3倍長持ち!エクステの洗い方や長持ちさせるための手入れ方法5選

エクステを付けた時のイメージ写真

たった一日で髪の毛が長くなる。

「髪の毛を伸ばすのに時間がかかって大変!伸ばせない!」という方にはピッタリのメニューですね。

 

しかし

乾かすのが面倒…
手入れはどうすればいいの?
すぐ取れちゃった…

などなどエクステを付けたはいいけど、長持ちさせる方法や毎日の手入れ方法が分からない。とお困りの方も多くいます。

 

このページではそんなエクステ初心者の方のためにエクステを長持ちさせる方法、毎日の手入れ方法を紹介させていただきます。

 

エクステは一日で髪を長くすることができてとても人気。
ですが手入れの仕方を間違えるとあっという間に絡んでしまったり、ボロボロになってしまったり、外れてしまうこともあるので注意が必要です。

 

特に気をつけなければいけないのはシャンプーのとき。

シャンプーのときに間違えた洗い方をしてしまうとたった一回でも絡んでしまいます。

 

洗い方以外にも、乾かし方、寝る前など意識するポイントはいくつかありますが、エクステは大切に扱えば2か月3か月、それ以上だって持たせることも出来ます。

エクステ長持ちの秘訣を知っておいて損はないですよ。

 

ちなみに、私が働いている美容室でもエクステを扱っています。

エクステを付けられているお客様から話を聞くと、正しい手入れ方法で扱っている人は3~4か月付けたまま持たせていますし、
逆に「手入れ方法が分からない」という方は一ヶ月以内で外してしまっている人もいます。

 

決して安くはないもの。せっかくエクステを付けたのであれば一日でも長くキレイな状態をキープしたいですよね。

スポンサーリンク

このページを簡単に説明

ロングヘアの女性の写真

いちいち全部読むのが面倒だよ!という方の為にまずこのページに書かれている内容を全体を一気に紹介しちゃいますね。

 

エクステに慣れている人ならこの説明だけでも分かると思います。

「初めてです」という方は全体を読んだ方が分かりやすいです。

気になるところがあれば、それぞれ読み進めてみてください。

 

エクステ長持ちの秘訣

・シャンプー前にエクステが絡んでいたら、お風呂に入る前に絡みを取ってから入る。絡みを取りやすくするためのブラシもあるよ。

・シャンプーの時に下を向きながら洗うと、上を向いたときに一気に絡むから必ず上を向きながらシャンプーしよう。
シャンプーの前にコンデショナーやトリートメントをエクステの毛に付けておくと絡みにくいよ。

シャンプーを流した後はしっかりトリートメントやコンデショナーを付けよう。

ドライヤーでしっかり乾かすこと。乾かすと絡みにくくなるよ。

・寝る前は左右で一つずつ大きな三つ編みを作って寝ると、寝ている間に絡みにくいよ。

 

これがこのページ全体の大まかな流れです。

ではそれぞれ細かく説明させていただきますね。

 

エクステの種類

エクステの髪の毛の写真

まずは長持ちの秘訣を知るためにもエクステの種類を知っておきましょう。

種類によっても長持ちしやすい毛と傷みやすい毛。気を付けなければいけないことも変わってきます。

 

人毛

人毛エクステの写真

エクステに使われる毛のほとんどがこの人毛を使ったエクステです。

「人毛100%」と説明があれば人毛しか使っていないエクステですね。

 

人毛は、絡みにくく地毛との馴染みも良いのが特徴。

本物の人間の毛なので、熱にも強く、コテやストレートアイロンで巻いたり伸ばしたりもできます。

 

ファイバー

最近ではほとんど見なくなりましたが、人工的に作られたファイバー素材の毛。

付け方は人毛とほとんど同じですが、熱に弱いので熱くなるボンドでは付けることが出来ません。

 

人工的に作ったものなので、いくらでも簡単に作れます。そのため値段が格安。

髪の毛のようにブラウンっぽい感じだけではなく蛍光色のようなハッキリとした色味の毛もあります。

 

ファイバーの毛は熱に弱いのでコテやストレートアイロンを使うと溶けてしまうので注意が必要。

おもに短期間的なイベントで付ける人が多いですね。

 

人間の髪の毛とのなじみが悪く、かなり絡みやすいという特徴があります。

 

エクステの付け方

三つ編み

一人の担当者で付けている時は大体三つ編みです。

編んだ後にゴムで縛り取りつけます。ゴムが切れたり緩んだりしないかぎり取れません。

エクステの毛と地毛を三つ編み状に絡ませながら編み込んでいく方法です。

 

