縮毛矯正はどのくらいの頻度でかけたらいいの?最高のタイミングを教えます

カレンダーの写真

クセ毛を伸ばすのに便利な縮毛矯正。

クセが真っすぐに伸びて楽だけど、かけすぎても髪が傷んでしまう…

 

そこで今回は縮毛矯正を「どのくらいの頻度でかければいいの?」という疑問にお答えします。

 

合わせて「最高のタイミング」というのも合わせてお伝えしますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

縮毛矯正のは頻繁にかけられない

縮毛矯正をかけても時間が経つと根本が伸びてクセが目立ってきます。

 

生活が楽になって便利ですが、あまりに前回の縮毛矯正から時間が経っていないと、「すみません、かけることができないんですよ…」と美容室側から断られてしまうことがあります。

 

「なんで!(お客さんが)かけてって言っているんだからかけてよ!」

気持ちは分かるのですが、縮毛矯正は頻繁にかけてしまうと髪の毛が極端に傷んでしまうことがあります。

 

 

縮毛矯正の目安は短くて2~3か月

縮毛矯正をかける最短の頻度の目安は「2~3か月」です。

 

 

ただ、4~6カ月ほどでかけ直す人がもっとも多いです。

 

縮毛矯正をかける最高のタイミングは

縮毛矯正をかける最高のタイミング。それはズバリ、『梅雨の前にかける縮毛矯正に合わせる』です。

 

縮毛矯正をかけるタイミングというのは人それぞれです。

一人ひとりクセの強さが違うので、強ければ強いほど気になり、すぐかけたいと思うので間隔が短いです。

 

しかし、1年の内で一番縮毛矯正が必要になるタイミング、それは『梅雨』。

1年間でもっとも湿度が高くなり、髪の毛が水を吸ってしまうのでクセが出やすく広がります。

 

クセ毛が強いと湿気の影響を強く受けやすいので、梅雨に入る前に縮毛矯正をかけてあげると毎日がとても楽。

 

梅雨の前に縮毛矯正をかけるのを計算して、合わせて縮毛矯正をかけ直していく。

これがベストのかけ直しタイミングです。

 

3ヶ月 4ヶ月 6ヶ月

「梅雨の前に縮毛矯正をかける」とある程度決めておけば、3ヶ月 4ヶ月 6ヶ月間隔の頻度で縮毛矯正が一番オススメです。

 

なぜ3、4、6カ月なのかというと、12で割り切れる数字。つまり丁度一年後縮毛矯正をまた梅雨前にかけることができるからです。

 

梅雨が本格化するのは大体6月の後半。

ということは6月中に縮毛矯正をかけるとすると、
3ヶ月置きの間隔でかけるひとは 9月 12月 3月 そしてまた6月と丁度良くかけることができます。

4ヵ月おきなら、10月 2月 そして6月
半年おきなら 12月と6月

このように定期的にかけることができます。

多少前後してもいいと思いますが、目安としてはこの決め方が一番毎年楽に過ごせます。

 

4月は縮毛矯正に向いていない

気を付けなければいけないのが、梅雨前に丁度縮毛矯正がかけられなくなるタイミングでかけてしまうこと。

4月などですね。

 

もし4月中に縮毛矯正をかけてしまうと、梅雨が始まる6月後半~7月のはじめというのは、丁度2か月経ったぐらい。

 

縮毛矯正をかけ直すにはやや短いです。

 

美容師さんの中にはかけてくれる人もいますが、髪の毛の負担を考えるとあまりおススメできません。

中には断わる美容師もいます。

 

梅雨を根元が2cmほど伸びた状態で迎えることになるので、縮毛矯正もできないし髪の毛も広がるしで朝の手入れが大変になってしまうのです。

 

絶対にダメだ。というわけではないので、担当している美容師さんに相談してみましょう。

 

梅雨の時期は全国異なる

梅雨を6月と考えてるのはあくまで本州の話です。

沖縄などは5月の前半に梅雨入りしてしまう年もあるのでその場合は4月がむしろ縮毛矯正にはピッタリ。

地域によって変わってしまいます。

 

地域別縮毛矯正早見表

ということで、地域別の梅雨を考えた縮毛矯正をかけるべきタイミングの早見表を作ってみました。

みなさんの縮毛矯正の頻度で照らし合わせて確認してください。

表は梅雨に入るのが早い順場、つまり南の方から書いてあります。

都市 平均梅雨入り時期 3ヶ月 4ヶ月 6ヶ月
沖縄 5月前半~半ば 2,5,8,11月 1,5,9月 5,11月
九州 6月前半 2,5,8,11月 1,5,9月 5,11月
四国 6月前半
近畿 6月前半
東海 6月前半
関東・甲信 6月半ば 3,6,9,12月
それぞれ前半
2,6,10月
それぞれ前半
6,12月
それぞれ前半
北陸 6月半ば
東北 6月後半 3,6,9,12月
それぞれ半ば頃
2,6,10月
それぞれ半ば頃
6,12月
それぞれ半ば頃
※北海道 5月後半~6月中 2,5,8,11月 1,5,9月 5,11月

