ポリクオタニウム-10とは?安全性と成分の特徴

ポリクオタニウム-10サムネイル

このページではポリクオタニウム-10について紹介します。

ポリクオタニウム-10とはどんな成分?

ポリクオタニウム-10とは、ヒドロキシエチルセルロースに塩化グリシジルトリメチルアンモニウムを付加して作るチッ素含有セルロースエーテルで、カチオン性(+)のポリマーです。

化粧品成分の表示だと、ポリクオタニウム-10と記載されます。
そして、医薬部外品登録の商品では別名ヒドロキシエチルセルロースと呼ばれます。

表面に薄い皮膜をつくる効果があり、帯電防止や柔軟効果のある成分です。

 

成分の特徴は?

ポリクオタニウム-10の特徴は、天然由来の成分を元に作る皮膜形成・コンディショニング効果です。

カチオン性つまり+の電気を有しています。

 

(+)の電荷を与えて、静電気の原因になる(-)の電気を放電させることで起きにくくなる仕組みです。

 

原材料は植物性天然セルロース。

糖の1部をカチオン化することにより生成される植物由来の高分子。

主に

  • シャンプー
  • ローション類
  • 石鹸

などによく使われます。

 

一般名称はポリクオタニウム-10ですが、医薬部外品として別名カチオン化セルロースとよばれる場合もあります。

効果は

  •  髪・肌表面に薄い膜を形成し、外からのダメージを予防
  •  髪にはり・こしを与える
  •  保湿効果、肌荒れ対策
  •  静電気をおさえる

など様々な効果が期待できます。

使い道は?

ポリクオタニウム-10が配合されている商品は多くあります。

  •  シャンプー
  •  コンディショナー
  •  トリートメント
  •  ヘアケア商品全般

帯電防止効果があるので、シャンプーなどに配合すると髪を洗う際に髪がきしんだり絡まったりするのを防いでくれます。

シリコンの代わりとしてポリクオタニウム‐10が配合されることが多く、1990年代に流行した「リンスインシャンプー」にもよく配合されていました。

 

ポリクオタニウム-10が配合されているシャンプー

1. アロマキフィ モイスト&エアリー シャンプー
頭皮環境を改善を目的としたシャンプー。
18種類の植物エキスと美肌成分を配合。
低価格でお得に利用できます。

2. いち髪 濃密W保湿ケアシャンプー
W保湿成分あんず油&茶花エキス配合。
ほろ甘いあんずと上品な桜の香りがします。

3. ジュレーム シャンプー
髪を芯から補修するノンシリコンシャンプー。
広がる髪も地肌から潤って、しっかりまとまる髪に。

4. 馬油シャンプー
ノンシリコンで髪と頭皮に負担をかけないシャンプー。
馬油成分が傷みがちな髪を補習します。
弱酸性なので肌にとても優しいです。

5. ユント シャンプー スムース
天然由来植物成分90%以上。
キメ細やかな泡で潤いを保ちさっぱりと洗い上げる。
バリア機能をととのえ、潤いを髪にいきわたらせます。

などがあります。

ポリクオタニウム-10の毒性や安全性は?

ポリクオタニウム-10は安全性の高い成分です。

植物由来成分のため、髪や肌などに対して悪影響が少ないのが特徴です。

また、毒性ほとんどなしとされています。
(皮膚刺激性・眼刺激性・アレルギー(皮膚感作性)性の報告はありません)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)