美容師直伝 くせ毛の種類別で分かる 悩み別おススメヘアスタイル

カールヘアの女性の写真

クセ毛が、ひどくて悩んだりした事は、ありますか?

強いクセ毛だと、

  • 髪のボリュームが出過ぎる
  • まとまらない
  • 変な所がハネる
  • 朝のヘアセットで四苦八苦

こんなことが起きてしまうのではないでしょうか。

 

確かにストレートヘアに比べてくせ毛のスタイリングは大変です。

 

しかし、クセ毛の強さや種類によっては、簡単にセットが決まる、決まりやすいオススメのヘアスタイルもあるのです。

 

そこで今回は、クセ毛別におススメなヘアスタイルを紹介します。

髪型選びに困っている方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

くせ毛の種類

くせ毛の女の子の写真

まずはご自分のクセ毛がどんなクセでどんな特徴が、あるのかを見てみましょう。

一口に「クセ毛」と言っても色々な種類があります。

大きく4つの種類にわかれるのでご自分がどのクセか確認してみてください。

 

くせ毛の種類の写真画像引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/anpan26man/11637328.html

ざっと大まかに分けると下の図にある4つの種類に分類されます。

波状毛(はじょうもう)

波状毛の写真画像引用元:http://max-herai.com/くせ毛こそ似合う髪型はショート?/

見た目はパーマを、かけたかのような波状のウェーブ。

ソバージュの感じに近い。

人によって、うねりの大きさや強さが異なります。

 

捻転毛(ねんてんもう)

捻転毛の写真画像引用元:http://max-herai.com/天パやくせ毛の女性必読!!ストレートパーマの/

見た目はストレートに近いです。しかし、ところどころコイル状に曲がっています。

曲がり方から、髪と髪の間に隙間が生じやすく、ふわふわ~っと広がりやすいのが特徴。

 

連珠毛(れんじゅもう)

連珠毛の写真画像引用元:https://xn—-vb1br47cynaw21cfthiqb.com/post-453/

髪の毛の間に球が付いてるようなクセ毛。

指で表面を、なぞると時々球のようにデコボコしてるのが連珠毛の特徴。

髪の断面に細い部分と太い部分があり細い部分は、かなり、もろい。強く引っ張ると切れてしまう事も。

デコボコしてしまう為に髪の毛がパサついてみえやすい。

 

縮毛(しゅくもう)

縮毛の写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000045285/style/L001433756.html

いわゆる、ちぢれ毛。

美容師の間では、強いクセ毛のことを総称で「縮毛」と呼ぶ方もいます。

細かく縮れた髪質で、かさばりやすくブローも大変。

 

 

ご自分のクセの種類が特定できたら、まずは、それにあったヘアスタイルに近い物を選ぶとセットもしやすくなります。

判りづらい時は美容師さんに、たずねてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

クセ毛の種類別オススメのヘアスタイル(ショート~ロング)

 

女性のカールヘアの写真

クセ毛の方は全般的にボリュームが出過ぎる傾向があります。

なので思いっきりショートにするかセミロングにするなら レイヤー(段のこと)やグラデーション入りのカットにすると良いでしょう。
ロングヘアは髪の重さが加わる分ボリュームも落ち着くのでオススメです!

では、それぞれのクセ毛のイチオシヘアスタイルを、見ていきましょう。

 

波状毛

波状毛の方はボブ系のスタイルがオススメです!ショートでもロングでも似合います。

波形のクセが強く付いてるため、ストレートパーマで伸ばすか、あえてソバージュっぽさを活かしたスタイルがオススメ。

 

波状毛の方は髪質が太くてしっかりしている方も多い ようです。
ストレートパーマや縮毛矯正をしても、極端に傷みになりにくいという特徴があります。

 

グラボブスタイルならストレートにも合い、ソバージュにしてみたりとアレンジも手入れも断然しやすいです。

 

ショート

波状毛の方はトップが長めのショートヘアスタイルがオススメ。

長めのトップにする事で髪に重みが加わり、ブローなどのセットをしなくても落ち着きが良くなります。

 

ショートと言うよりは、セミショート位までの長さを残しつつのヘアスタイルが良いと言えるでしょう。

波状毛おススメョートの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000382975/style/L006342110.html

波状毛ショートおススメ写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000317167/style/L010817681.html

 ショートでもトップが、この長さでのレイヤーならクセの出過ぎも抑える事ができます。

 

ブロースタイリング無しでアレンジ抜群なのはボブスタイルならでは!

