美容師に髪型の説明ができない!なんて言ったらいいの??を簡単に解決

髪を切られている女性の写真

やりたい髪型がある…なりたい髪型がある…

みなさん美容室に行かれる前に「こんな髪型になりたい」というのをある程度決めてから行くかと思います。

 

長さは残したい、短くしたい、髪型には色々あります。
が、ハッキリと「この髪型が良い」と決まっていて、それをどう美容師に伝えたらいいか分からない!

という悩みを持つ人は意外と多いのです。

 

そんな方の為に、美容師に髪型を上手く伝える方法を紹介させていただきます。

 

美容師だったらこんな説明を受けたら分かりやすいな。という両方の視点からお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

髪型を決めよう

ハッキリとしたい髪型が決まっている

もしも、「ヘアカタログで見た」「有名な女優さん俳優さんと同じ髪型」「好きなロックバンドのアーティストがしていた髪型」というようにハッキリと自分のやりたい髪型が決まっている場合です。

 

これは回答はただ一つ。『写真を持って行きましょう

 

ここで大切なのは、自分で感じたいメージ。ぼんやりとこんな感じ…という曖昧さで伝えてはいけない。ということです。

 

中には「いや!自分の中にハッキリイメージできている!」という方もいらっしゃいますが、自分の中にあるイメージを他人に伝えると伝言ゲームと同じ状態が起きます。

 

初めに伝えた人のイメージと受け手とのズレが少なからず起きてしまいます。

 

このお互いのイメージのズレをなくすには写真がベスト。

 

横や後ろの写真があれば分かりやすいですが、正面や斜め前の写真だけでも構いません。スマートフォンで写メやスクリーンショットを見せる。印刷していくなどなんでも構いません。一枚用意していくだけで美容師側のやりやすさは全然違うのです。

 

ハッキリと決まっていない

なんとなくやりやい感じはある…だけど自分でもよくわからない…

 

という方へのアドバイスは、『ある程度長さを決めておく』ということ。

今よりも短くするのか。それともほとんど変えたくないのか。これだけは最低限決めておくだけでも違います。

 

もちろん当日に美容師さんとカウンセリングしているうちに気が変わった…というのも全然OKですが、大体どのくらいの長さにしたいのかを決めておくだけでも助かります。

 

長さが決まってしまえば、重めにするのか、軽めにするのか。前髪はどうするのかなど決めていけば全体がイメージできます。

 

全く決まっていない すべて美容師さんにおまかせ

少ないですが、「完全に美容師さんにおまかせします。自由にしてください。」という方もいらっしゃいます。

 

お任せさるのが得意な美容師であればいいと思いますが、それでもいきなりロングからベリーショートにされたら困りますよね。(それでもいいという方もいるかもしれませんが…)

 

よほどの常連さんである程度美容師側もお客様の好みがわかっている。という状態であれば別ですが「全てお任せします」というのは実は美容師としてもちょっと困るのです。

あまりに髪型のレパートリーが多すぎて決まらないのです。

 

完全にお任せする人でも、せめて長さを決めていただけると分かりやすですね。全体の長ささえ決まってしまえば後はお任せにしちゃっても大丈夫です。

 

似合う髪型が分からない

「似合う髪型がわからない」「長さも決められない」という方の場合、美容師さんにカウンセリングの時に思い切って聞いてみましょう。

 

髪型にはその人に似合うに合わないという選び方の他にも、クセや髪質を考えて選ぶ方法もあります。

しかしクセや髪質によってオススメな髪型は自分では分かりにくいですよね。

 

そんな時は美容師さんに「どんな髪型がいいですかね?」「どんな髪型が似合いますか?」と聞いてみましょう。

相談に乗ってくれるはずです。

 

もしも不安な場合は、短く切るのならこんな感じ。長く残すのならこんな感じ。といくつか髪型の候補になる写真を用意しておくといいでしょう。

 

