ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドとは?安全性や成分特徴

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドサムネイル

このページでは、育毛効果のあるシャンプーなどに使われるピロリジニルジアミノピリミジンオキシドについて紹介します。

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドとは?

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドとは育毛効果のあるミノキシジルと似た成分を持つ、抜け毛薄毛対策に効果のある成分のことです。

 

別名ピディオキシジルやミノキシジル誘導体とも呼ばれています。

 

もともとAGA治療や高血圧の治療に使われるミノキシジル(血管拡張作用のある成分)がありましたが、かぶれ、めまいやたちくらみ、むくみ、動悸、肝臓への負担など副作用のある薬でした。

 

そこでミノキシジルの副作用を抑え、血管拡張や育毛効果を残したものとして開発されたのがピロリジニルジアミノピリミジンオキシドなのです。

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドの特徴

ミノキシジルの副作用を抑えた成分なので、安全性はとても高いです。

育毛シャンプーだけでなく、まつ毛美容液やマスカラなど、デリケートな部分に使う化粧品類などにも使われるほど。

 

ただ、100%ミノキシジルの効果が得られるというわけではないようです。

 

ミノキシジルにはもともと血圧降下作用があり、血行促進作用がありました。

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドは血行促進作用はないため、効果は弱くなってしまうのです。

 

もちろん安全性が高いことには代えがたいですけどね。

 

そして、男性ホルモンが変性した抜け毛ホルモン(DHT)を抑える効果はありません。

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド単体では男性型脱毛症への効果は血管拡張による補助的な役割しかないので過度な期待は禁物です。

もちろん他の成分との相乗効果は十分に狙えますが。

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドに、シアル酸を加えたPPTEや、さらにEGFなどをまぜたESP-コンプレックスAなどのピロリジニルジアミノピリミジンオキシド関連の成分なども作られています。

ESP-コンプレックスAについてはコチラ:https://horus-jnl.com/files/ES001-leaflet.pdf

シアル酸 ヒトの母乳や唾液に含まれる成分。免疫機能などにも関わる成分
EGF 肌細胞再生効果のある成分。もともと体内にあるものだが、本来持っている肌再生能力を引き上げる効果があるとされている

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドが含まれる化粧品を使うことで、肌機能が整い、質の高い育毛効果が得られるということ。

 

さらにミノキシジルよりも肌への浸透率が高いので、細毛や抜け毛が気になる人にはおススメの成分です。

 

すでにある髪に働きかけて、太く健康的な髪に導く。

そしてこれから新しく生える髪の毛の環境を整え、質の良い髪に導く。

こんな成分です。

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドの毒性や安全性

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドは安全性が高い成分です。

アレルギー検査や毒性試験の結果が不明なので、明確な断定はできません。

 

しかし、現状デリケートなまつ毛の美容液などにも使われていることから、安全性の高い成分だと判断できます。

 

使用前にパッチテストなどで確認を行えば、安心して使えますよ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)