ストレートアイロンとコテで髪が傷む!設定温度に要注意

ストレートへアの女性

ストレートアイロンやコテ巻きを毎日していると
「もしかしたらアイロンで髪が傷む?」と心配になったりしませんか?

アイロンやコテはとても高い温度になります。気になるのも無理ありませんよね。

毎日使っていたら
「手触りが変わった」
「引っかかりやすくなった」
「枝毛が増えた」

などなどの声も実際にあるようです。

 

ヘアアイロンやコテを使うと髪が傷んでしまうのか?という質問には

「残念ながら傷みます」と答える他ありません。

しかし、へアイロンやコテの温度設定のポイントさえ注意すれば、ストレートアイロンやコテを使ってもダメージを最小限に使うことができるのです。

 

髪の毛には、「これ以上の温度だと傷みますよ」というボーダーラインがあります。

 

正しい使い方、気を付けるポイントや設定温度。

そして熱のダメージに効果的なサラサラになる方法も紹介させていただきますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アイロンやコテで髪は傷むのか

先ほどもお伝えしましたが、アイロンやコテの高温で髪の毛はダメージしてしまいます。

ではどんなアイロンやコテでも傷むのか?と言われたらそれは違います。

コテ巻きやアイロンで注意しなければいけないのが大きく2つ。

・濡れている時に絶対に使わない
・高すぎる温度で使わない

この2つです。

髪の毛は濡れているとキューティクルが開いた状態になります。

キューティクルが開いていると、髪の毛を守ってくれるものが少なくなっているので無防備。

 

様々な刺激や熱にとても弱くなってしまうので、濡れたり湿ったりしている髪の毛にアイロンやコテを使うと一気に傷んでしまうので注意してください。

 

そして設定温度も大切。

髪の毛にはある一定の温度以上までは耐えられるという特徴があります。

 

極端な話、スイッチを入れていないコテやアイロンを髪に当てても傷みませんよね?

10℃や20℃の温度を髪に当てても傷むことはありません。

 

髪の毛は高温で傷む

ストレートアイロンやコテ巻きで髪が傷んでしまう原因は『』です。

髪の毛がある一定以上の高い温度になると耐えることが出来なくなり、『焦げ』に似たことが髪の表面と内部に起きてしまうことでダメージします。分かりやすく言うと”焼き”が入るような状態。
それらをタンパク変性熱変性と呼びます。

髪の内のタンパク質が熱で変化してしまうのです。

 

美容師はよく生卵で例えるのですが、生卵のままであれば柔らかいですよね。入れている容器を変えても崩れることはありません。

しかし一度熱で目玉焼きにしてしまうと固まってしまいます。形を変えようとすれば崩れてしまいます。

生卵の写真

この写真のように生卵であれば形を動かしても崩れることはないが

目玉焼きの写真

このように火を通した卵は崩れやすくなります。

髪の毛も卵もほとんどがタンパク質でできているのでとても良く似たことが起きます。

生卵→目玉焼き になることを”焼き”が入ると表現し、タンパク変性や熱変性と言います。

もちろん髪の毛と卵はタンパク質が多いとはいえ別物なので、あくまで”例え”の話ですが。

 

髪が熱で傷み始めるのは160℃以上

「髪を傷ませたくない!」

これは皆さん考えること思います。髪が傷んでしまえば手入れが大変になったり良いことは少ないですからね。

 

アイロンやコテで髪を熱で傷ませないために大切なのは、タンパク変性が起こらない温度でアイロンやコテを使ってあげること。

焼きが入らない程度の温度であれば髪の毛のダメージは最小限になります。

 

熱変性が起こらない温度の目安が『160℃

髪に160℃以上の熱を当てるとタンパク変性が始まり、180℃以上で『炭素化』という深刻なダメージが起き始めます。

 

理想としては設定を160℃、もしくはそれ以下で使うことが髪のダメージを考えると望ましいです。

ただし、この160℃には大切な条件があります。それは『髪が完全に乾ききっている状態』です。

 

アイロンやコテを使うときは完全に乾いている時に使う。というのを必ず守ってください。

髪が濡れているとキューティクルが開いてしまい、弱くなってしまうので普通よりも格段に熱に弱くなります。

 

