1000カット 格安サロンの上手な使い方 元従業員が教える裏技を公開

バリカンの写真

こんにちは!格安でカットができる1000円カット。

それに1000円台で髪を切ることのできる格サロンが全国で人気ですね。

しかし中には
「イマイチ1000円カットに抵抗がある」
「利用の仕方が良く分からない」
「どうやってスタイルをお願いしたらいいの?」
「担当者の使命はできないの?」
などなど、1000円カット、格安サロンに関する疑問がある方が多いと思います。

そこで今回は、実際に1000円台の格安美容室で働いた経験のある私自身が1000円カットや格安サロンの上手な使い方オーダーの方法やコツ指名に関するちょっとした裏技などを紹介させていただきます。

気になっている方や疑問に思っている方などぜひ参考にしてみてください。

それと、ネット上にある1000円カットや格安美容室に関する誤解なんかも解いていこうかなと考えています。

スポンサーリンク

1000円カット 格安サロン

美容室の店内の写真

1000カットとは

1000円カットとは1000円という破格で髪を切ることのできる美容室や理容室のコト。

1000円の料金には普通カットに含まれているシャンプーはなく、純粋に髪を切るだけ。

切った髪の毛を飛ばしてくれたり、掃除機のようなもので吸ってくれたりするお店もあるが、店舗や会社によってやり方は異なる。

最近では1000円以下のカットサロンも登場している。

 

格安サロンとは

1500円、1700円など、1000円台で髪を切ることのできる美容室や理容室のこと。

一般的な美容室や理容室はカット料金の設定が4000~5000円するお店も多いので、その値段から比べたら破格。

1000円カットと同じようにシャンプーが値段に含まれていないお店がほとんどで、切った後に洗いたい場合は別途料金が必要。

1000円カットはメニューがカットしか行っていないお店がほとんだが、格安サロンはカラーやパーマなどのメニューにも対応しているお店が多い。

髪型の指定はできるの?

ショートヘアの男性モデルの写真

インターネットによく書かれている情報で、「1000円カットや格安サロンは髪型を指定できない」
と書かれているのをみますが、これは本当のところ、お店や担当の美容師理容師によって異なる。

というのが正解。

お店側で徹底的に「髪型の指定方法は○○㎝カット」と指定されている場合もありますが、
担当者によっては髪型の切り抜きを持って行ったときに「分かりました」と快諾してくれる人もいます。

髪を切る側としては、「具体的な髪型の指定があった方が切りやすい」という方もたくさんいますし、
「難しいカットは苦手」という人もいるので、初めて行くお店は髪型を決める時に聞いてみてもイイと思いますよ。

ダメなら注文方法を変えましょう。

人間の髪の毛は1ヶ月に約1cm伸びるので、二か月前の長さに戻したいのなら「全体に2cm切ってください」ですし、それよりも短く切りたいのであれば、3cm4cmと増やせばいいのです。

 

整えてくださいは切りにくい

時々髪型を注文される方でいらっしゃるのが、「全体的に整えるぐらい」という曖昧な表現を使われるのは髪を切る側からすると少し困ります。

カウンセリングに時間をかけられるお店ならいいのですが、1000円カットなどはスピードが命。

手早く髪型を決めなければならないうえに、「整える」というニュアンスが人によって違ってくるので
「こんなに切る予定じゃなかったのに」「もっと切ってほしかった」という失敗が起こるので、
注文する時はできるだけ具体的に伝えてあげましょう。

 

髪型を具体的に伝えるために

髪を切る美容師の写真

美容師や理容師が髪型を決める時に「ここの長さが分かれば大体わかる」というポイントがあります。

ショートへアの場合

・耳回りの長さ(どのくらい耳を出すか)
・襟足の長さ(短くスッキリさせたいか長さを残したいか)
・前髪の長さ(眉毛は隠れた方が良いか出してもいいか)
・全体の量(髪の量を減らしたいか、すこしだけ減らせばいいか)

ロングヘアの場合

・全体の長さ(結べた方が良いか結べなくてもいいのか)
・前髪の長さ(眉毛は隠れた方が良いか出してもいいか)
・段をつけるかつけないか(トップの長さを切って軽いシルエットにしたいか、残して重ためがいいか)
・全体の量(髪の量を減らしたいか、すこしだけ減らせばいいか)