四つ編み

三つ編みよりも強固な結び方です。担当者が2人で一本の毛を編んでいる時は4つ編みです。

 

三つ編みと同じようにゴムで結んで止めるのですが、三つ編みよりも編み方が複雑なので緩みにくいです。

ですがゴムが切れたりしてしまうと結局は取れてしまいます。

 

ボンド

編み込まずに付けるボンドエクステと、編み込んでから補強のためにボンドを付けるやり方と2種類あります。

 

ボンドだけで付ける方法は細かい毛が落ちてきたりと取れやすく、編み込んでからボンドを付ける方法はかなり丈夫に付くので持ちが良いです。

 

髪の毛にボンドが残りやすくなるという特徴もありますが、シールのような粘着成分はほとんど残りません。

 

シールエクステ

シールエクステの写真

シールエクステは、薄く取った地毛をシールで挟むように付けるエクステ。

 

地毛に貼り付けているだけなので持ちは一番悪いですが、束ではなく面で付けつので地毛との馴染みがとてもいいです。

エクステを付けていることに気付かれないこともあるぐらい。

持ちが悪いですが、短い期間だけエクステを楽しむのには向いています。

 

外した後にシールが残りやすいというのがやや難点。

スポンサーリンク

エクステを長持ちさせる方法

時計と髪のキレイな女性の写真

エクステを付けて、何日も楽しんで満足して外した。これが理想ですよね。

 

せっかくエクステを付けて日が経っていない、満足できるほど楽しんでいないのにエクステを外してしまう人もいます。

エクステを早々取ってしまう原因の第1位が
絡んでしまった』です。

 

「全然とかせないし引っかかる…あぁ!もういいや!」

こんな感じ。

 

エクステの毛が絡んでしまうのは間違ったシャンプー方法とその後の手入れ方法が一番の原因です。

 

エクステのシャンプーは、間違った洗い方をしてしまうと絡んでしまいダマになってしまいます。

そして結び目が弱くなったり、取れやすくなってしまうこともあるので特にシャンプー時は注意しましょう。

ポイント① シャンプー前

風呂場のアメニティの写真

エクステで最も多いトラブルは髪の毛が絡んでしまうことです。

 

「少し絡んでいるけどまぁいいか…」とシャンプーをしてしまうと余計に絡みます。

 

シャンプー前に毛先を整えておくだけでもシャンプーしやすくなり、絡みくくなるので事前にとかしておきましょう。

 

とかす時は目の粗いクシで

エクステの髪の毛をとかす時、細かい目のクシでとかすと髪の毛が引っかかりやすくなってしまいます。

髪の毛をとかす場合は目の粗いクシを使うと絡まりにくく楽です。

 

濡れている時に無理に目の細かいクシでとかすと髪のキューティクルを傷めてしまうことになるので注意しましょう。

目の細かいクシの写真 目の粗いクシの写真

 

まずはエクステの毛からとかす

エクステをとかす時のコツは、エクステの毛を先にとかすということ。

 

地毛もエクステも一緒にとかそうとするよりも、先にエクステの毛の絡みを取ってあげるととても楽。

エクステをとかし終えたら地毛と一緒に全体を整えるようにとかせばOKです。

 

ポイント

クシを持つ逆の手でエクステの毛をしっかり押さえます。

 

エクステが絡んでしまっている状態のまま無理にとかしてしまうと、そのまま取れてしまう可能性があります。

エクステの毛や結び目をしっかり押さえることで、毛先をとかしたときにエクステが取れることを防ぐことができます。

 

もしもすでに絡んでしまっているのであれば、エクステの毛先から順番に少しずつゆっくりとかしてあげましょう。

髪の毛の真ん中からとかして絡みを取るのはとても大変ですが、毛先から少しずつ梳かすとほぐれやすいです。

 

なぜエクステの毛をシャンプー前に梳かすのか?