フンワリさせてセレブチックな大人の女性にも。少しタイトにしてフランスのパリジェンヌ風にも。

 

セミロング

セミロングにするとクセの強い人は、髪が広がり過ぎるケースも。

セミはロングのように髪の長さの重みが無い分、長さが中途半端になりやすいです。

そして長い程クセの出もヒドクなります。

 

そんな時は、コメカミから下の部分にレイヤー(段)を入れると良いでしょう。

髪のボリュームもスッキリしますよ。

 

更に、程よい感じになるように中間から毛先にかけて、すきバサミですいてもらうと良いでしょう。

ブローで後ろに流すスタイルもできてアレンジもしやすくなります!

 

波状毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000115486/style/L010525101.html

波状毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000385287/style/L004688516.html

波状毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000266306/style/L001397309.html?cstt=124

セミロングのレイヤー入りスタイル。同じようなカットでのソバージュスタイルとブロースタイル。
ブラシを使って横に流すだけで雰囲気がガラッと変わります。

 

ロング

波状毛の方にとって一番落ち着きが良いのがロングのソバージュスタイル
ムースやスプレー等で簡単にセットも決まりますよ。

 

ロングヘアの毛先がそろった重めのパッツン切りにすると、クセ毛のウエーブによって不揃いな感じになり目立ってしまいます。

 

ロングヘアでも毛先にレイヤーを入れて軽くすると、まとまりも良くなりスタイリングも楽になります。

波状毛おススメロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000356439/style/L003165042.html

重めになりがちな波状毛の髪質も、レイヤーを入れ毛先を軽くすくとこんな感じに!
スソつぼまりのシルエットがシャープでオシャレなヘアを演出します。

 

捻転毛

ふわふわとしたクセ毛が重なっているためボリュームが出て見える捻転毛。

しかし一般的には細い毛質の方が多く思ったよりも髪の量が少ない方も。ストレートパーマをあてるとペッタリしすぎる傾向も大いにあります。

 

見た目の感じもですが、ストレートヘアに近いのでレイヤー(段)を入れたブロースタイルのヘアスタイルが一番オススメです。

くせ毛はブローする時のクセの付きも良くカールがキレイに作れ長持ちします。

レイヤーを入れることで程よいボリューム感も出しやすくなります。

 

捻転毛の細い毛質の方は、表面の髪が特に傷みやすいです。

そのため表面の髪が短くなるレイヤーを入れる事で髪の傷みもカバーし、一石二鳥です。

 

逆に髪質が傷みやすい傾向が強い分、余りパーマ・ストレートパーマ・ロングヘアーには余り向かない毛質のようです。
少し長めのセミロング位に留めて置くことで、フワフワとした髪のまとまりや、髪のツヤも良くなるので、セミロングまでの長さが良いと思います。

 

ショート

ブローがしやすい捻転毛ならではのオススメショートヘアはベリーショートよりも少し長めのショートスタイル。

このクセ毛の方は少し長さがある方がブラシの絡みも良くブローが断然しやすくなります。

少し長めの分アレンジも多彩です。

 

ですが、ベリーショートも素敵にきまるのが捻転毛。
フワフワしたストレートに近い毛質は柔らかなパーマをあてたかのよう。

そんな捻転毛の方にオススメなのがコチラのショートスタイル。

捻転毛おススメショート画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000263247/style/L001928458.html

毛先の遊び方が自由自在。タイトにしたり毛先を遊ばせてシックにも。フェミニンにも。

捻転毛おススメショートの写真 画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000386301/style/L006726721.html

自然なフンワリ感もフワフワしやすい毛質ならではの特技なのか。
これはベティちゃんの再来?ショートヘアでもキュートでセクシーな素敵なスタイル。

 

