ラベンダー畑と女性と子供

ラベージュカラーってどんな色?ブリーチありとなしで艶カワイイ髪へ

話題の新色の髪色「ラベージュ」や「ラベンダーベージュ」はどんなヘアカラーなのでしょうか?

  • ラベージュはどんな色か
  • ブリーチありなしだとどんな色?
  • ラベージュカラーの特徴

などについて現役美容師の経験を活かしてわかりやすく紹介します!

 

スポンサーリンク

ラベージュ(ラベンダーベージュ)ってどんな色?

ラベンダー畑を歩く女性

ラベージュカラーとは、「ラベンダー」×「ベージュ」の柔らかいブルーバイオレット系ヘアカラーです。

ラベンダーベージュカラーのことを「ラベージュ」と略しているのですが、意味は同じです。

※このページでは主にラベージュで紹介します。

シックラベージュのカラー剤

美容師がラベンダーベージュを作る時は、「ラベンダー」と「ベージュ」を組み合わせて作りますが、ミルボンのヘアカラーから「シックラベージュ」というヘアカラーから登場したことから「ラベージュ」という名前が流行しました。

 

ラベンダーカラーは、色が濃く髪質によっては紫が強調されてしまうことも。

ベージュだけでは色味が少ない。

そんなラベンダーとベージュのデメリットをそれぞれがおぎないつつ、メリットにしたのがラベンダーベージュカラーなのです。

スポンサーリンク

ブリーチありラベージュカラー

ブリーチありラベージュカラーの女性1画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130051420285/

ブリーチありラベージュカラーの女性5https://www.pinterest.jp/pin/769834130051420082/

ブリーチありラベージュカラーの女性6画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130051420164/

ブリーチした髪をラベージュカラーで染めると、より透明感と青紫感が楽しめます。

単品の「ラベンダー」だけだと紫が強くなってしまいますが、ベージュでマイルドさがプラスされるので奇抜な色にならないのが特徴。

 

紫系ヘアカラー初心者にもおススメのヘアカラーです。

ブリーチなし ラベージュカラー

ブリーチなしラベージュカラーの女性3画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130051420121/

ブリーチなしラベージュカラーの女性2画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130051420092/

ブリーチなしラベージュカラーの女性1画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130051420380/

ブリーチなしの髪にラベージュカラーを染めると、透明感のあるうっすら紫が楽しめます。

茶色がベースになるので、「青紫感」がほとんどなく、ほのかに感じる程度。

 

一般的なヘアカラーが許されている環境ならまずトラブルにはなることはないでしょう。

スポンサーリンク

ハイライトやグラデーションでもオシャレカワイイ

ハイライトとラベージュ

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130051420085/

 

グラデーションとラベージュ画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130051420361/

コチラの写真は、上がハイライト、下がグラデーションカラーとラベージュの組み合わせ。

髪全部をブリーチしたくない」「ラベージュの色は楽しみたい」

こんな時におススメなのが、筋のようにブリーチするハイライトや、毛先中心にブリーチするグラデーションをしてからヘアカラーする方法。

 

髪が傷む範囲も少ないですし、次のカットで傷んだ部分を大幅に減らすこともできます。

他にも、

  • バレイヤージュ
  • メッシュ

など、髪全部をブリーチしないテクニックはたくさんあるので、透明感のある色を楽しみたい方は参考にしてください。

 

≫市販カラーでできる 髪の毛をグラデーションカラーにする方法4選

≫バレイヤージュカラーで外国人風ヘア

 

ラベージュカラーの特徴は?

ラベンダー畑と女性の後ろ姿

ラベージュカラーの特徴はなんといっても「ラベンダー」のもつツヤ感です。

 

青みの多い紫のラベンダーは、マットやアッシュなどの寒色系に比べ、ヘアカラーの中でも艶が出やすい色味。

髪のパサつきが気になる、傷みが気になる人に特におススメです。

 

明るい髪色よりも、暗いラベージュカラーのほうがよりツヤ感がアップしますよ。

 

ラベージュカラーは色落ちすると何色?

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130051420087/

ラベンダーに多い青みは、髪の赤みを打ち消し透明感を与えてくれる効果があります。

「パープル」だと青も赤も同じ量入っていますが、より色ぬけ時の赤みを抑えたいならラベンダーがおススメ。

 

ベージュのやわらかさと、ラベンダーの赤消し効果でふんわり軽さのあるブラウンに色抜けしていくのが特徴です。

市販で楽しむならどれを使えばいいの?

