黒っぽい青 ブルーブラックヘアカラーに染める方法

黒髪の女性の写真

黒なら校則にも違反しないし、目立ちにくい。

それに青ならあまり見ない色だしキレイ!

 

それならブルーブラック!黒っぽい青に染めよう!!

 

と考える人は実は結構います。実際美容室でもちょこちょこ注文はあります。

 

キレイですよね。青っぽいような黒い色。

 

ですがこのブルーブラックに染めるのにはいくつか条件があります。

 

このページでは、ブルーブラックに染めることはできるのか。そして染めるためにはどうしたらいいのか。
について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ブルーブラック

ブルーブラックってどんな色

例えば

ブルーブラックの髪色の女性画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2147503756596368801

こんな写真の色や

ブルーブラックの髪色の男性画像引用元:https://mens-hairstyle.jp/search/%E9%BB%92%E9%AB%AA

こんな写真の髪色をブルーブラックといいます。

 

暗めの色だし派手になり過ぎない。とても良い色ですよね。

 

「染めたい!」という気持ちもすごく分かります。

 

ブルーブラックにすることはできるのか

さてさてこんな素敵な髪色のブルーブラック。カラーをすればできるのか?
を始めにお伝えすると

 

『元の髪色がかなり明るくないとできない』

 

です。

一見黒っぽい青なら、「日本人は黒髪なんだし、青を染めればブルーブラックになるんじゃないか??」と考えると思います。

 

これは正解であって正解ではありません。

 

確かに黒と青を混ぜることでブルーブラックのような色を作ることができます。

 

しかし、そのためには青の量をかなり多くしないとほとんどただの黒になってしまうということ。

そして日本人の髪の毛は一見黒のようで、実は赤や茶色、黄色が濃く混じり合った色だということです。

 

元の色素が邪魔をする

色相環を示したイラスト画像

この画像は『色相環』という波長である色を体系化したものです。”分かりやすくしたもの”と考えてください

 

髪の毛にはメラニン色素という”色”が存在します。

茶、黒を表現しているフェオメラニン。そして赤や黄色を表現しているユーメラニン 大きく分けてこの2種類。

白髪はこれら”色”が0なので白色なのです。

 

ブルーブラックにするのに大切な色味は青。

 

しかし青色は、黄色と混ざると緑色になり、赤色と混ざると紫になります。

 

できた緑と紫を混ぜると打ち消し合って茶色になってしまいます。

色相環で真逆にある色を『補色』と言い、補色同士を混ぜ合わせるとお互いに打ち消し合い、茶色のような濁った色になるのです。

 

色相環で並びあう色を表現することはとても簡単。

 

例えば赤と黄色をまぜてオレンジを作ることは難しくありません。

 

日本人の色素は特に赤、茶、黄色が強く、補色関係にある青色の表現はとても難しく発色しにくいのです。

スポンサーリンク

ブルーブラックを作るためには

ここまでの説明で、青色をだすのに髪の毛がもともともっている色素が邪魔をすることがお分かりいただけたと思います。

 

ではブルーブラックをつくるためにはどうしたら良いのか。

 

それは単純。髪の毛が元々持っている色素を減らしてあげればいいのです。

 

つまり『ブリーチ』です。

 

ブリーチは髪の毛の色素、特に赤色や茶色を抜く力が強いので、たった一回でもかなり減ります。

 

ブリーチで色素を減らした髪の毛に青入れて上げれば、黒髪の時よりもはるかに発色しやすいです。

 

髪質によっては、ブリーチまで強力じゃなくても、ヘアカラー剤の一番明るいクリア13やライトナーと呼ばれる薬でも可能ですが、染まりにくい人はブリーチが必要になります。

 

記事の初めに参考として載せさせていただいた写真は二枚とも毛先にブリーチがされています。

よ~く見ると、青に透明感があってキレイ出ている部分と濁っている部分があります。それは染める前の髪の毛の色が部分的に違うからなのです。

 

緑になる

髪の毛の元々の色素を減らしておくのは大前提です。

地毛でたっぷり色素が残っているのにブルーブラックをいれても発色しません。

 

しかしブリーチをしたとしても必ず黄色い色素が残ります。

 

この”黄色”が厄介で、黄色と青が混じってしまうと緑色になってしまうのです。

 

目指すのは青っぽい黒。緑っぽい黒ではありませんよね。

 

ではどうしたらいいのか

 

ただ単にブルーブラックをまぜても緑っぽくなってしまうので、そこで『紫』をブルーブラックに混ぜてあげるのです。

 

紫には青と赤の色素があります。 黄色と混ざると緑になる。そしてその緑を赤色の補色で打ち消してあげるのです。

これで黄色は打ち消されて灰色の様なさらに薄い色になります。

 

その髪の毛であればブルーブラックがキレイに発色するのです。

 

マニキュアがオススメ

ヘアカラーは、アルカリカラーと呼ばれるヘアカラーと、マニキュアカラーがあります。

 

一般的なのはアルカリカラー。

マニキュアカラーは髪色を明るくすることはできませんが、色彩の発色をキレイに出すことができます。

 

ブルーブラックを染めるときはできるだけ青色を強く発色させた方がキレイなので、染めるときはマニキュアがオススメです。

 

ブルーブラックのデメリット

もともとの髪の毛の色が明るく、その毛にブルーブラックで染めるのであれば問題ないです。

 

ですが、校則が厳しいから。バイトや仕事の関係で髪を染めることができないから。という理由でブルーブラックにするのはおススメできません。

 

もともとの髪の毛の色をブリーチなどを使ってかなり明るくする必要があります。

 

明るくした髪の毛は色の抜けも早いので、ブルーブラックが落ちてくるとどんどん金髪の様な色になります。

 

当然校則やバイトはアウト。

 

「すぐに黒染めしてこい!」とせっかくブルーブラックにしたのに黒に戻す羽目になってしまうのです。

 

まとめ

ブルーブラックにするためにはアルカリカラーやマニキュアカラーなどいくつか方法がありますが、どちらの方法にしても黒髪の状態にいくら染めてもブルーブラックになることはありません。

 

元の色素が邪魔をして青色が濁ってしまいただの茶色で終ってしまいます。

 

もしもキレイに発色させたいのであれば、カラー剤で最高の値まで明るくしておくか、髪質によってはブリーチを事前にする必要があります。

 

ファッションとしてのブルーブラックならいいと思いますが、「目立つカラーができない」という理由でのブルーブラックはおススメできません。

 

結局すぐに黒に戻してしまったのではもったいないですからね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です