縮毛矯正の値段の相場や平均は?高い美容院と安い店は何が違うの?

貯金箱を見る女性

縮毛矯正は美容院によって値段設定がバラバラです。そこで今回は

縮毛矯正の価格の平均は?

縮毛矯正が高い美容院と安いお店との違いは?

メンズや学生は安くなる?

今回はこんな質問に、美容室を10店舗以上勤務した経験のある経験を活かして紹介します!

 

縮毛矯正の値段の平均や相場は?

縮毛矯正の値段の平均は、大体1~1.2万円前後です。

この価格は

  • 縮毛矯正
  • カット
  • シャンプー
  • ブロー

など、必要な施術が全部含まれた金額です。

総務省から発表された「主要品目の都市別小売価格【2020年7月】」を元に計算しています。

参照:https://www.e-stat.go.jp/

 

2020年7月の都市別小売価格では、日本の大規模都市の「パーマネント」の料金が、

札幌:8011円
東京都区内:9293円
名古屋:7733円
大阪:8376円
福岡:8244円

この料金を割ると、8331円になります。

「パーマネント」は髪の毛をカールさせるメニューで、縮毛矯正は約1.2~1.5倍料金が上がります。(ホットペッパービューティーを参考)

 

その結果約1~1.2万が平均になります。

 

ただ、あくまで平均。低価格サロンと高級サロンでは大きく値段に開きがあります。

縮毛矯正の値段相場

美容室は値段設定が大きく3つに分かれます。

  • 高級サロン
  • 中間価格サロン
  • 低価格サロン

業界全体では、圧倒的に「中間価格帯美容室」が多いので、「平均」を考えると1~1.2万円前後になってしまいます。

 

最近ではマンツーマンで最後まで担当してくれる低価格サロンが増え、5000円前後など激安で縮毛矯正をしてくれる美容院もあります。

しかし、

  • 髪の傷みに合わせて薬剤の種類をランクをアップさせる
  • トリートメントを勧められる

などで、なんだかんだ中間価格帯の値段のお会計になるケースが多いです。

男性は縮毛矯正が安くなる?

今まで私が働いた多くの美容室の中には、「男性だから縮毛矯正の値段が安い」というお店はなかったです。

 

美容室は数多くあるので、中にはあるかもしれませんが、基本的に女性も男性も基本の値段は一緒です。

 

ただ、男性の場合

  • 縮毛矯正をかける範囲が少ない
  • 髪が短い

という理由で縮毛矯正が安くなることもあります。

メンズの縮毛矯正範囲一例

例えば、この写真を例にすると、男性の場合黄色い〇のトップは縮毛矯正をかけずに、オレンジの〇の部分だけ縮毛矯正をかけるというパターンもあります。

縮毛矯正をかける範囲が少ないので、料金が少し安くなるという美容室も中にはあります。

 

女性の縮毛矯正範囲一例

そして、女性は、この写真のように、髪全体を縮毛矯正で伸ばす人が多く、範囲、長さによっては「ロング料金」として別料金がかかる美容室もあります。

 

男性の髪の長さはほとんどが「ショート」なので、「セミロング」や「ロング」にかかるロング料金がかからずに済みます。

※中にはショートでもロング料金がかかるお店もあるので確認しましょう。

学生は縮毛矯正が安い?

学割が縮毛矯正に使えるお店であれば、通常よりも割引価格で縮毛矯正ができます。

ただ、私が今まで働いた多くの美容室の中には、学生割引を縮毛矯正に使えるお店はありません。

 

カットだけなら学割が効くけど、縮毛矯正は一般料金のお店がほとんどですね。

 

学生の髪の毛も社会人の髪の毛も、施術の大変さはほとんど変わらないので…

 

もしホットペッパービューティーなどで探すのであれば【学割U24】(24歳以下の学生にだけ使える割引)のクーポンで、縮毛矯正を探すと学割が使えますよ。

美容室はたくさんあるので、中には縮毛矯正で学割が効く美容院もあるはずです。

前髪縮毛矯正料金の相場は?

前髪を気にする女性

前髪だけを縮毛矯正する料金の相場は、平均5000~7000円前後です。

 

前髪だけの場合も全体と同じように。行くお店の価格帯によって大きく変わります。

高級サロンなら前髪縮毛矯正とカットで1万円以上するお店もたくさんありますし、低価格サロンなら4000円前後で行ってくれるお店もあります。

  • 全体の髪の毛を切って、前髪を縮毛矯正するのか
  • 前髪だけを切って前髪縮毛矯正するのか

この選び方によっては値段が変わります。

 

美容室によって値段設定がさまざまなので、予約の段階や施術前に「いくらになりますか?」を聞いておくと安心です。

値段の差によって違いはあるの?