市販カラーでラベージュに近い色は、ビューティーラボのメルティラベンダー(乳液)か、テディラベンダー(乳液)。

テディラベンダーの方が少し明るめですが、色が薄くなります。

他にもコチラのマニッシュラベンダー(泡)などが同じくラベンダー系ヘアカラーです。

 

泡カラーはロングヘアでも塗れますが、泡状になるので色がうすくなりやすくムラになりやすいです。
※ヘアカラーメーカーに確認済み

乳液タイプのほうが色も濃くしっかり染まりやすいので、個人的には乳液がおススメです。

ラベージュを長持ちさせる方法は?

カラーシャンプーはパープル系を

ヘアカラーを長持ちさせる便利なカラーシャンプー。使うのはラベンダー系がベスト。

しかしラベンダー系カラーシャンプーはほとんどないので、使うならパープル系が一番相性が良いです。

 

レッド系カラーシャンプーを使うと赤味が強くなってしまいますし、アッシュ系と使うとくすみ感が強くなってしまいます。

カラートリートメントも同じように、もしラベンダー系があればそれを。

種類はほとんどないはずなので、パープル系カラーシャンプーが一番おススメです。

高い温度のお湯で洗わない

シャワーで髪を流すときは、少しぬるめの温度で流しましょう。

温度が高ければ高いほど、髪の毛が膨潤してしまいヘアカラーが落ちやすくなります。

 

「冷たい!」と感じるほどだとストレスなので、負担にならない程度にぬるま湯でシャンプーやすすぎをしましょう。

 

ゴシゴシ洗いよりも揉み洗い

髪の毛はゴシゴシ洗わらなくても、しっかり泡立てれば揉み洗いで十分汚れは落ちます。

頭皮も髪もゴシゴシ洗うと、髪にストレスがかかってしまい色落ちしやすくなります。

頭皮も髪も、よく泡立てて優しく揉み洗いをすると、必要以上にヘアカラーが落ちなくてすみますよ。

 

ゴワゴワするシャンプーは避けよう

脂を取る力の強いシャンプーは、汚れを落とす効果も高い分ヘアカラーも色落ちしやすいです。

シャンプーを流したときに、ゴワゴワギシギシしない。シットリ洗えるようなシャンプーがおススメです。

 

ギシギシ髪は静電気も起きやすく、キューティクルが開いて色落ちしやすくなるので気を付けてくださいね。

 

ヘアアイロンの温度を160度以下に

毎日のヘアアイロンの温度に気を付けていますか?

髪の毛は160度以上になるとタンパク質が固まる「タンパク変性」という現象が起きてしまいます。

 

タンパク変性した髪は硬くなってヘアカラーも発色しにくくなります。

 

諸説ありますが、おおよその目安は160以上にならないようにすること。

ヘアアイロンも160度以下に設定し、髪をいたわることでヘアカラーの持ちも良くなり、これから染めるヘアカラーもキレイな色が出やすくなりますよ。

 

ラベージュの季節はいつがおススメ?

ラベージュは「赤」と「青」の特徴を持つ珍しいヘアカラー。

色も奇抜ではないので、一年中楽しむことができますよ。

それぞれ季節に合わせた色をプラスするとさらに似合わせやすくなりますよ!

ピンクラベージュで春っぽく

ピンクラベンダーベージュ画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/618611698809220482/

ラベージュにピンクを混ぜると、フェミニンに春っぽい色が楽しめます。

服も明るい色が映える時期。カワイイピンクもおススメ。

アッシュでくすみカッコいい

アッシュラベージュ画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/578008933419646909/

夏の服と相性のいいアッシュ系ならくすみカッコいいラベージュが楽しめます。

軽いエアリーな質感と色のバランスがGood。

オレンジラベージュで秋にピッタリ

ラベンダーベージュ画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/622552348483264445/

オレンジやレッドなど赤系多めのラベージュなら秋の雰囲気にもピッタリ。

アースカラーの服装に似合わせるのも簡単です。

暗めラベージュで冬のトーンに

暗めラベージュ画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/685813849498737676/

ダークトーンのラベージュは、冬のモノトーン系ファッションともよく合います。

濃い色ならダメージも隠せるので、夏秋の紫外線で傷んだ髪の毛をツヤっぽく見せることも!

まとめ

肌色や季節問わず楽しめるラベージュはカラー。

「紫ってなんだか冒険…」というイメージの人も、ベージュが入っているので安心して楽しめますよ!

ラベンダーベージュにプラス色味ミックスで季節問わず楽しめるのも特徴。

ぜひぜひカラー選びの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ラベンダー畑と女性と子供
最新情報をチェックしよう!