奇抜なヘアカラーやパーマ

あまり周りで見ないような奇抜でインパクトの強いヘアカラーやパーマの注文には少し注意が必要。

…注意というよりは事前の確認ですね。

 

例えばホワイトブリーチや真っ赤なヘアカラー。パーマであればツイストパーマやドレッドパーマなど。

なぜ事前に確認が必要かというと、美容室にその髪色、髪型にするための準備が出来ていないケースが結構あるのです。

 

ホワイトブリーチなどはブリーチ4回~5回+カラーで相当時間がかかります。夕方ぐらいにいったらまずやってもらえません。

真っ赤や真っ青にするにも、極端な髪色にするための薬というのは普段使われないので美容室に置いていないということもあります。

 

ツイストや、特にドレッドパーマなどは、特種系パーマと呼ばれ、美容師の中には出来ない人もいます。

美容室に行ってカウンセリングで「ドレッドパーマにしてください」とお願いしても「すみません、出来ません」と断られてしまうのです。

 

もし自分のやりたい髪型、色、パーマなどはあなり周りにいないな、特種かなと思ったら、美容室での電話予約の際に「できますか?」という確認をとりましょう。

 

もしもできなかった場合に二度手間になってしまいます。

スポンサーリンク

これはNG

このような髪型の注文は美容師側も分かりにくい、作りにくい。というパターンも紹介させていただきます。

美容師側は作りにくいということは、なりたいヘアスタイルまでの道のりが長くなってしまいますのでお互いにメリットが少ないです。

 

「あのドラマの時のあの女優さん」

これは美容師からしてみるとかなり困った注文なのです実は。

 

お客様が大好きで見ているドラマやテレビなどにでている芸能人の髪型をイメージで伝えるということ。

美容師はドラマがやっている時間帯に家に入れない人がとても多く、バラエティーなども見ている余裕がないという人も結構います。

 

それに芸能人の方は定期的に髪型が変わったりします。

 

時事ネタにまつわる髪型をお願いされてしまうと、同じように見ていない限り「分からない…」と困ってしまうのです。

ドラマの視聴率が10%だとしたら日本人の9割は見ていない、知らないことになりますよね。

 

もしも「あのドラマの女優さん」「あの時放送していた映画の俳優さん」と同じ髪型。と決まっているようでしたらやはり事前に写真を一枚用意してから美容師に伝えましょう。

 

 

アニメやマンガ 二次元の絵

アニメやマンガなど「この人の髪型になりたい」「憧れる」という方もいらっしゃいます。

しかし、本物の人間の髪型ではない髪型の注文をされてしまうと美容師は相当困ってしまいます。

 

アニメやマンガのキャラクターの髪型というのは。描いているので表現が自由です。3次元の物理法則なんかも軽々無視します。

浮くはずのない場所が浮いていたり、大きな束になっていたり、人間の髪では出来ない色だったり。

 

美容師もできるだけ近づけるように努力しますが、それでもアニメやマンガのイメージが強いと「これじゃない」となってしまうのです。

 

もしもアニメやマンガのイメージの髪型をしたい場合、できるだけ近い髪型をネットなどで見つけからいくと伝わりやすいです。

 

まとめ

今回は美容師さんに髪型をスムーズに伝える方法を紹介させていただきました。

 

まぁ「写真を見せる」というので簡単にまとまってしまう話なんですけどね。

 

いまやインターネットで気になる芸能人、アーティスト、形など簡単に探せる時代になりました。

 

スマートフォンでそのまま見せても良いですし、持っていない方は印刷しておくと簡単です。

 

「美容師にお願いする時に写真を持って行ってもいいの?」という質問を時々されますが、むしろ美容師側からは願ったりです。

 

人の頭の中にあるイメージというのは他人に伝えようとすると難しい物。自分が考えていることと相手が考えていることはピッタリ合う方が珍しいのです。

 

写真一枚にはそれらすべての情報が詰まっているので、美容師側も理解しやすい。

1枚だけとはいわず2~3枚持って行って好きな雰囲気を伝えるのも全然アリですよ。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です