劇的にスタイリング ヘアセットを長持ちさせる方法と大切なポイント

ウェーブヘアの女性の写真

「アイロンやコテ、ワックスなどを使ってせっかくスタイリングしたのに、あっという間に崩れてしまった」
「朝時間をかけてワックスを付けたのに気が付いたらただのバサバサヘアに…」

あんなに頑張ったのに…

なんて経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか。

せっかく時間をかけて作ったヘアスタイルも夕方にはほとんど意味がなくなっている…こんなこと。

 

私自身も昔はたくさん経験しました。

自分なりに頑張ったはずなのに、なぜか夜までスタイリングがキープできない。
夕方までにはほとんど崩れてる。早い時なんて昼にはもう…

 

「そういうものなんだ」と諦めていましたが、美容師になって「夜まで朝のスタイリングを長持ちさせる方法はある」ということを知りました。

思いのほか単純で当たり前のことばかりだったのですが、今までの私自身が知らなかったようにきっと知らない人も多いと思います。

 

そこでこのページでは、スタイリングの持ちが悪いという人のために、劇的にスタイリングの長持ち方法を紹介させていただきます。

 

我々プロである美容師が実際に仕事で使う方法や、誰でも簡単にマネできることばかりなのでぜひ参考にしてみてください。

スタイリング剤を無駄に使わなくて済むので節約にもなりますよ。

スポンサーリンク

スタイリングが長持ちしない原因

本を読む巻き髪の女性の写真

朝頑張ったスタイリングが全然長持ちしない…というのはいくつか理由があります。

ちょっとしたひと手間だったり、思っていたことと違った。というの様な単純なことなのですが、今までのご自身の髪の毛と照らし合わせながら確認してみてください。

それぞれ項目ごとに解決方法も合わせて紹介させていただきます。

 

根元が寝てしまっている

根元が倒れてしまっている髪の毛の写真

聞き慣れない人からすると「根元が寝る」ってなんだ?

と思うかもしれませんがこれはちょっとした業界用語。分かりやすく言うと「根元が潰れてしまっている」という状態です。

 

スタイリングの時は髪の毛は頭皮と垂直に立っている状態が理想。

寝癖などで枕の後が付いてしまっているのは、毛先が曲がっているのもありますが、ほとんどの場合根元が倒れ込んでしまっているので変なクセがついているのです。

 

この”根元が寝ている”という状態でスタイリングしても絶対に上手くいきませんし、長持ちしません。

 

「なぜか美容師が乾かすといつもよりまとまっている、クセが少なくなっている」など感じたことはありませんか?

 

使っているシャンプー、トリートメントの違いはありますが、
・洗い立ててで根元が潰れているのがリセットされている
・乾かすときに根元を起こしながらドライしている

この2つの理由で髪の毛が”良い感じ”になるのです。

 

頭頂部は特に気を付ける

トップ(髪のてっぺん)がつぶれてハチが張りやすいのが日本人に多い特徴です。

写真のような状態

日本人に多い、トップが潰れてハチが張っている頭の写真

イラストの様にトップが潰れて横が膨らんでいるのは、デザインのバランスがかなり悪くなります。

頭が四角く見えてしまうのです。

 

欧米人はこの逆。

頭蓋骨の形が元々頭頂部が高く、横が狭いので、同じようにスタイリングしてもバランスがよくカッコいい、カワイイのです。ボウズにしただけでも欧米人がカッコいいのはこのため。

 

寝て起きた状態は、枕で押されていたのと、頭皮の油で髪の毛の根元が寝てしまっている状態。

 

まずこの髪の毛が潰れてしまっている”余計なクセ”をリセットしなければ”良い感じ”のスタイリングをすることができないのです。

解決方法

寝癖やトップが寝てしまっているのをリセットするために一番簡単なのは、
髪の毛を一度完全に濡らしてしまうことです。

髪に付いたクセはお湯や水で濡らすことでなくなります。

夜洗ってあれば朝シャンプーをワザワザしなくても大丈夫。

余計なクセを一度0にしてからドライヤーを使ってトップを立ち上げるようにドライヤーをかけましょう。

 

ドライヤーを使って、トップに高さがあり横が膨らまない理想的なベースを作っておくのです。

しかし中には
「朝髪を全部乾かしている時間なんかないよ!」
「髪の毛がロングだから無理」
という方もいらっしゃるかと思います。

もし全部を乾かしている時間がなければ、必要な部分だけ濡らすようにしましょう。

 

その時に便利なの霧吹き。

寝癖が付いている場所やトップの部分を”根元から濡らしてから、余計な水分をタオルで取る

そしてドライヤーを使うことで時間の短縮になります。

 

