スタイリング

【1日持つ】前髪が湿気でうねるときの簡単にできる対策方法

投稿日:

梅雨や雨の日、湿気で髪の毛がクルン!となってしまうときありませんか?

うねってカールしている前髪

ちょうどこんな状態。

 

なんだか変だし、寝ぐせが直ってないみたいで少し恥ずかしいですよね。

 

今回はそんな湿気でうねる前髪の、簡単にできる対策方法を紹介します。

まる1日キープできるので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

わかりやすく参考のために私の髪の毛で紹介していますが、撮影したのが6月の梅雨入り発表してまもなく。

湿気が特に多い時期にも有効な対策方法です。

 

スポンサーリンク

湿気でクルンとうねる前髪対策

どうして湿気が多いと髪の毛がうねるのか

雨の日や梅雨など、天気の良くない日に髪の毛がうねったり、クセが出てしまうのは原因があります。

 

それは空気の中の水分が多すぎるので、髪の水分バランスが乱れてしまうためです。

 

シャンプーの後髪の毛が濡れているときと、乾かした時では髪のクセやボリュームなどが変わります。

湿気が多いと、濡れた髪の状態に近づいてしまうため、クセでたりひろがったり、逆にペタンコになってしまうのです。

 

大切なのは、いらない水分を髪に吸わせないこと

湿気の多い日の髪の毛をキレイに保つのに大切なのが、必要以上の水分を髪の毛に吸わせないことです。

 

湿度の高い空気に髪が触れていると、どんどん髪の水分が多くなってしまいます。

するとクセがでたりカールしてしまうので、前もって水分が変化しないようにしてあげるのです。

 

大切な3ステップ

髪の水分を理想の状態でキープさせるのに大切な3ステップを紹介します。

  • 洗い流さないトリートメントをつける
  • ヘアアイロンで伸ばす
  • フィニッシュスプレーをつける

この3つがクセを抑えるのに大切な3ステップです。

 

それぞれ意味と理由もあります。

 

洗い流さないトリートメントをつける

洗い流さないトリートメントをつけることで、髪の毛に油分を与えます。

髪表面が油膜で包まれることで、必要以上の水分が髪に入るのを防ぐことができます。

 

さらに、もともと髪の毛のなかにあった水分はキープされるので、理想の状態に近づきうねりにくくなるのです。

 

ヘアアイロンで伸ばす

ストレートアイロンで、髪を伸ばすことで、髪がうねりにくくなります。

前髪をカールさせたい人は、毛先を丸めるようにアイロンを使いましょう。

参考はコチラ

 

ヘアアイロンは、高温で髪の毛の結合を変化させることができます。

 

結合の名前は水素結合(H-H)といって、とても簡単に切れたり戻ったりします。

水素結合が一番わかりやすいのが寝ぐせです。

 

寝ぐせも水素結合の簡単なクセなので、半乾きで寝るとたくさんつきますし、濡らして乾かせば簡単に治ります。

 

あらかじめ、ヘアアイロンで髪の水素結合を、理想の形に変化させておくことで長持ちしやすくなります。

 

フィニッシュスプレーをつける

ヘアアイロンを使ったら、必ずフィニッシュスプレーをつけましょう。

ハードスプレーや巻き髪キープスプレーといったものです。

 

ヘアアイロンで作っただけのクセは、水素結合を変化させただけので簡単に取れてしまいます。

雨の日に外の出ただけでゆるくなってしまうほど。

 

なので、ヘアアイロンで作った理想の形をキープさせるためにヘアスプレーを付けてキープさせるのです。

 

スポンサーリンク

前髪をうねりにくくしてみた

では私の髪の毛で前髪の湿気対策方法を実践してみます。

さきほども見ていただきましたが、湿気の強い日に何も対策をしていない前髪は

うねってカールしている前髪

このように何とも恥ずかしいカールになってしまいます。

朝前髪を直して、仕事が終わってからの夜に結果の写真を撮っています。

 

おススメな方法は2パターンです。

 