このあたりを前もって決めて起きましょう。

これらのポイントは髪をカットするうえでとても重要な基点となる部分。

これらの長ささえ決まってしまえば後は繋げるだけなので全体を切ることができます。

まぁそれでも中には「うちは〇〇㎝カットしか注文できません」という場所もあるので、それはスタッフの従ってください。

ただその注文方法だと細かい部分は担当者のセンスになってしまうのが怖いところ…

 

料金の支払方法

ポケットに入った財布の写真

1000円カットや格安サロンの料金の支払い方法は、レジで支払いか、券売機などで前払いなどどちらかです。

これはお店によってバラバラなので、もし初めて行くお店で分からなかったら素直に店員さんに聞いてみましょう。

 

待ち時間

1000円カットでは普通予約をすることができません。

お店に入って受け付けた順番です。

ただし、ここからがお店によって違います。

1000円カットや格安サロンの中には待ち時間に外出が出来るお店もあるので、待ち時間が長くても一旦外に出れれば暇を持て余さずに済みます。

お店によって違うので、「一旦外に出てもいいですか?」と必ず確認をとりましょう。

外出して、順番になっても帰って来ない場合はキャンセル扱いになってしまうので注意してくださいね。

ちなみに私の働いていたお店は5人過ぎてしまった時点でキャンセルでした。

スポンサーリンク

指名ができないと言われているけど…

美容師のハサミとコームの写真

1000円カット、格安サロンでは担当者を指名することができない…とよく言われていますね。

実はコレ、ちょっと違うんです。

働いている人にしかわからない事なんですが、実は”暗黙の了解”というのがあります。

「あのお客様の担当はあの人だよね」というようなもの。

もちろん、「担当者の指名はできない」というお店の形態なので、普通はできないんですし、断られてたら素直に諦めましょう。

それでも理容師も美容師も人間。「お願いされるとなんとなくその担当に回さなきゃいけない…」と感じるので、”暗黙の了解”で指名ができることもあるのです。

 

これを行うには手っ取り早い方法が一つ。「あの人に担当してほしいのですが…」と言ってしまうことです。

「え?でも担当の指名はできないんだよね?」はい、その通り。もちろん断られるでしょう。

しかしこれで、「(あのお客様はこの人に切ってほしいんだな…)」と言うのが他の従業員に伝わります。

そして次に来たときには自然と担当してくれる(かもしれない)のです。

 

もちろん絶対ではないのでムリは言わないようにしましょうね。

この方法は電話だとお客様の顔を覚えてもらえないので、直接聞かないと効果がありません。

 

空いているか電話で聞くのもいいけど意味がないことも

電話をかける男性の写真

1000円カットや格安カットサロンはとにかく休日や祝日は混みます。

混むことを想定してあらかじめ人数を増やして対応しますが、それでも回りきらないほど。

平日は比較的落ち着いている日が多いので、それほど待たずに髪を切ってもらえますが、それでも待つことになるでしょう。

そんな時に便利なのは、お店に直接電話して「今空いていますか?」と聞くことです。

お店の混雑状況を店員さんに聞くことができます。

この方法便利ですし、実際に混在状況を聞いてくるお客様はいます。

しかし、あくまで「来店するほんの少し前」でないと意味がないということ。

 

1000円カットなどの込み具合と言うのは1日単位で決まるのではなく、時間によってムラがあります。

電話をしたときは空いていたとしても1時間後には店員さんすら予測できないので、来店するほんの少し前に確認ついでに電話するのは便利ですよ。

 

髭剃りやお顔そりは理容室へ

顔剃りをする女性の写真

髪を切ったついでに顔のヒゲや産毛そりもできる。という格安カットサロンもあります。

しかしこれは理容室限定のサービス。

美容師がもっている美容師免許では、肌に直接刃物を当てることができないので、顔そりやヒゲそりができないのです。

 

男性の中には「ついでに切ってほしい」という方もいますし、最近では女性の方も「顔の産毛を切りたい」と来店される方もいます。

行こうとしているお店が理容室なのか美容室なのか、そしてお顔そりができるのか気になる方は前もって電話で確認しておきましょう。

 