霧吹きで濡らしただけだと水分量は多いので必ずタオルで拭きとってください。

毛先だけを濡らしても根元からの寝癖はとれないので、気になる部分の根元から濡らすようにしてください。

 

ドライヤーで形を作っていない

花をくわえる女性の写真

あらかじめ全体のフォルムや形をドライヤーの熱で形作っておくかどうかで、その後に付けるスタイリング剤の持ちが変わってきます。

 

スタイリングで失敗する人や持ちが悪いと感じている人の多くが、髪全体のベースが乱れている状態からスタイリング剤でなんとか形を作ろうとしています。

土台がしっかりしていないので、どんなにごまかしたとしても時間が経てばボロが出ます。

 

寝癖や潰れている毛を無理やりスタイリング剤で何とかしようと思うと、その分たくさんの量をつけなければいけなくなるのでベタベタしてしまい、重くなって潰れてしまう。
こんなことが起きるのです。

 

解決方法

まずはどんな形のスタイリングをしたいのか頭の中で大まかに決めておきましょう。

簡単に「大体こんな感じ」程度でいいです。

 

そしてドライヤーで目的のスタイルの雰囲気をを作っておき、その後にワックスを付けるようにします。

土台がしっかりできている髪の毛にスタイリング剤を付ければ持ちも格段に良くなります。

 

女性の巻き髪スタイルであれば、寝て起きた状態のまますぐにコテで巻き始めるのではなく、ドライヤーで軽くブロー。クシがなければ手グシでも大丈夫です。

ある程度形をキレイにしてから巻き始めると仕上がりもキレイです。

 

男性のショートスタイルであれば、ドライヤーでトップを立ち上げてサイドをつぶしておきます。

ストレートアイロンを使うのであればワックスの前にやっておいて、最期にスタイリング剤を付けましょう。

スポンサーリンク

 

スタイリング剤の質

高級な王冠の写真

理想は安くてどこにでも売っているワックスでキレイに長持ちさせることができれば一番いいですよね。

 

ワックスやスプレーなんでなんでも一緒だよ!という方もいると思いますが、正直なところスタイリング剤の質は仕上がりや持ちにかなり影響します。

 

自分は美容師なので普段『美容専売品』という美容室向けのスタイリング剤を使っています。
※ワックスの裏に書いてありますよ

ある時、いつも使うスタイリング剤を切らしてしまい、どうしてもセットする必要があったので薬局でワックスを購入。

硬くて持ちが良い物がいいもの。と市販のハードタイプのワックスを使いましたが、いつも通りスタイリングしたのに玄関から出るころには髪のスタイリングが崩れていました。

 

スタイリングの技術力は一般の方よりもあるはずです。しかしそれでもスタイリンがあっという間に取れてしまったことで
「あぁ…スタイリング剤の種類によっても持ちは全然違うんだな…」と改めて実感。

それ以外市販品のワックスは使っていません。

 

我々美容師は仕事でお客様の髪の毛をスタイリングをする時に市販品ワックスを使うことはありません。

理由は簡単、プロである我々が使っても上手くいかないからです。

 

「プロなんだからどんなものを使っても上手くスタイリングして!」と考えるのはごもっとも。

しかし同じプロの大工さんでも、質の悪いクギや金具で家を建てたところで、決して丈夫な良い家は建たないのです。

 

解決方法

リーズナブルな価格の市販品でいいものを探したい気持ちも分かります。私もさんざん使いました。

しかし安かろう悪かろうな部分は残念ながらあります。

 

最近では美容専売品と市販品の中間のようなスタイリング剤も多く出てきています。

 

代表的なのは「ウェーボ」や「デューサー」といったスタイリング剤。
他にも「ナカノ」というワックスもかなり市販品寄りに作られています。

 

 

使ってもあまり効果がないようなものをいくつも買うよりも、持ちが良くてスタイリングしやすいものを1個持ちましょう。

一度質の良いスタイリング剤を知ってしまった人のほとんどが、前のスタイリング剤に戻りません。

毎日使うものですし、持ちの違いの変化は自分が一番感じるのだと思います。

 

ネット販売などであれば、実際に使ったことのある人のレビューを見ることもできます。

実際に使った購入者の意見が一番参考になりますよね。

 

それでも「何を使ったらいいかわからない」という方は、髪の毛を切ってもらっときに美容師などに聞きましょう。

 

周りのお友達からおススメを聞くのも良いとは思いますが、お友達と髪質ややりたいスタイルが違う場合、使うべきスタイリング剤も変わります。

美容師ならあなたのスタイルに合わせたスタイリング剤教えてくれるはずです。

 

