラーしている女性

髪質改善トリートメントとヘアカラーは同時にできる?色落ちしない方法とは

髪質改善トリートメントをしてからヘアカラーする。

逆にヘアカラーしてから髪質改善トリートメントをする。

こんなとき順番や方法を間違えると、せっかく染めた色がほとんど落ちてしまいます。

髪質改善トリートメントとヘアカラーを行う時の注意点や、ベストなタイミングを紹介します。

 

スポンサーリンク

髪質改善トリートメントでヘアカラーが落ちる?

結論から言うと、髪質改善トリートメントを行うことでヘアカラーは落ちます。

髪質によっては「少し落ちた」ではなく、「完全になくなった」まであります。

 

髪に負担をほとんどかけずにツヤツヤサラサラ。クセまで伸びる効果のある髪質改善トリートメント。

しかし、特に女性のほとんどはヘアカラーをしているため、髪質改善トリートメントを行う順番やタイミングに注意が必要です。

 

「ヘアカラーが落ちた」ではなく、「思ったようなヘアカラーに染まらなかった」という逆の失敗もあるのです。

どうして髪質改善トリートメントでヘアカラーが落ちるの?

クセ毛の女性

髪質改善トリートメントに使われるのは「酸熱トリートメント」という特殊なトリートメントです。

 

髪を強烈な酸性にして、髪に新たな結合を生み出しクセを伸ばしたりツヤを出せる次世代のメニュー。

 

一般的なヘアカラーは「アルカリカラー」という、髪をアルカリ性にして毛を発色させたり色を明るくしたりします。

 

アルカリカラーは酸性に傾けてしまうとは発色が弱くなり色が薄くなるという特徴があります。

さらに、毛を酸性にすると収斂(しゅうれん)を起こし、髪の中の色素が外に出てしまうのです。

 

雑巾をギュッと絞った時に水が出てくるようなイメージですね。

雑巾をしぼる男の人

そのため、髪質改善トリートメントとヘアカラーの同時施術を断るお店もあるほどです。

スポンサーリンク

髪質改善トリートメントでどのくらい色落ちするの?

実際に、本物の毛を使って髪質改善トリートメント(酸熱トリートメント)でどのぐらい色落ちするのか調べてみました。

ブリーチで明るくした髪の毛

コチラは一度明るくした髪の毛。

その髪にヘアカラーで色を入れます。

ヘアカラーで色を入れた髪の毛

分かりやすく濃いめの青を入れました。

酸熱トリートメントの薬と髪の毛

そして、ヘアカラーの終わった髪の毛に髪質改善トリートメントにつかわれる薬(酸熱トリートメント)を付けます。

温めている髪の毛

10~15分温めるのが基本なので、機械を使って温めます。

色落ちしている髪の毛

コチラは薬を流す前の髪の毛ですが、明らかに青色が消えて薄くなっていますね。

酸熱トリートメント後色が完全に落ちら髪の毛

髪質改善トリートメントは最後にストレートアイロンで伸ばして終わり。

同じようにアイロンを使って真っすぐにします。

髪質改善トリートメントのヘアカラー色落ち変化

見やすく順番に並べるとこの写真のような色の変化をしました。

染めたはずの青色は完全になくなりましたね。

 

今回は比較しやすいようにブリーチした髪の毛で変化を調べましたが、ブリーチをしていなければ色落ちしたとしても金髪になることはありません。

 

しかし、”色味”が落ちてしまうことで今よりも髪の毛が明るくなります。

 

さらに、もしヘアカラーをした直後だとせっかく染めた色が無駄になってしまいます。

 

この失敗を防ぐには、タイミングと順番に注意する必要があります。

 

髪質改善トリートメント直後は染まりにくい?

ヘアカラーしてから髪質改善トリートメントを行うと、色が落ちてしまうことがわかりました。

 

今度はその逆。髪質改善トリートメントをしてから髪の毛にヘアカラーをして色の変化を見てみます。

黒髪

まずはコチラの2つの髪の毛を用意します。

2つとも同じ人の髪の毛で条件は同じ。カラーもパーマもしていない髪の毛です。

1つだけ髪質改善トリートメント

2つのうち1つだけをさきほどと同じように髪質改善トリートメントを行います。

1つだけ髪質改善トリートメント結果

コチラが結果。

下の髪に髪質改善トリートメントを行ったので、ツヤツヤですね。

ヘアカラーで明るくしている

そして2つの髪の毛を「ライトナー」という髪を明るくすヘアカラーで染めていきます。

仕上がりに違いがあれば、酸熱トリートメントの後は染まりやすい、染まりにくいのかが分かります。

髪質改善トリートメント後の髪を明るくした結果

コチラが仕上がり。

上の髪はそのまま明るくした髪。下の髪が酸熱トリートメント後に明るくした髪です。

 

結果は「同じ」でした。

 

ということは、酸熱トリートメント後にヘアカラーをしてもキチンと染まる。ということですね。

 

スポンサーリンク

酸熱トリートメントとヘアカラーの順番

今回の検証で分かったのは、髪質改善トリートメント(酸熱トリートメント後)とヘアカラーを同じタイミングで行う場合は、先に髪質改善トリートメントを行い、その後にヘアカラーをすると色落ちせずにキレイに染まる。

ということが分かりました。

 

しかし、髪質改善トリートメントした直後や当日はシャンプーをしてはいけません。

ストレートアイロンで伸ばした髪の毛をそのままの形をキープしたまま空気で酸化させる必要があるからです。

 

ヘアカラーは流すときに必ずシャンプーが必要になります。

髪質改善トリートメントした直後にヘアカラーをするとシャンプーを避けれなくなってしまうので、できれば当日に同時に行うのは避けたほうがいいということも分かりました。

 

例えば先に髪質改善トリートメントを行う。

そして1週間~2週間後に再び美容院に行きヘアカラーだけ行う。

 

こんな方法が一番キレイに両方楽しめますよ。

 

≪関連記事≫

スポンサーリンク
ヘアカラーしている女性
最新情報をチェックしよう!