シャンプーで頭皮や髪の毛を洗うとき、毛先は色々な方向に動きます。

 

イヤホンの様に絡む毛のイメージ例えていうならイヤホンのコードが髪の毛で、毛先がイヤホン本体のような感じ。

特にエクステの毛はお客様の髪の毛に付けた時はトリートメントコーティングされていて、アイロンもかけてありにサラサラにしてありますが、シャンプーしていくことでコーティングが弱くなり絡まりやすくなります。

 

元々絡んでいるまま濡らしたりシャンプーをしてしまうと、コーティングの落ちたエクステの毛がさらに絡んだりダマになってしまったり、引っかかりが原因でせっかく付けたエクステが取れてしまうことがあるのです。

 

ポイント② シャンプー時

シャンプーされている女性の写真

エクステをキレイな状態で長持ちさせるのに重要な部分です。

なぜなら、シャンプーの時が一番絡みが起きやすい時だからです。

エクステシャンプーのポイントを守って洗うようにしましょう。

 

シャンプーの洗浄力は強すぎないもの

シャンプーには大きく分けて、『毛穴スッキリ!サッパリ!地肌ケア!』のようなクレンジングタイプと『髪の毛しっとり、髪がまとまる』のモイスチャータイプのシャンプーがあります。

 

エクステの髪の毛を洗うシャンプーはモイスチャータイプを選びましょう。

 

クレンジングタイプのシャンプーは頭皮や髪の毛の脂を取ることが目的なので、洗浄力が高く、洗い上がりがキシキシ、パサパサになりやすいシャンプーが多いです。

脱脂力が強くエクステの毛も乾燥しやすくなるので、向いていません。

 

モイスチャータイプのシャンプーは、洗い上がりの髪の毛や頭皮の潤いを残して洗い上げてくれるシャンプー。

エクステの毛も潤う分絡みにくくなるのでおススメです。

 

エクステにトリートメントやコンデショナーを付けからシャンプーする

女性の手と髪の毛の写真

「シャンプーの前に先にコンデショナー付けるのは変」と思われるかもしれませんが、実はこの方法、美容室でエクステの髪の毛を洗うときにも使われる方法なのです。

 

エクステは濡れると絡まりやすくなります。

ただでさえ絡みやすいシャンプー時でも、前もってエクステの毛にコンデショナーやトリートメント付けて潤いを与えた状態でシャンプーするだけで絡みにくくなります。

 

コンデショナーやトリートメントをエクステについていたとしても、シャンプーをすれば汚れはしっかり落ちるので安心してください。

 

上を向いて洗う

上を向く女性の写真

エクステの毛をシャンプーする時は、下を向いてシャンプーしないで、上を向いてシャンプーしましょう。

髪の毛を濡らす時から上を向きます。

意外に知らない人が多いのですがとても大切。

 

下を向いてシャンプーし洗い終わると、必ず最後に髪の毛をかきあげることになると思います。

すると前に向かって降ろしていた毛を時一気に後ろに流すことになり、その時にエクステが絡まります。

 

これを避けるためにも初めから上を向いたまま頭を洗うのです。

 

具体的なイメージはこんな感じ。

下を向いて頭を洗う様子 上を向いて頭を洗う様子

どうしても下を向いた方が洗いやすいという方は、一気にかき上げたりせずにゆっくり髪を後ろに降ろすようにすると絡みにくくなります。

 

シャワーで洗う

湯船のお湯を汲んで流しても良いのですが、シャンプー中は上を向いていた方がいいので絡みにくいので、シャワーが洗いやすいです。

 

さらに、シャワーの水圧を弱めで洗うとさらに絡みにくくなります

水圧が強いと、髪の毛がその分動くので絡みやすくなります。

 

ゴシゴシ洗いではなく頭皮をモミ洗いする

地毛をシャンプーするのと同じように頭皮や髪の毛をゴシゴシ洗ってしまうとエクステは絡んでしまいます。

 

エクステの毛は優しくモミ込むように洗い、頭皮を洗うときは編み目部分に気を付けながらモミ込むように洗うと絡みにくいです。

 

1:髪の毛全体を優しく濡らす。頭頂部から毛先にお湯が流れるように

2:シャンプーはあらかじめ手で良く泡立てておく

3:頭皮の汚れを落とすようにモミ込むように洗いエクステは優しくモミ洗い

4:編み目部分にシャンプーが残らないようにしっかり流す

 

このような流れで洗ってあげましょう。

もし編み目が密過ぎて洗いにくい場合は、泡を届けるようにモミ洗いすることで汚れは取れます。無理に擦らないようにしましょう。

 

ポイント③ コンデショナー・トリートメント

トリートメントの写真

シャンプー後のエクステは油分不足でキシキシ、パサパサしやすくなっています。

髪の状態が悪いとエクステはさらに絡みやすくなってしまうので、シャンプー後には必ずトリートメントかコンデショナーを付けましょう。

 

油分を補ってあげて髪の毛の状態が良くなれば、とかしやすくなるので乾かすのも楽になります。

 