女性は美容師のいる1000円カットや格安カットサロンがおススメ

美容師も理容師も同じ髪を切る仕事。しかし、普段担当している客層や作るヘアスタイルに偏りがあるので、どうしても得意不得意というものがあります。

特に気を付けて頂きたいのは女性が利用する場合。

理容室としての1000円カットだと、「女性のお客様のヘアスタイルを作るのが苦手」という理容師さんは結構います。

女性が利用する場合は美容師の働くお店がおススメです。

判断の仕方は、電話で直接聞くのが確かですが、もしもメニューに「女性のパーマ」があればそこは美容室です。

理容師免許では女性のパーマをすることができないので、分かりやすい判断材料ですね。

逆に顔そりなどがあればそこは理容室ということになります。

 

男性のお客様でカジュアルなスタイルは美容室へ

男性のお客様で、「刈り上げは嫌だ」「ツーブロックヘアスタイルにしたい」と言った方も多いと思います。

その方は美容室の方の格安サロンに行きましょう。

理容室でもツーブロックヘアスタイルなどのカジュアルな髪型を作ることは出来ますが、
梳いたり毛先をバラバラにしたりなどはやはり美容師の方が得意な人が多いです。

逆にカッチリとした刈り上げスタイルなどは理容師さんのほうが上手なので、求めるヘアスタイルによって行くお店を変えるのもいいかもしれませんね。

 

ハサミで刈り上げをしてほしい人は理容室へ

バリカンで髪を切る男性の写真

 

男性のヘアスタイルで横や後ろを刈り上げる。というヘアスタイルがあります。

刈り上げスタイルを作る時にこだわりのあるお客様で「バリカンを使わずにハサミでやってほしい」と注文される方がいらっしゃいますが、ハサミの刈り上げは美容師よりも理容師さんの方が得意。

美容室だとバリカンの刈り上げだけしかしない。というお店も多いので注意しましょう。

 

1000円カットの人は下手なの?上手なの?

気になるところですよね。実際インターネットを見ていても「1000円カットで切ったらすごい頭にされた!」と言ったよなことを目にします。

コチラに関しては

でもまとめさせていただきましたが、正直担当する人によって全く違います。

1000円カットや格安サロンで仕事をしている人は、高価格な美容室理容室で働いていたけど、一身上の都合、給料面など様々な理由で移ってくる人もいます。

他にも自分で1度店を持ったことがある。など経歴はさまざまです。

美容師理容師経験が多い人に担当してもらうと、ハッキリ言って10分1000円とは思えない上手なカットをする人もたくさんいます。

しかし、高価格のお店に比べて早くカットに入れるというのも低価格サロンでは良くある話。

経験の浅い人に当たってしまうと「なんじゃこりゃ」というカットになってしまう人もいるのは、安かろう悪かろうで納得してもらうほかありませんね。

間違ってもカット価格帯5000円6000円と同じようなクオリティを求めないようにしましょう。

1人にかけられる時間的にも無理があります。

 

それと女性の人は美容室へ。男性の人もツーブロックやカジュアルなヘアスタイルを希望される方は美容室の格安サロンに行くようにしましょうね。

 

まとめ

・よく「髪型の指定はできない」と言われているが一概にそいうわけでもない。担当する美容師、理容師さんによって違う。
・髪型を伝える時は具体的に説明すると分かりやすい。「全体を〇〇㎝カットしてください」という伝え方も良いが、細かい部分は担当者のセンスになってしまう。
・料金の支払い方法は、レジか券売機のどちらか。前払いのお店もあるので確認しましょう。
・待ち時間に外出できるサロンもある。ただし、自分の番が来てもお店にいないとキャンセル扱いになることも。
・「指名はできない」というのが一般的だが、実は「暗黙の了解」を使った指名方法もある。
ただし、徹底して指名を禁止しているサロンもあるのでムリは言いすぎない方が吉。
・自分がお店の近くにいる時は空いているか電話で確認するのも便利。
・ヒゲそり、お顔そりは理容室を利用しよう。
・女性や男性のカジュアルなヘアスタイルをお願いする時は美容室のお店へ。理容師さんの中には女性の髪型が苦手な人もいる
・バリカンを使わない刈り上げは理容師さんの方が得意。
・1000円カットや格安サロンで働く人がヘタ。という情報もあるが、決してそんなことはない。
担当者によってかなり腕に差があるので、行きつけを見つけるか、お友達の口コミを参考にしてみよう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)