捻転毛おススメショート 画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000369096/style/L003315089.html

フンワリとした中にも柔らかな動きのあるショートのグラボブ。
ブローによってはサイドを流すことも可能!カジュアルに!モード系にもなるアレンジ多彩なスタイル。

 

セミロング

捻転毛のフンワリとした毛質はセミロングでも活躍してくれます!
ふんわりと、丸みを帯びたセットは他の毛質では難題なのですが、捻転毛ならではの持ち味と言えるスタイリングが可能です。

捻転毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L001584413

捻転毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000115486/style/L004190150.html

捻転毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000399972/style/L010220234.html

同じようなカットのスタイリングバージョン。ブロー以外に、こんなアレンジの仕方もでます。

クセも付きやすいのでスタイリング次第でいろいろな表情に!

 

ロング

髪の手入れやメンテナンスは大変ですが、捻転毛の方でも、どうしてもロングにしたいというそんなロングヘアー好きの方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメしたいのがロングでも程よいふんわり感。ブローのしやすさ。レイヤーの入り方。どれをとっても二重丸なシャギースタイル。

トップがペタンとなりやすい捻転毛の方でもスタイリングが素敵に決まります!

 

捻転毛おススメロング写真画像引用元:https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L002050995

ヘアスプレーでフンワリとさせるとこの感じに。

捻転毛おススメロングの写真画像引用元:https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L005048689

トリートメントムース系でタイトに仕上げるとこの写真のような表情に。

表面の髪を自分でキレイに内側にスタイリングするだけで毛先のニュアンスは、こんな風に自然なラインで、仕上がりますよ。

 

連珠毛

連珠毛の方はベリーショートがオススメ。

そして、できればセミロングの長さまでにすると良いでしょう。

 

髪が所々デコボコしているので細い部分が切れやすい連珠毛。
できればブロー等でグイグイ引っ張るようなスタイルは避けたいもの。

自然な感じでセットが決まるようなスタイルが理想的。
髪の長さが長くなるほど傷みも激しくなるので連珠毛のイチオシスタイルはやはりショートヘアー。

 

デコボコしている連珠毛は髪もパサついて見えがち。ですが短くすると余り悪さをするクセでは無いので、なりたいイメージの髪型に近づけるでしょう。

ショートで無くてもグラデーション・レイヤー入りのセミショートやセミロングの短めのスタイルならオススメです。

 

髪質が、でこぼこしているのでボリュームも比較的出やすいです。
長さが短めのヘアスタイルにする事で、ボリュームの出過ぎもカバーしてくれます。

 

ショート

連珠毛の方はベリーショート等のかなり短めのスタイルならセットも簡単!

長さが短い分ロング等に比べて格段にクセの出も無くなります。
ムース等のスタイリング剤が使いやすいのもショートの醍醐味と言えるでしょう。

連珠毛おススメショートの写真 画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000236147/style/L001242763.html

連珠毛おススメショートの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000241089/style/L006967069.html

この写真のようなショートヘアならスタイリングも簡単。

手ぐしで簡単にセットできます。毎日のスタイリングが楽なのは重要ですよね!

 

この感じのショートには分け目を付けてモードっぽくアレンジしたりムースでくしゅっとしたスタイルリングやマニッシュ風にも出来て楽しいですよ。

セミロング

連珠毛のロングヘアは、トップがやや長めのスタイルが良いでしょう。

 

セミロングの、長さでトップを短くするとトップの部分のボリュームが出過ぎる傾向があります。

少し長めのレイヤー(段)を、入れると自然に落ち着かせる事ができるので良いでしょう。

 

連珠毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000327483/style/L007324174.html

連珠毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000392519/style/L007434160.html

レイヤー入りのナチュラルボブ。ひし形シルエットでスソがかなり軽くなっているので連珠毛特有のもったり感をカバーしてくれます。

アレンジとしてはピン止めやカチューシャ等のヘアーアクセサリー等を使用するのがオススメ。

自分でブローするのは難しいのでスタイリング剤でセットを決めるという手もアリですね。

 