 

※ちなみに北海道には梅雨がありません。

代わりに『蝦夷梅雨』という10~15日程度雨が続く時期がありますが気象庁に梅雨として認められていないようです。

梅雨前線とは関係なくオーホツク海高気圧の関係で変わるので、やや前後すると考えてください。

雨が続いて湿度が高くなる時期ということで表に書かせていただいています。

 

この表に書いてある時期に縮毛矯正をかけることで、その地域の梅雨前に丁度合うようなタイミングで縮毛矯正をかけることができますよ。

 

スポンサーリンク

縮毛矯正が頻繁にできない理由

ストレートヘアの女性の写真

縮毛矯正がなぜ頻繁にできないのか?」について詳しく説明します。

縮毛矯正が頻繁にできない理由を説明するために、ちょっとだけ縮毛矯正の薬の付け方を紹介しますね。

難しい話ではないのですが、興味があれば軽い気持ちで読んでください。

縮毛矯正をかける前の毛束のイラスト

このイラストは毛束を表したものです。

上の方が頭皮のある根元側で下の方が毛先を表しています。

 

縮毛矯正をかけるときは、

縮毛矯正の薬を付ける部分のイラスト

このイラストのように根元1cmを空けるように塗ります。

毛矯正は根元からキッチリかけるのではなく、必ず1cmぐらいあけて行います。

根元からベッタリ塗ってしまうと、頭皮の部分の毛がくの字に折れたような失敗が起きてしまうからです。

 

 

 

次に縮毛矯正をかけた髪の毛が伸びてきたとします。

そうですね。3か月後だとしましょう。

 

髪の毛は1か月大体1cm伸びるので、地毛が3㎝のびてきます。

すると、

縮毛矯正をして3か月後の髪の毛のイラスト

このイラストのような髪の毛の状態になります。

根元は地毛が伸びていて、毛先は縮毛矯正がかかっている。こんな髪の毛になります。

 

 

問題はここから。

 

なにもされていない地毛の部分(イラストの灰色の部分)と縮毛矯正がかかった部分(水色の部分)は髪の状態が全くことなります。

 

縮毛矯正を1度でもした髪の毛の部分はタンパク質が変化して傷んでいます。

 

次に縮毛矯正をかけるときはそれぞれ別の種類の薬を付けなければいけません。

 

さきほど、「根元1cmは薬を付けない」と説明しましたが、これは何カ月経とうと、縮毛矯正をかけるたびに同じです。

 

ということは、次は

三カ月たった髪の毛の縮毛矯正の塗りわけのイラスト

このイラストのような薬のつけかたをしなければいけなくなります。

イラストの水色の部分と緑の部分では薬の種類が違います。

 

水色の部分は範囲がちいさいので、とても塗りにくいのです。

 

期間が短いと余計な部分に薬が付いてしまう

縮毛矯正をかけて間もないと、上のイラストの水色部分がとても短いです。

 

あまりに範囲がせまいと水色の部分だけに付けたかったのに、緑の部分や根本に薬がついてしまう。という失敗が起きます。

 

 

例えば

縮毛矯正の薬の塗り間違いのイラスト1

 

このイラストの様に、余計な部分に薬がついてしまったり、

縮毛矯正の薬の塗り間違い別パターン

このイラストのように、絶対に付いてはいけない根元に薬が付いてしまうことになる可能性もあります。

 

根元に薬がついてしまうと、くの字に折れてしまうなどの失敗が起きるので、短すぎる期間でのかけ直しはおススメできないのです。

 

できる頻度は美容師さんによって違う

縮毛矯正は手仕事です。薬を塗るのが得意な美容師さんもいればそうでない人もいます。

 

得意な人だと「1か月経てばかけられる」という人もいます。

逆に4~5か月はあけてください。という人もいます。

 

人によって変わってくるので一概に「かけなおしの期間」というのは決められないのではありますが、今まで多くの美容師に関わってきて、「約3か月あいていればかけられる」という人が多くいました。

 

 

まとめ

今回は縮毛矯正の頻度、そしてオススメのかけるタイミングについて紹介させていただきました。

縮毛矯正をかける一番の目的は、毎日の生活を楽にするためだと思います。

 

1年で一番髪の毛が大変になる時期の梅雨に合わせてかけてあげることで、さらに楽に過ごせるようになると思いますよ。

 

具体的な時期は今回作らせていただいた早見表を参考にしてください。

 

「縮毛矯正をかけたい」→「できません」→「なんで!?」

で不快な思いをされたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、美容師はお客様の髪の毛を第一に考えての判断なので、ご理解していただけると助かります。

 

髪の毛への負担は決して少なくないメニューなので、できるだけダメージの少ない方法でかけてあげましょう。

 

≪関連記事≫

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)