髪が肩にあたってハネる、うねるという理由だけでかける縮毛矯正はNG

髪の毛がなびいている女性の写真

「髪が肩に当たって跳ねてしまうのがイヤ!」
「それなら縮毛矯正で真っすぐにすれば跳ねない!」

という考えはちょっと待ってください。

たしかにハネてしまって大変な思いをしている気持ちは分かりますが、
「なんとなく真っすぐにしたい」
という理由だけで縮毛矯正をかけるのはおススメできません。

 

縮毛矯正をかけた髪の毛は、今後やっていくであろうメニューに制限がかかります。

安易に肩に当たって跳ねてしまうというだけで縮毛矯正はしない方が良いのです。

スポンサーリンク

縮毛矯正後の髪の毛

「跳ねたくないから真っすぐに」

この気持ちはよくわかります。

長くもなく短くもない肩位置の長さだと特にはねやすかったりします。毎日朝大変ですよね。

 

「ハネてしまう」これがイヤで縮毛矯正をするという方は実際にいらっしゃいます。

確かに縮毛矯正をすると、髪のクセがほとんどなくなり真っすぐになるので肩位置に毛先があっても髪の毛がハネにくくなります。

しかし、縮毛矯正の髪の毛にはたくさんの制限ができてしまいます。

今回はそんな縮毛矯正のデメリットを紹介します。

 

通常のパーマが出来なくなる

「普通のパーマ」というのは、デジタルパーマでもエアウェーブでもない、液体だけでかけるパーマのことです。

正確にはコールド2浴式パーマネントウェーブといいますが、皆さんはこんなこと覚えなくても大丈夫です。

 

あまり知られていませんが、縮毛矯正をかけた髪の毛はこの液体だけでかける普通のパーマができなくなってしまいます。

できないといいますか、パーマにならないのです。

 

縮毛矯正は熱の力を利用して髪のタンパク質とキューティクルに働きかけて髪を真っすぐにするパーマの一種です。

 

熱処理を行った髪の毛の形をさらに変化させるためには、同じく熱処理が必要になります。

縮毛矯正後の髪にパーマをかけたいのであれば同じ熱処理である、デジタルパーマでないとカールになりません。

 

皆さんが”パーマ”と呼んでいる液体だけのパーマをかけてしまうと、かけていた縮毛矯正が弱くなり、さらにパーマがかからないのにダメージは出る。という髪の毛になり、
最悪チリチリやゴワゴワの状態になります。この失敗は現にたくさん起きています。

 

「縮毛矯正の髪の毛に普通のパーマがかからない」という知識を持たない美容師がかけてしまい失敗する。
もしくは、「それでもいいから」と無理に美容師にパーマをお願いすることで起こります。

 

伸びてくる毛との差が不自然になる

髪は必ず伸びてきます。

縮毛矯正をかけた直後は髪の毛全体がまっすぐなので気になりませんが、時間が経って新しく伸びてくる髪の毛は元々の髪の毛。

地毛が伸びてくると、根元はややクセ(自然な感じ)があるが毛先は真っすぐ。というような2種類の髪質の状態になってしまうのでとても不自然に感じます。

※もちろん強いクセで悩んでいるのであれば、不自然がどうのこうのよりも、かけた方が楽です。

 

カラーが明るくなりにくくなる

縮毛矯正をかけた部分は、ヘアカラーが明るくなりにくくなります。

明るくならない原因はまだ謎が多いのですが、ヘアカラーでは髪の毛が13レベル(明るさの単位)ぐらいまで明るくできるのに、縮毛矯正をかけた髪の毛はせいぜい10レベルぐらいにしかなりません。

10レベルはほんの少し明るいこげ茶ぐらい。

 

ブリーチをつかうこと10レベル以上に明るくすることもできますが、アッと今に金髪に戻ってしまいますし、髪が深刻なダメージを受けてしまうので、明るくするのが目的だけなら現実的とは言えません。

 

スポンサーリンク

ハネにくくするにはどうすればいいの?

おススメはストレートパーマ

ストレートパーマは、縮毛ほど真っすぐにする力はありませんが縮毛矯正のような、”施術後のしばり”がほとんどありません。

普通のパーマもできますし、カラーも明るくなります。

髪が伸びてくるころにはストレートパーマも弱くなっているので地毛との繋がりも自然です。

 

もしも肩に当たるのがいやで縮毛矯正を検討しているのであれば、ストレートパーマを一度試してみるのも1つの手です。

2~3か月は持つので、上手くいけば髪の長さが肩位置を過ぎるころまで効果が続きます。

 

しかしストレートパーマは地毛のクセをしっかりと伸ばす力はありません。

毛流れではなく、クセで跳ねてしまっている時は縮毛矯正が必要になることもなるので担当美容師としっかり相談しましょう。

 

まとめ

髪の毛のクセがとても強く、どうしても縮毛矯正が必要。という方以外の縮毛矯正はよく検討した方が良いです。

かけたては真っ直ぐになって気持ちいいですが、カラーやパーマ等、今後のメニュー内容に影響が出てきます。

 

もしもどうしてもかけたい。というのであればストレートパーマを担当美容師と相談してみてください。

ストレートパーマもボリュームを抑えることができますし、多少クセも伸びるので跳ねにくくなります。

 

縮毛矯正ほどまっすぐにはならないのですが、デメリットが少なく髪の毛の負担も少ないですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です