髪の水分を軽く取る

髪の水分が多すぎると、付けたトリートメントやコンデショナーが薄くなってしまいます。かと言って水分を取りすぎるとトリートメントの伸びが悪くなってしまうので、手でギュっと絞ってあげる程度に水気を取りましょう。

タオルで拭きとってからでもいいのですが、水分を摂り過ぎないように気を付けてください。

その後のトリートメントやコンデショナーが付けにくくなります。

 

モミ込むようにつける

1つ注意点なのですが、エクステの毛にトリートメントやコンデショナーは絶対にコスって付けないということ。

髪が濡れた状態で毛をこすり合わせるとキューティクルを傷めてしまい絡まりやすくなります。

 

優しくモミ込みように付けましょう。

時間を置けば効果的ですが、毎回長時間置く必要はなく、2~3分ほどモミながら時間を置いてあげるとトリートメントは十分吸収されます。

 

しっかり流す

トリートメントを流す時も、シャンプーと同じように様に上を向きながら流すと絡まりにくいです。

 

この時に「エクステはトリートメントを少し残すように」というアドバイスもあるようですが、トリートメントというのは髪の毛に対して電気的に付着します。

難しい言い方かもしれませんが、分かりやすくすると磁石のS極とN極がくっつきあうイメージ。すぐに流しても効果はあります。

 

お湯でしっかりながしたとしてもちゃんと残ります。

それにトリートメントやコンデショナーは油分が強いので、頭皮に残ると頭皮ニキビや痒みの原因にもなるのでしっかり流すようにしましょう。

 

足りない分はこの後の洗い流さないトリートメントで補うことが出来ます。

 

ポイント④ 入浴後

ドライヤーで髪を乾かす女性の写真

シャンプー後で大切なことは、完全に乾かすこと

髪の毛に水分が残っているまま寝てしまうとエクステは絡まりやすくなってしまうので、完全に乾かしましょう。

 

「私、お風呂から上がった後はすぐに乾かさないんです」

という人も特に問題ありません。寝る時に完全に乾いていればOKです。

 

時間を置くのであれば、タオルで包んでおいて水分を取って置いた方がドライヤーも楽になります。

ただし、必ず寝る前にはドライヤーで乾かしましょう。

 

特にエクステの結び目は水分が残りやすいので良くチェックしましょう。

 

ドライヤーで早く乾かす方法はコチラでも紹介しているので参考にしてください。

 

乾きにくい部分はほぐすように

エクステは結び目、束の中心部分が特に乾きにくいです。

 

結び目をいじり過ぎるとボンドや編み目が緩んでしまうので手ではいじらず、髪の毛が束になっているあたりをほぐすようにドライヤーを当てると乾きやすくなります。

 

結び目はドライヤーをしっかり当てればちゃんと乾きます。

 

エクステの毛をタオルで挟んでパンパンと叩くように

髪の毛をタオルで挟んで手で叩く写真

エクステの髪の水分がどうしてもとれない!という方は、タオルでエクステの髪の毛を挟んであげて、「パンッパンッ」と両手で挟んで叩いてあげてください。

ちょうど写真のような状態です。

タオルでこすり合わせるとエクステが絡みやすくなるので、挟んで叩くのです。

叩いた衝撃で髪の中にある水分がタオルに染み出すので、乾くまでの時間がとても早くなります。

 

ポイント⑤ 就寝前に三つ編みにしよう

三つ編みの女性の写真

 

寝ている最中の注意しなければいけないこと。それは寝返りです。

エクステの髪をおろしたまま寝ると、寝返りをしたときに髪の毛が絡んでしまうのです。

 

寝返りで髪の毛が絡むのを防ぐためには、三つ編みにして寝ること。

左右に一つずつ大きく作っておくと起きてからバサバサになるのを防ぐことが出来ます。

 

この時のポイントは、、あまり強く三つ編みを編まない事。

 

強く編んでしまうと、起きた時にウェーブのようなクセになってしまうのでゆる~く作ることが大切です。

これで寝る準備はOKです。

 

まとめ

エクステの髪の毛を取ってしまう原因で、『絡んでしまった』『傷んでしまった』などの声を良く効きます。

 

エクステの毛はケアの方法を間違えなければ半年以上キレイに持たすこともできます。(そのころには編み目が伸びてしまうので普通はそこまで付けない)

 

しかしケアの方法を間違えてしまうとあっというまに絡んで、毛が玉になってしまい高いお金を払ってせっかく付けたのに一か月もしないうちに外してしまった。なんていうこともあるのです。

 

そんな勿体ないことを防ぐためにも、このエクステのケア方法は知っておくととても便利だと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です