水溶性コラーゲンとは?安全性や成分の特徴

水溶性コラーゲン

このページでは、水溶性コラーゲンについて紹介します。

水溶性コラーゲンとは?

水溶性コラーゲンとは、動物や魚の真皮を原材料として作られているコラーゲンのことです。

シャンプーなど化粧品類に使われることの多い成分です。

 

水溶性大きく動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンに分けられます。

動物性コラーゲン 保湿効果が高い。しかし、体内に吸収されにくい
海洋性コラーゲン 吸収力が高く肌になじみやすい。アレルギーの可能性も少ない

同じ水溶性コラーゲンでも、目的に合わせた選び方が効果的ですね。

水溶性コラーゲンの特徴

水溶性コラーゲンは主に保湿目的で使われます。

 

肌がしっかり保湿されると、乾燥による肌荒れを防ぐだけでなく、肌のハリもアップします。

肌にハリが出てくるとシワの予防や若々しく見えることにもなり、アンチエイジングにつながります。

 

さらに水溶性コラーゲンには肌に皮膜を作る効果もあります。

皮膚に膜が張られることで、水分が蒸発することを防ぎ、さらに乾燥を防げるのです。

 

肌にとってメリットの多い成分ですが、髪の毛や頭皮に効果があります。

 

髪の毛は乾燥するとパサつくだけでなく、引っかかりやすくなり抜け毛も増えます。

 

保湿効果の高い水溶性コラーゲンは、間接的に抜け毛を防止してくれるのです。

 

さらに、頭皮が乾燥して環境を悪くしてしまうと、フケが多くなってしまい清潔感が損なわれます。

 

食べても良しな水溶性コラーゲン

髪の毛を保湿する効果が高い水溶性コラーゲンですが、食事で摂取しても嬉しい効果があります。

 

コラーゲンを食べると、胃の中でゼラチンになり、アミノ酸やペプチドに変換されます。

 

コラーゲンがそのまま栄養にはならないのですが、作られたアミノ酸は髪を太く健康的に導いてくれます。

 

水溶性コラーゲンの毒性や安全性

水溶性コラーゲンは

皮膚刺激:ほとんどなし
眼性刺激:ほとんどなし
アレルギー性:ほとんどなし

と、とても体に悪影響が少ない成分です。

 

水溶性コラーゲンはたんぱく質の一種なので毒性は一切ありません。

ただ水溶性コラーゲンは動物や魚から作られているため、アレルギーがある人は注意が必要です。

 

「絶対に安心」とは考えずに、トラブルが起きたらすぐに専門の医師に相談することを忘れずに。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)