ロング

ロングは、やはり余りオススメでは無いのですが、しいて挙げるとしたらトップから短いレイヤー(段)の入ったハイレイヤースタイルが良いと思います。

 

髪の表面に近いトップの部分からレイヤーが入ることで髪の傷みや毛質の部分をカバーしてくれる効果があります。

 

連珠毛おススメロングの写真 画像引用元:https://ameblo.jp/m-hodaka/entry-11322354176.html

連珠毛おススメロングの写真画像引用元:https://suzuyuki51.exblog.jp/iv/detail/?s=21095103&i=201312%2F12%2F24%2Fc0316624_0244928.jpg

こんな風にトップが短いハイレイヤースタイルならムースで仕上げるだけのスタイリングも可能。
軽くヘアアイロンでセットするのも難しくありません。

表面が短いハイレイヤースタイルの良い所も満載です。

 

縮毛

縮毛の方は、やはり縮毛矯正が一番キレイに仕上がると思います。

値段が高かったり年に何度か、かけないといけなかったり色々難はあると思います。

ですが縮毛の方がキレイなストレートになった時、見違えるほど美しいツヤのあるサラサラヘアーになった姿を見て何度も感動しました。

アイロン等で伸ばしてキレイにする方法もありますし素敵にセットされてる方も見かけます。

ただ、アイロンは高熱です。毎日伸ばす事によって髪の傷みも激しくなるので、なるべく気を付けるようにしましょう。

 

ショート

縮毛矯正が、かかりやすいのは、ある程度の長さのあるヘアスタイル。

なのでできればセミショート~ロングのスタイルがストレートパーマの持ちも良くなりオススメです!

真っすぐすぎるのが嫌なのであれば、縮毛矯正の後にデジタルパーマをかけると自然な感じになります。
ただし長さが短い分パーマの持ちは悪くなるのでご注意下さい。

 

縮毛おススメショートの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000273149/style/L004710133.html

縮毛おススメショートの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000283390/style/L006942137.html

ショートでもスソがすっきりとしたスタイルならボリュームの広がりやすさをカバー。
ミニマムな感じになるので小顔効果も期待でます。

 

セミロング

セミロングはトップに、長さのあるスタイル又はワンレングスが、良いでしょう。
落ち着きも、良くなり長さがある事で手入れもしやすくなります。

 

縮毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000224001/style/L003789662.html

縮毛おススメセミロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000193645/style/L009887073.html

縮毛矯正が必要になりますがストレートパーマのサラサラヘアを生かすなら、セミロングもおススメですよ!

ロング

コチラも長めのトップがオススメです!

トップが長めならレイヤー入りのヘアスタイルオススメ。ストレートロングのヘアスタイルも乾かすだけで素敵な感じに仕上がります。

 

縮毛おススメロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000306794/style/L001379281.html?cstt=31

縮毛おススメロングの写真画像引用元:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000219382/style/L012636483.html?cstt=152

中間からかなりレイヤーの入ったロングヘアー画像とロングストレートヘアーの画像です。

縮毛矯正後の髪のツヤの良さや髪がちゃんと言う事を聞くスタイリングの楽さは本当に便利ですね。

 

まとめ

今回紹介させていただいたヘアスタイルは全て、おススメのヘアスタイルの形です。

全ての方が、説明で紹介したヘアスタイルと全く同じになるわけではない。ということをご理解ください。

 

しかし、美容師さんとヘアスタイルを相談するときに必ずや参考になるはずです!

 

クセ毛とは、スタイル次第でまとまりづらくなったり頭が爆発したように見えたり。

割りとやっかいなイメージを、持たれている方も多かったのではないでしょうか?

 

しかし、クセ毛の特徴を活かして個性的で素敵なヘアスタイルにできるのもこのクセがある方ならではのコト。

 

自分で選ぶことのできない言わば天から与えられた産物。

ならばその髪質を存分に楽しんでみましょう。

 

きっと誰にもマネのできない、あなただけの素敵なスタイルもある事でしょう。

これから先の素敵なクセ毛ヘアスタイルに皆様が、もっともっと出会えることを楽しみにしてます!

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)