AGAに効くニナゾル(ニナゾール)シャンプー

男性の頭の写真

AGA(男性型脱毛症)を気にされる方は、普段の栄養や使用する育毛剤に関心があるのではないでしょうか。

 

どんなものを使うか。で髪の毛の抜け毛の量に差が出るなら少しでも抜け毛を減らせるほうがいいですもんね。

一般的にはあまり知られていないのですが、内容成分の効果でAGA(男性型脱毛症)に効く。というシャンプーがあります。

それは『ニナゾル(ニナゾール)シャンプー』というシャンプー剤。

 

興味があって知らべていない限りあまり聞いたことがない名前ですよね。

 

このニナゾル(ニナゾール)シャンプーには、抜け毛ホルモンを抑制する。という効果があるのです。

 

※以下ニナゾルやニナゾールと書きますが同じものです。

スポンサーリンク

ニナゾルシャンプー

AGA(男性型脱毛症)に関してはこちらの記事にまとめてあります。

ニナゾルシャンプーとは?

ニナゾルシャンプーというは、もともとフケや脂漏性皮膚炎の改善のために作られた『二ゾラルシャンプー』というシャンプーのジェネリック品です。

ニゾラル、ニナゾル、とても似ていますね。分かりやすいようで分かりにくい…

 

ジェネリック品なので、ニゾラルシャンプーとニナゾルの有効成分は同じものです。

 

「フケや脂漏性皮膚炎と抜け毛は関係ないのでは?」

 

たしかにその通り。もともと脂漏性皮膚炎向けに作られていたシャンプーなのですが、中に含まれる成分が抜け毛ホルモンを抑制する効果があるのでは。ということで一気に有名になりました。

 

ケコトナゾール

ニゾラルシャンプーに配合されていたのは、『ケコトナゾール』という成分。
これもまたあまり聞いたことのない名前。

ケコトナゾールは、カビや真菌を殺菌する効果があり、イミダゾール系抗真菌薬という名前で皮膚科で処方される薬です。

 

白癬(水虫)やカンジタなどに効果があり効果がとても強力です。

 

AGA(男性型脱毛症)はαリダクターゼⅡ型テストステロン(男性ホルモン)が結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)という抜け毛ホルモンに変化してしまうことで起こります。

 

AGA治療ではこのホルモン同士が結びつかないようにフィナステリドという成分を含んだ、フィンペシアプロペシアという薬を使っています。

 

なんとこのケコトナゾールという成分が、フィナステリドの成分にとても良く似ていて同じような効果を発揮するのです。

スポンサーリンク

AGA治療の効果アップ

リアップやロゲインという薬にはAGA治療でも使われるミノキシジルが含まれています。

ミノキシジルを使うときは、ケコトナゾール入りのシャンプーと一緒に使ったほうが効果が高くなる。という論文も発表されています。

 

飲み薬のフィナステリドは肝臓に大きな負担をかけてしまいますが、ケコトナゾールのように皮膚から吸収される成分なら副作用がかなり弱くなるので、健康被害を気にされる方にもオススメできます。

 

ケコトナゾールの副作用は?

AGA治療ではフィナステリドによる肝臓への負担という副作用があります。

それならケコトナゾールでも副作用は起きるのか気になってしまいますよね。

 

しかしご安心を。経口(飲み薬)と経皮(塗り薬)では副作用の強さが全く違います。

塗り薬は直接体内に入れない分副作用がとても弱くなるのです。

 

ケコトナゾールの副作用は
・かゆみ
・水泡
・赤み
・接触性皮膚炎

このようなことがある人もいるので、皮膚に異常があったらすぐに皮膚科で診てもらいましょう。「かゆみやかぶれが出たらまず使用をやめる」これはどんなシャンプーでも基本ですね。

ちょっとしたかゆみや赤みなら市販のシャンプーでも起こり得ることなので、ニゾラルシャンプーやニナゾルに限らず気を付けることですけどね。

 

ケコトナゾールの効果は1回で3日続く

ニゾラルシャンプーやニナゾルシャンプーに含まれているケコトナゾールは、皮膚から吸収されることで効果を発揮します。

 

皮膚から吸収されたケコトナゾールは、なんと3日も効果を発揮し続けます。

つまり、1回シャンプーで使えば三日間は抜け毛ホルモンの発生を抑制してくれるのです。

フィナステリドに比べて皮膚から吸収される分効果が弱くなるのは仕方ないことですが、長期間有効成分が残り続けてくれるのはとても心強いですね。

 

日本では一般的に売られていない

残念なことにケコトナゾールの入ったニゾラルシャンプーやニナゾルシャンプーは日本で一般的には販売されていません。

医薬品が含まれるため認可が難しいのでしょう。

 

使い方は?

ニゾラルシャンプーやニナゾールシャンプーは普通のシャンプーとは使い方がことなります。

 

普通のシャンプーなら頭皮や髪の毛の汚れが取れればいいのですが、ケコトナゾールを皮膚に吸収させなくては意味がありません。

そのため、洗って泡立てたら、流さずに3~5分程度時間を置く。というのが基本的な使い方です。

 

時間をおいている5分ほどの間に頭皮をマッサージすると血行もよくなりさらに効果的です。

 

フケや脂漏性皮膚炎の改善が目的なら週に2回ほど使用し、4週間ほど使ったのち、週に1回などのようにペースを落としていきます。

 

抜け毛予防が目的の場合は週に2~3回使用し、それを継続していきます。

 

AGA治療も同じなのですが、継続して使わないと効果が出にくいので続けることは大切です。

 

ジェネリック品なので安く買うことが出る

ニナゾールシャンプーはニゾラルシャンプーのジェネリック品です。

 

ジェネリック品というのは、有効成分が全く同じでも特許料がない分値段も安くなっているもの。

効果が同じなら安く変えた方がイイですよね。

 

ニゾラルシャンプーが大体2300円ほど。ニナゾールシャンプーは1500円ほどで買うことができます。

最初に開発されたものにこだわってニゾラルを使うのもアリだと思いますが、継続して使っていくのを前提に考えると数百円でも後々大きく変わってくるのではないでしょうか。

 

どこで買うの?

ニナゾルシャンプーは日本では一般的に販売されていないので海外からの通販です。

しかし、オオサカ堂というところが仲介で手配してくれるそうなので、そちらで買うと安いし面倒がないです。

 

ちなみに私もレビューのために買ってみたので近いうちに実際に使ったレビューをアップしますね!

 

まとめ

今回はAGAに有効なニナゾールシャンプーを紹介させていただきました。

抜け毛を予防するためには生活習慣の見直しも大切ですが、抜け毛ホルモンを作らない。という方法も有効です。

 

薄毛や抜け毛を気にするかたの多くがまずは育毛剤を考えると思います。

 

確かにミノキシジルという血管拡張作用のある成分が入っているリアップやロゲインといった育毛剤も有効ですが、フィナステリドという医薬品と同じような効果を発揮するケコトナゾールもあなどれません。

 

ケコトナゾールの入っているシャンプーは現在日本では売られていないので、海外を経由した通販でしか買えませんが、日本で売られている少し高価なシャンプーと同じ程度の値段で買うことができるので、もしも興味のある方は試してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です