美容師に人気のあるスタイリング剤メーカー

私は働く場所を転々としていました。(ホントはあまり良くないですが…)

 

美容室ごとに使っているスタイリング剤はバラバラなのですが、そのときに「あ、これいいな」と感じたものをピックアップしてまとめておきました。良ければ参考にしてみてください。

 

フィニッシングスプレーを使っていない

髪の毛をさわる女性の写真

フィニッシングスプレー=仕上げに使うスプレーワックス です。

メンズの髪を立てるようなヘアスタイル、女性の巻き髪スタイルにしても、ワックスやクリームを付けただけ。でスタイリングを終えてしまうとお昼~夕方には崩れています。

必ず仕上げにスプレーワックスを使いましょう。

質のいいワックスを使えば持ちは良くなりますが、それでもスプレーを使わなければ夜まで持たせることは難しいです。

 

夕方、夜までスタイルをキープしたいのであれば、最後の仕上げのスプレーは必須です。

 

誤解しないでいただきたいのは、「それならスプレー沢山使えばベースのワックスは何でもいいんじゃない?」とは別の話。

ベースワックスの質が悪いとキレイな形をを作ることができませんし、元のワックスが良くないとやはり持ちも悪いです。

 

解決方法

長持ちするスタイリングの流れはドライヤーで形を作る→ワックス→スプレー です。

 

ワックス、クリームなどはポイントで付けることができるので、毛束感や細かい表情を作るのには向いています。

しかしスタイリングの持ちの良さを決めるのは”髪の毛の全体にスタイリング剤が付いているかどうか”がポイント。

ワックスが全く付いていない部分は、素の髪の状態なので湿気や風で簡単に崩れます。

 

だからといって髪全体に固形タイプやクリーム等を付けると、重くなってしまいベタベタするような質感になってしまいます。

 

スプレーワックスは、動きのある形を作るのには向いていませんが、全体的にまんべんなく付けることができるので、スタイルをキープさせるのに向いています。

 

美容室でスタイリングされるときも、ワックスだけでなく最後にスプレーをかけたりしませんか?

ベースワックスだけでは持ちが悪いので最後にスプレーをかけるのです。

 

自身が仕事で愛用しているスプレーを紹介します。トリエというシリーズなのですが、使いやすく持ちがいいので美容師の愛用者も多いです。

強さが10のハードスプレーはしっかり付けると夜までスタイルがそのままです。

様々なハードスプレーを使いましたが、このスプレー以上に固まる力が強いスプレーを他に知りません。

ただ、かなり硬さがあるので男性向きです。

 

女性の髪の毛なら5番のスプレー。10ほど固まらずに全体にワックスを付けることが可能なので、髪に長さがある場合こちらの方が向いています。

 

雨の日のコテ巻き

雨に打たれる女性の写真

スタイリングの持ちに天気は大きく関わります。

特に雨の日、そして湿度の高い日です。

 

特に女性のセミロング~ロングのコテを使った巻き髪スタイルは湿気に極端に弱いです。

 

ドライヤーやアイロン、コテの熱で髪の毛に付けたクセというのは、濡らしてしまうと完全に取れます。

これは水素結合(H-H)という化学変化が関係してします。

 

梅雨時期や雨の日などは湿度が高く髪全体が水分を吸ってしまうので、ただ巻いただけであればすぐに取れてしまうのです。

 

解決方法

湿気が多い日にどうしても巻き髪をキープしたいのであれば、フィニッシングスプレー(仕上げ時のスプレー)をかなりハードなタイプを使いましょう。

フンワリさせる程度の弱いスタイリンだとあっという間に取れてしまいます。

 

男性の場合も硬めのハードスプレーを付けましょう。

 

クリームやワックスを付けた程度だと職場や学校に着くころにはほとんど崩れています。

 

できれば天気が悪く、湿度が高い日は強めの巻き髪スタイルではなく、ストレートか毛先を巻く程度のスタイルが楽だと思います。

 

まとめ

・ドライヤーでベースを作る

・クリームや固形のベースワックスをつける

・ワックスやクリームだけでなく仕上げにスプレーを使う

 

これがスタイリングのもちをよくする一連の流れです。

 

使うスタイリング剤の質も重要。

まともに買うと市販品よりもずっと高いのでネット通販を使うことをおすすめします。

 

せっかく朝時間をかけて作ったスタイルならなら、夜シャンプーするまで持たせたいですよね。

正しいスタイリング法を行うだけで持ちが全然違うのでぜひマネしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です