ストレートアイロンとコテで髪が傷む!?傷まない設定温度は?

ストレートへアの女性

ストレートアイロンやコテは簡単に髪を伸ばしたり巻いたりとっても便利。

しかし、触るとヤケドするぐらい高温。

毎日使っていたら

  • 髪の手触りが悪くなった
  • 引っかかりやすくなった
  • 枝毛が増えた
  • 茶色く色落ちしてきた

と髪質が変わってしまうことがあります。

 

ヘアアイロンやコテは、毎日使うことで傷みが蓄積してしまうのです。

 

しかし、ヘアアイロンやコテの温度設定のさえ注意すれば、髪の毛の負担を最小限にして傷みにくくなります。

 

大切なのは「これ以上の温度は傷みが蓄積してしまいますよ」というボーダーラインを知ること。

 

おススメ温度設定は

ヘアアイロンになれていない・髪が柔らかくてクセが伸びやすい 160℃
ヘアアイロンになれていない・髪の硬さは普通 170℃
ヘアアイロンになれている・クセが伸びにくく髪が硬い 180℃

です!

詳しい説明や、ダメージケアに便利な方法などを合わせて紹介しますね!

 

どうしてアイロンやコテで髪は傷むの?

髪の毛のタンパク質が焦げる

ストレートアイロンやコテ巻きで髪が傷んでしまう原因は「熱」です。

 

髪の毛のほとんど(80~85%)はケラチンというタンパク質でできています。

同じくほとんどがタンパク質でできるものに「卵の白身」があります。

生卵の写真

卵の白身は、生だとプルプルしてやわらかいですよね。

形を変えても、合わせて動きます。

 

でも目玉焼きや、ゆで卵のように熱を加えると硬くなってしまいます。

目玉焼きの写真 (

形を変えようとすればボロボロと崩れてしまう…

 

この目玉焼きと同じことが髪の毛でも起きるのです。

 

毎日のコテやアイロンの熱で髪のタンパク質が硬くなり、ボロボロになっていく。

そして手触りが悪くなったり引っかかりやすくなるのです。

 

大切なのは傷みがはじまる温度!

アイロンのダメージケアに大切なのが、傷みはじめる温度を知ること。

 

髪が傷みはじめるのは「130℃以上」です。

 

髪の毛のタンパク質が熱で変化してしまうことを、美容師の間では「タンパク変性」や「熱変性」といいます。

 

髪のタンパク変性が始まる温度は130℃以上で、130℃以下ならタンパク質が変化しにくいので傷みにくいのです。

 

130℃以下って低すぎない!?

髪を傷ませたくないからと、130℃以下の設定でアイロンを使うと温度が低すぎます。

 

クセも伸びませんし巻きあとも付きにくいです。

 

ご安心を。

ヘアアイロンを130℃に設定して使ったからといって、髪がそのまま130℃になるわけではありません。

髪の中の水分や、表面のキューティクルの影響もあり、約50℃温度が下がって髪に伝わります。

 

180℃の設定で使うと、髪は約130℃になります。

 

アイロンに慣れていない人は160~170℃の設定がおススメ

「50℃下がるから180℃の設定まで大丈夫」というのはヘアアイロンを使い慣れている人です。

 

アイロンを使う時って、同じ場所を繰り返したり、慣れずに挟んだまま止まったりすることがありますよね。

 

同じ場所を繰り返せば、当然髪の毛の温度は上がります。

あっという間に傷みだす130以上になることもあるので、アイロンになれていない人や、繰り返してアイロンする人は少し低めの設定温度「160~170℃」がおススメです。

 

130℃以下は乾いているときだけ!