  1. 洗い流さないトリートメントをつけるだけ
  2. 洗い流さないトリートメント、ヘアアイロン、スプレーまで付ける

この2つ。

 

「究極にめんどくさいので時間をかけたくない!!」

という方は洗い流さないトリートメントだけを付ける方法がおススメです。

 

濡らして乾かすときに付けるだけのでメンドクサガリさんでも簡単。時間も早いです。

 

洗い流さないトリートメントつけるだけ

時間をかけたくない、面倒くさい!という方におススメです。

濡らした髪

 

まずは、寝ぐせをリセットするために髪を濡らします。

ショートヘアなら髪を全部濡らしましょう。

全部を乾かす時間がない人は、前髪だけを濡らせば乾かすのも簡単です。

 

そして濡らした髪に洗い流さないトリートメントをつけます。

 

夜のうちに洗い流さないトリートメントを付ける人も、朝付け直すと長持ちしやすくなります。

 

洗い流さないトリートメントをつけてとかしている髪

洗い流さないトリートメントを付けたら、クシでやさしくとかすのがポイント。

トリートメントがムラなく全体につきます。

 

そして乾かす。

洗い流さないトリートメントをつけて乾かした髪

コレだけです。

 

洗い流さないトリートメントをつけて夜まで経った髪

コチラが洗い流さないトリートメントを前髪つけて夜まで経った髪。

洗い流さないトリートメントをつけるかつけないか比較

何も対策しない髪と比べると、こんなにも違いが出ます。

 

ストレートアイロンとスプレー

ストレートアイロンとスプレーでキープさせる方法も、洗い流さないトリートメントは付けましょう。

アイロンのダメージを減らす効果があります。

 

アイロンで伸ばしたり巻いたりした髪はそのままだとあっという間に取れてしまいます。

必ずスプレーとセットで使うようにしましょう。

寝ぐせを取った髪

寝ぐせが強い場合は一度濡らして乾かして取りましょう。

この写真が濡らして乾かして寝ぐせを取った状態。

 

2つに分け取った前髪

ストレートアイロンで伸ばすときは、ヘアクリップなどで2つに分けると伸ばしやすいです。

温度の目安は160~170℃。高すぎると髪が傷むので気を付けてください。

 

ストレートアイロンで伸ばした髪にスプレー

ストレートアイロンで伸ばしたら、フィニッシュスプレーをつけます。

 

写真で付けているのは固まるハードスプレーです。

男性ならハードスプレーで固めるのもいいですが、女性の人は巻き髪キープスプレーが自然でおススメ。

 

髪から約20~30センチ離して使います。

 

近すぎるとかたまってついてしまうので、離して全体に付けるのがキレイに仕上げるコツです。

これでアイロンで伸ばした髪がキープできます。

 

スプレーは質のいいものを使うと長持ちしますよ。

男性ならコチラのハードスプレー。

女性はコチラのかたまりすぎないスプレーが自然な仕上がりになります。

 

スプレーして夜まで経った髪

コチラが洗い流さない流さないトリートメント、アイロン、スプレーでキープして夜まで経った髪。

 

それぞれを全部比較したものがコチラ。

湿気対策前髪比較

左から

  • なにもしない…ヒドイ(撮影のためにこれで仕事してました笑)
  • 洗い流さない流さないトリートメント…強いカールにはならないのでまとまる
  • カールもほとんどなく伸びた状態

という仕上がりです。

 

朝髪に時間をかけられるのであればアイロン→スプレーまで行いましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は梅雨や雨の日など湿気の多い日の前髪うねり対策の紹介でした。

前髪がうねったままだとなんとも格好のつかないヘアスタイルになっていまいます。

 

湿気の多い時期は油断しているとすぐに「クルン」とカールしてしまうので、朝のうちに対策しておくことをおススメします。

 

梅雨も乗り切れるぐらい効果的な方法なので、1年中使える方法ですよ。

 

スポンサーリンク

-スタイリング
-,

Copyright© MatakuHair , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.