スタイリング

カラーワックスは黒髪でも色が付くのか使ってみた 注意事項も

更新日:

桜と女性の写真

こんにちは!今回は前々から気になっていたヘアカラーワックスという、
髪の毛に色を付けることのできるワックスを紹介します。

「ワックスで髪の毛に色が付けられるなんてしんじられないな…」
「黒髪だけど対して色がつかないんじゃないかな…」
「1個で何回ぐらい使えるんだろう…」

と気になる人は多いのではないでしょうか。

そこで私の頭(ほとんど黒髪)を使って実際にカラーワックスで髪の毛に色を付けられるのか検証してみました!

結構面白い結果になりましたよ!!

 

それと合わせて、ヘアカラーワックスを使う上でこれは注意したほうがいいなという点も使って気が付いたので紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ヘアカラーワックス

ヘアワックスの写真

動画公開しました

文章で見るのが苦手な人のために動画で実際にカラーワックスを使ったところを撮影したので良ければどうぞ

ヘアカラーワックスとは

ヘアカラーワックスとは、ワックスでスタイリングするだけで髪の毛に色が付けられるスタイリング剤。

シャンプーで簡単に落とすことができ、ヘアカラーではないので髪が傷むこともありません。

シルバー、レッド、ピンク、ブルー、ゴールドなどなどカラフルな色が用意されていて気軽に髪色をチェンジすることができます。

 

ヘアカラーワックスが便利

ヘアカラーワックスの良いところは、たった1日で完全に落とせることです。

例えば
「体育祭で1日だけ髪色を変えたい」
「ライブがあるからその日だけ髪を派手にしたい」
「イベントがあるから」
「ヘアカラーではできない色にしたい」

このような時にとても便利。

1日だけヘアカラーするのもいいのですが、ブリーチなどしてしまうと金色の部分が残ってしまう。
それにビビットな「青」や「赤」という髪色を出すことはヘアカラーでは結構難しい。

そんな時に便利なのがヘアカラーワックスなのです。

 

ヘアカラーワックスでちゃんと色が付くの?

正直ヘアカラーワックスを使う前は「本当にちゃんと色が付くのかな~」と結構疑っていました。

髪の毛向けの製品って、実際使ってみると広告ほどの効果がないじゃん!ってものが結構あるのです。

同じように「黒髪に使っても結局ほとんど黒なんじゃないかな~」なんて。

 

しかし実際に使ってみたら本当に色が付くんですね!

仕事でも使えそうだな~なんて思ってしまいました(笑)

そんなヘアカラーワックスを使ってみたので、一体どんな髪色になるのか写真で確認してみてください!

ヘアカラーワックス使ってみた

クリームヘアワックスの写真

ここからは実際にヘアカラーワックスを髪の毛に使った写真と一緒に説明させていただきます。

「買うの迷っている」という方はぜひ参考にしてみてください。

 

使うカラーワックス

カラーワックスのパッケージ写真

今回私が使うのは『EMAJINY(エマジニー)』というカラーワックスです。

ブルー、レッド、ゴールド、ブラウンなどの色がありますが、人気が高いだろうと思われるシルバーを選択。

カラーワックス本体の写真

コチラが箱を開けた写真。

箱が大きかったので「かなり量多いのかな」と思ったら中身は意外とコンパクト(笑)

カラーワックス中身の写真

コチラはフタを開けた状態。見た感じ灰色よりも白よりの灰色という感じです。

ワックス自体にやや硬さがあります。

スポンサーリンク

カラーワックスを使ってみる

では実際にカラーワックスを髪の毛に使います。

≪Befor≫

カラーワックス使用前の写真

カラーワックス使用前アップ写真

コチラがカラーワックスを付ける前の髪の毛の写真。

シャンプーしてドライしてスタイリング剤は何もついていない状態です。

毛先がほんの少し茶色なのですが、根元は地毛が生えているのでほとんど黒髪です。

ワックスなので良く伸ばして使っていきます。

≪After≫

カラーワックス使用後の写真

カラーワックス使用後アップ写真

この2枚の写真がカラーワックスを使った髪の毛の色です。

正直黒髪に使ったらほとんど色が出ないだろうと思っていたのでビックリ。

黒髪にこれだけしっかり色が付けば、どんな髪の毛でも色々な色が楽しめるはずです。

ワックスがファイバーになっていて硬さがあるのでメッシュのような仕上がりに。ほんのすこーし水を混ぜても伸びが良くなりそうですね。

一回のスタイリングで使った量の写真

今回のスタイリングで使った量はこの写真ぐらい。

私のショートの髪でおそらく15回前後は使えるんじゃないかな。というぐらい。

頭全部に使わずにポイントで使えばもっと長持ちしますよ。

ただし、ワックス剤は空気に触れると固まるのでしっかりフタを閉めて保管しましょう。

 