髪が濡れていると、100℃以下の熱でもダメージが強くでます。

アイロンやコテを使うときは必ず髪が完全に乾いた状態で使う。これは絶対に守ってください。

 

※縮毛矯正の技術の中には「水抜き縮毛」と呼ばれる、あえて水気を残して、低温で蒸発させつつ縮毛する方法もありますが、それは高い技術力と知識が必要なので、考える必要はありません。

 

中には200℃以上になるアイロンもある

一般に販売されているアイロンやコテを見ると、「このアイロンは設定可能温度が200℃以上まで上がる!」というアイロンもあります。

温度が高ければ高いほど跡を付ける力が強いので、早く終わることができます。

 

しかし、200℃以上という高温は日本人の髪の毛では耐えられません。

日本人の髪は黒色で、一見強く丈夫そうに見えますが、実は世界的に見てもとてもモロくて弱い髪質なのです。

 

対して欧米人や海外の人の髪質は細く赤毛やブロンドの方もいますが、日本人の毛と違いとても熱や薬に強く、強固なので傷みにくいです。

ヨーロッパでは髪の毛を明るくするためのブリーチを日本の4倍以上の強さの薬で染めたりすることもあります。

 

200℃以上の温度のアイロンは外国人向けに作られたアイロンです。

 

どんなに熱が高くても、たった一回でとつぜんチリチリになったりしないので気付きにくいですが、毎日使うことでどんどん傷みは溜まっていきます。

「200℃以上じゃないと時間がかかって面倒くさい!」

という声もありますが、一度髪が焦げてしまうとトリートメントでごまかすことができないほどザラザラになることもあります。

「楽々スピーディー!!」ほど注意してください。

スポンサーリンク

 

アイロンやコテを買うときは何度で設定できるか確認

ストレートアイロンやコテは、ただ単にON,OFFがあるもの、そして温度設定ができるものと色々あります。

設定できる温度というのはアイロンによって違うので、低温~中温~高温  低温~中温 中温~高温 それぞれ設定できるパターンに違いがあります。

 

アイロンやコテの理想は160℃前後が設定できるものです。

中にはダメージケアアイロンとして、110℃~120℃しか設定できないものもあります。

確かに髪への負担がすくなくていいものですが、温度が低すぎるとアイロンやコテのに時間がかかり過ぎてしまうので気を付けてください。

 

サラサラになる方法

アイロンやコテで傷んだ髪の毛に一番効果的でサラサラになる方法は、洗い流さないトリートメントを使うこと。

お風呂場でシャンプーの後に使うトリートメント(インバストリーメント)に時間をかける方法も髪の毛には良いですが、
アウトバストリートメントと呼ばれる洗い流さないトリートメントを髪の毛に付けてあげた方が、使ったその場でサラサラが実感できます。

 

付け方のポイントは、お風呂からあがってタオルドライが終わってドライヤーをかける前。

洗い流さないトリートメントは水分があると伸びが良くなるので、髪の毛に水気が残っていた方が均一に全体に伸ばしやすくなるのです。

 

オススメなストレートアイロンは?

プロ目線でも十分おススメできるストレートアイロンを紹介しております。よければ参考にしてみてください。

 

まとめ

ストレートアイロンやコテで髪をダメージさせないために重要なポイントは、
大きなダメージが起きない程度の温度で使う

これが一番大切です。

 

ただ、実際160℃以下の温度ではクセを伸ばしたりするまでに時間がかかります。

なので、せめて160℃~170℃で使ってあげることで深刻なタンパク質へのダメージをできるだけ防ぐことが出来ます。(もちろんダメージ0ではありまません)

 

それと、重ねて言いますが必ず完全い乾いた髪の毛に使ってください。

 

髪が濡れてい状態で高温のアイロンやコテなどを髪の毛に使うと、髪の内部で一気に水分が蒸発し、高温の水蒸気が発生するので髪の内部から極端に傷みます。

160℃以下の目安というのはあくまで完全に乾いた状態の髪の毛に対しての基準なので間違えないでください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です