アイロンの熱で髪が傷む温度「130℃」というのは、あくまで「髪が完全に乾いている」ときだけ。

 

髪の毛は水に濡れてしまうと、熱から守っていくれている「キューティクル」が開いてしまうので刺激に弱くなります。

 

濡れている髪の毛は、60℃の熱でも簡単に傷んでしまうほど。

 

アイロンやコテを使うときは必ず髪が完全に乾いた状態で使う。傷みを減らすためにも絶対に守ってください。

 

※縮毛矯正の技術の中には「水抜きアイロン」と呼ばれる、あえて水気を残して、低温で蒸発させながら矯正する方法があります。水抜き方は高い技術力と知識が必要なので、マネしないように。

 

200℃以上になるヘアアイロンは傷みの元

海外製ヘアアイロンの中には「クセがすぐ伸びる!」「朝時間がかからない!」をキャッチフレーズに、200℃以上の高温になるヘアアイロンがあります。

 

アイロンの温度は高ければ高いほど、効果は高くなりますが傷みも大きくなります。

 

とくに、日本人の髪は世界的にも弱い髪です。

黒色なので一見丈夫そうですが、薬や熱に弱く傷みやすい。

 

対して欧米人や海外の人の髪質は、赤毛やブロンドでも熱や薬に強く、丈夫なので高温でも耐えられます。

 

そんな弱い髪に海外基準の200℃以上の熱を使えば、簡単にボロボロになってしまうのです。

 

1回2回使っただけで突然チリチリになったりしませんが、毎日のアイロンで日に日に傷んでしまうのです。

 

「楽々スピーディー!!」なキャッチフレーズほど注意が必要です。

 

スポンサーリンク

アイロンの傷みから髪を守るためにできること

髪の毛をチェックする女性

アイロンやコテを買うときは温度設定できるか確認しよう!

ストレートアイロンやコテには、細かく温度設定できるものもあれば、ON、OFFのスイッチがあるだけのものなどいろいろあります。

 

理想のヘアアイロンは、160~180℃前後が設定できるヘアアイロンです。

 

ダメージケアアイロンとして売られているもののなかには110℃~120℃の低温しか設定できないもの。

逆に180℃以上の高温しか設定できないものなどがあります。

 

120℃ぐらいの低温アイロンは、傷みにくい代わりに時間がかかります。

 

時間はそれほどかからず髪の毛にも負担が少ない160~180℃前後が設定できるものがおススメです。

 

細かくデジタル表示できるなら理想的

温度設定できるアイロンでも、ダイヤル式ではなくデジタル表示で確認できるものがおススメです。

 

「今何度なのか」を確認して使えて便利。

デジタルタイプなら、自動で電源が切れるものや温度調節してくれるアイロンもあります。

 

クレイツアイロンはデジタル表示も自動OFFもあり、使いやすいのでプロにも人気です。

 

アイロンを使う前に専用のスプレーがおススメ

ヘアアイロンを使う前におススメなのが、髪の毛を熱から守ってくれるヘアケア用品です。

 

とくにおススメなのがスプレータイプ。

髪の毛が濡れないので、乾かす手間がかかりません。

 

ヘアケア成分だけでなく、付けてからアイロンするだけで、コテ巻きもストレート伸ばしの持ちもよくなります。

 

洗い流さないトリートメントでサラサラに

ヘアアイロンの熱で傷んでしまった髪の毛の手触りをよくするには、洗い流さないトリートメントが一番簡単で効果的です。

 

ドライヤー前の濡れた髪の毛に付けて伸ばすだけ。

ドライヤーで乾かせば静電気が起きにくくサラサラの髪になります。

 

乾いている髪の毛に使うよりも、オイルやミルクは水気のある方が伸びやすく使いやすいですよ。

 

まとめ

ストレートアイロンもコテも高温になるので髪に負担をかけます。

 

しかし髪が傷みにくい温度で使えば、ダメージを最小限にできます。

 

おススメなのが160~170℃で使うこと。

もし「170℃だとクセが伸びにくい、跡が付きにくい」とう髪質の人は、180℃前後にしましょう。

 

200℃以上になるヘアアイロンもありますが、温度が高すぎて髪に余計な傷みを与えます。

 

スピーディーで時短になりますが、毎日使うと髪がボロボロになり引っかかりやすく扱いにくい髪になってしまいますよ。

 

≪関連記事≫

ストレートアイロンやカールアイロンについてまとめてあります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)