今回使ったワックス

今回使わせて頂いたのはEMAJINYさんのシルバーカラーワックス。

知人に「EMAJINYは結構色でるよ」と紹介されたので使ってみました。そしたら本当に

今回使ったのはコチラのシルバー 「色がハッキリ出る」とオススメされました

個人的にシルバーが人気かなと思いましたが、レッドが1番人気の様です。

 

カラーワックスの注意点

「カラーワックスいいよ!」という紹介だけでなく、実際に使ってみて分かった注意点などを紹介します。

デメリットという訳ではないのですが、使用上の注意といったところでしょうか。知っておいて損はないはずです。

 

シャンプーは2回以上必要

カラーワックスを使った髪の毛は必ず2回以上シャンプーするようにしましょう。

手に残ったカラーワックスの写真

この写真は手に付いたカラーワックスを洗うために一度シャンプーを使って洗った写真です。

手に残っているのが分かると思います。

これが髪の毛でも同じことが起きます。

スタイリング剤の中には1回のシャンプーで完全に落ちるものもありますが、ヘアカラーワックスは絶対に1回では完全に落ちません。

必ず2回シャンプーして落とすようにしましょう。

そうしないと、洋服や枕、顔などにカラーワックスの色が付くことになってしまいます。

 

ワックスが付いた手で服を触らない

髪の毛にしっかり色が付いて楽しいヘアカラーワックスなのですが、手にもしっかりと色が付きます。

手に付いたカラーワックスの写真

これが手にカラーワックスを伸ばした状態。

かなり色が付いていますよね。

染まっている訳ではないので洗えば落ちますが、ワックスの付いた手で服を触ると一瞬で汚れてしまいます。

ヘアワックスなので拭けば落ちますが、一度スタイリングをし始めたら髪以外の場所をさわらないようにしましょう。

 

洋服に少し付いてしまう

洋服を着てからスタイリングをされると思いますが、細かいファイバー状の粉のようなものが少し舞います。

シャツに付いたカラーワックスの写真

この写真はシルバーのカラーワックスでスタイリングした服の写真。

紺色のシャツの上に銀色の細かい粉が乗っているのが分かると思います。

湿ったタオルなどで拭けば簡単に落ちましたが、いちいちスタイリング後に服を脱いだりするのも大変ですよね。

そこでカラーワックスでスタイリングする時は肩にタオルを1枚乗せてワックスを使いましょう。

これで肩や背中に細かい粉がかかっても洋服がほとんど汚れないで済みます。

 

サンプル写真程ほど色を出すにはかなり量を使わないと

ヘアカラーワックスのサンプル写真はかなりビビットでハッキリした色が出ているものが多いです。

例えば

EMAJINY公式の写真画像引用元:https://emajiny.cool/category/news/page/4/

コチラは今回使わせて頂いたEMAJINYさんの公式ページにあるカラーワックスの写真。

今回使った感じ、確かにこのぐらいの色にはできるな。と思いましたが、正直このサンプルほどの色にするためには相当な量を使わないとできません。

5分の1か4分の1程度の量は必要じゃないかな…と実際に使ってみて感じました。

「イベントで1回使えればいい!」という方は贅沢な使い方をしても良いと思いますが、
「何回も楽しみたい」という方はもう少し薄い色をイメージした方がいいかもしれませんね。

 

それと、女性のようにロングヘアの場合は全部に色を付けようとするとあっという間になくなります。

ポイントでメッシュの様に使ったり、毛先にグラデーションっぽく使うと何回も楽しめますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はヘアカラーワックスを使ってみて良かった点や注意するといいな。と感じたことについて紹介させていただきました。

個人的にはイメージしていたよりずっと良かったです。

贅沢言うならもっと量がたくさんあると良かったな…なんて思いましたが、きっとこれから作る会社が増えてくれば改良されそうですね。

まだまだ浸透しきっていないヘアカラーワックス。ダメージもないので簡単に手軽に楽しめますよ!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

マタク

MatakuHair管理人 美容師歴:約16年、スタイリスト歴13年 都内経験を経て戻った現役美容師です。 ≪資格・免許≫美容師免許、管理美容師免許、色彩検定3級、ネイル検定3級(なんで取ったんだ)

-スタイリング
-, ,

Copyright© MatakuHair , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.