縮毛矯正は、高ければ3万円以上。安いと5000円程度でできる美容院もあります。

この大きな値段の差の理由は

  • 使える薬の質
  • 途中に使うトリートメント
  • 技術力

です。

薬の質

例えば、高級サロンでは薬の質が良いものをそろえているお店がほとんど。

いただく料金が多い分、髪の毛に負担の少なくさまざまな髪の毛に対応できるような薬を用意しています。

 

縮毛矯正の薬は、何十種類もあり、薬の価格もバラバラ。

材料の高い薬を使うなら、その分値段を上げる必要があるのです。

 

たとえ「5000円で縮毛矯正できる!」とホームページに書いてあるような低価格サロンの場合も、
「髪の毛が傷んでいるので、コチラの薬がおススメですよ」とプラス料金のメニューを進められることもあります。

 

結果的に他のお店と変わらない金額だった。なんてこともよくある話です。

途中のトリートメント

傷んでいる髪の毛に縮毛矯正をする時は、施術の前、中間、後にトリートメントをつけながら行います。

  • 薬の力で髪が傷みにくいように
  • 仕上がりをキレイにするために

など理由はいくつかありますが、高価格の縮毛矯正には自動的にこれらのトリートメントを付けてもらえたりします。

 

プロの美容師が髪の毛を見て判断し、必要な栄養素を付けていくのです。

 

このトリートメントも材料費がかかってしまうので、安い縮毛矯正の料金では付けることができません。

「追加料金で髪の毛をケアしながら縮毛矯正できますよ」などおススメされるケースもあります。

 

技術力

「値段が高い=上手い」ということは決してありませんが、高価格美容院に上手な人が多いのは確かです。

有名なカリスマ美容師さんなどはカットだけで1万円以上なんて人もたくさんいますからね。

 

さらに、ディレクターやトップスタイリスト、エグゼクティブマネージャーなど複雑(わかりにくい)なランク付けで値段が変わる美容師、美容室では、高ければ高いほど経験値も多いので、上手な人が多いです。

 

安心をお金で買う。という意味では高いお金を支払う価値はありますが、安いお店にも上手な人はいるので”当たり”美容師を見つけるのが一番良いですね。

 

ホットペッパービューティーの口コミや、お友達の口コミを参考にしてみましょう。

縮毛矯正は男性美容師の方が上手い?

男性美容師

縮毛矯正は、超絶なまでに「理系」ジャンルです。

髪の毛の傷みを見極めて、必要な薬の種類、栄養成分、時間、付け方など「感覚」以上に「分析」が必要なメニュー。

 

理系分野は男性の方が得意な人が多く、ケミカル(科学分野)まで掘り下げて考えられる美容師には縮毛矯正が上手な人が多いですよ。

 

もちろん感覚や経験による勘で上手な女性美容師さんも多いですけどね。
(変に悩まない分うまくいったり。なんなのあの能力…)

 

縮毛矯正とストレートパーマの値段の違いは?

縮毛矯正とストパーの料金は、まず間違いなく縮毛矯正の方が高いです。

 

ストレートパーマと比べ、縮毛矯正はヘアアイロンで髪を伸ばす作業が増えるので手間がかかります。

時間がかかる分値段を上げる必要があるのです。

 

低価格美容室によっては、クーポンの関係で「縮毛矯正の方がストパーよりも安い」なんて矛盾が起きたりもしますが、大半は縮毛矯正の方が高いです。

 

縮毛矯正の平均価格は1万円前後に対して、ストレートパーマは7000~8000円前後が平均です。

まとめ

  • 縮毛矯正の平均の相場や値段は1万円前後
  • 高級サロンや低価格美容室など、お店のタイプによって大きく変わる
  • 男性はロング料金がかからない分女性よりも安いことがある
  • 学割が縮毛矯正に効く美容院は少ないけど、ないわけではない
  • 前髪縮毛矯正の料金相場は7000~8000円前後
  • 縮毛矯正の値段の差は、薬の質や技術力によるもの
  • 男性美容師の方が理系分野に強い人が多いので、縮毛矯正が上手な人が多い(女性美容師も上手な人はいる)
  • 縮毛矯正とストレートパーマなら、縮毛矯正の方が作業の工程が多いので価格も高くなる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)